このドキュメントは、Adobe Audition CS5.5、CS6、または CC で録音、再生、またはモニタリングを行っているときに生じる問題の解決に役立ちます。

録音の問題は、以下のような(ただしこれに限定されない)様々な形で現れます。

  • 録音されたオーディオの音質が悪い。
  • オーディオはシステム上でモニターできるが、録音されたオーディオファイルは空になる。
  • オーディオ入力のモニタリングまたは録音中の再生が遅れる。
  • 録音で音飛びやドロップアウトある。

デバイスドライバー、ソフトウェアまたはハードウェアが競合している、特定のファイル内で要素が損傷しているなど、様々な要因で録音や再生の問題が発生します。 一部のエラーが Adobe Audition での作業中にのみ発生するとしても、必ずしも Adobe Audition に原因があるとは限りません。 問題が発現するだけ多くのメモリーまたはプロセッサーを使用する唯一のアプリケーションが Adobe Audition であるという可能性もあります。

このドキュメントを十分に活用するには、以下の操作を順序どおりに実行してください。 エラーや他の問題を含め、実行したタスクと各タスクの結果を記録してください。 電話でご相談を受けたときに、弊社のテクニカルサポートはその記録を使用して、より適切にサポートを提供することができます。

注意:

以前のバージョンの Audition に関する情報をお探しの場合は、こちらをクリックしてください。

 

オーディオレイテンシ

オーディオレイテンシとは、オーディオ信号が、サウンドカードの入力から出力までに要する時間のことです。 オーディオ信号はデジタル化され、Adobe Audition に送られて、適用されるエフェクトで処理されます。 その後、アナログフォームに戻されるので、サウンドカード出力で聞こえる(モニタリング)ようになります。 これらの各手順においてオーディオレイテンシが発生する可能性があり、ミリ秒(ms)単位で計測されます。 既存のオーディオ(「マルチトラック」に配置されたオーディオファイル)は、トラックが既にデジタル化されているため、同様のレイテンシが発生することはありません。 Adobe Audition では、このように既存のトラックとモニタリング入力との再生遅延が一致しないときに、レイテンシが最も顕著になります。

通常、レイテンシが 10 ミリ秒を超えると、既存のトラックの再生とモニタリングとの間に聴き取れる遅延が生じる可能性があります。 バッファー設定(下の手順 6 を参照)がレイテンシの軽減に役立ちます。 ただし、ハードウェアデバイスドライバーの設計やエフェクト処理の量により、モニタリングが困難(または使用不能)になる可能性があります。 サウンドカードのデバイスドライバーが、十分に低いレイテンシでも許容していない場合は、録音中にモニタリングできない可能性があります。 低レイテンシデバイスドライバーを伴う新しいサウンドカード(ASIO サウンドカードなど)を試してください。

レイテンシ時間に適用される一般的なガイドライン

  • 10 ms 未満 - エフェクトを含む入力トラックのリアルタイムのモニタリングが可能です。
  • 10 ms - レイテンシは検出できますが、まだ自然なサウンドのままであり、モニタリングに使用できます。
  • 11-20 ms - モニタリングは使用不能になり始め、実際の音源およびモニタリングされる出力のスミアリングが明らかになります。
  • 20-30 ms - 遅れたサウンドは、元の信号のコンポーネントではなく、実際の遅延のように聞こえ始めます。

メモ:レイテンシは周りの世界で自然に起きることなので、人間の耳はレイテンシに慣れています。 音の周波数、音源からの距離、人間の耳の物理的特性のすべてが、聞こえてくる音に作用します。 録音およびモニタリングプロセスで生じたレイテンシは、サウンドカード、デバイスドライバー、およびコンピューター CPU の処理能力の物理的特性と制限によるものです。

トラブルシューティング 

1. システムが Adobe Audition の最低要件を満たしていることを確認する

以下の要件を満たしていないシステムでは、Adobe Audition が正常に動作できません。

Audition CC

Audition CS6

Audition CS5.5

2. Adobe Audition に適した正しいドライバーが選択されていることを確認する

Adobe Audition CS5.5 以降では、Windows では ASIO および MME/WDM ドライバーを、Mac OS では Core Audio を使用します。 ASIO(Audio Stream Input/Output)は、マルチチャネル転送プロトコルであり、互換性のあるソフトウェアは、ASIO サウンドカードのマルチチャネル機能に直接アクセスできます。 サウンドカードへの直接アクセスは、他のドライバータイプ(WDM や MME など)よりも非常に低いレイテンシ(入力と出力間の遅延)を可能にします。 ASIO は、サンプルレートまたはサンプルフォーマットに制限がなく、一定数の入力および出力オーディオチャネルに制約されていません。 ASIO を使用すると、再生および録音の必要に応じて、使用可能なサウンドカードのI/Oポートをマップでき、3 つ以上のトラックを同時に記録できます。 ASIO ドライバーは、効率的なオーディオ処理、高いデータスループット、同期化、低い信号レイテンシ、およびオーディオハードウェアの拡張性の各領域に対処します。

Core Audio(Mac OS 10.3 で導入)は ASIO に似ています。 ASIO と同様に、ソフトウェアが低レベルでオーディオハードウェアに直接アクセスできるので、オーバーヘッドやレイテンシが軽減されます。

Adobe Audition に適した正しいドライバーが選択されていることを確認するには、次の手順を実行します(Windows)。

  1. 「編集/環境設定/オーディオハードウェア」を選択します。
  2. オーディオデバイスに対応した「デバイスクラス」の下で設定を選択します。 オーディオドライバーメニューで、インストール済みのサウンドカードドライバーが選択されていることを確認します。
  • ASIO デバイスドライバーが選択可能な場合は、必ずそのドライバーを選択してください。
  • ASIO デバイスドライバーが使用可能でない場合は、「デバイスクラス」の下で「MME」を選択します。

メモ:MME ドライバーではなく、サウンドデバイスにインストールされている ASIO ドライバーを選択することをお勧めします。 システムオーディオデバイスに専用の ASIO ドライバーがない場合に限り、MME ドライバーを使用してください。

Adobe Audition に適した正しいドライバーが選択されていることを確認するには、次の手順を実行します(Mac OS)。

  1. 「Audition/環境設定/オーディオハードウェア」を選択します。
  2. 「デフォルト入力」およびデフォルト出力ポップアップメニューからオーディオデバイスを選択します。 (Mac OS では、「デバイスクラス」の下で「Core Audio」が自動的に選択されています)。

メモ:デバイスがリストされていない場合は、Mac OS オーディオ MIDI セットアップユーティリティを調べてください。 デバイスがインストールされ、使用可能なオーディオデバイスにリストされていることを確認します。 (ユーティリティにアクセスするには「アプリケーション/ユーティリティ/オーディオ MIDI セットアップ」を選択します)。

3. サウンドカードドライバーを更新する

サウンドカードの製造元では、頻繁にソフトウェアドライバーのアップデートを行っています。 サウンドカードドライバーをアップデートしていない場合は、アップデートされたドライバーについてサウンドカードの製造元に問い合わせるか、製造元の Web サイトから最新のドライバーをダウンロードしてください。

4. Adobe Audition 一時フォルダーを、適切な空きディスク領域がある高性能ドライブに設定する

編集ビューで録音する場合、Adobe Audition は一時ファイルをそのプライマリ一時ディレクトリに格納します。 プライマリ一時ディレクトリが、空き領域の最も多い最速のドライブ(7200 rpm 以上)に設定されていることを確認します。 Adobe Audition 一時ファイル専用のフォルダーを作成します。 一時ファイルのフォルダーを作成しておけば、削除する必要が生じたときに簡単にファイルを見つけられます。

プライマリ一時ディレクトリの場所を作成し設定するには、次の手順を実行します。

  1. プライマリ一時ディレクトリが必要なハードドライブのルートにフォルダーを作成します(AuditionTemp など)。
  2. Adobe Audition で、「環境設定/メディアおよびディスクキャッシュ」を選択します。
  3. 「一時フォルダー」セクションに、手順 1 で作成したフォルダーへのパスを入力(または参照)します。

マルチトラックビューで録音する場合、Adobe Audition は、現在のセッションのフォルダー内のサブフォルダーに直接ファイルを格納します。 (たとえば、MySession.sesx というセッションでは、そのセッションで録音されたすべてのファイルが MySession_Recorded というフォルダーに含まれます)。 セッションファイル(およびこの関連フォルダー)が最も大きな空き領域を持つ最速のドライブ(7200 rpm 以上)に格納されることを確認します。

Adobe Audition の一時ディレクトリまたはセッションフォルダーを別々のハードドライブに配置すると、パフォーマンスを改善できます。 複数のハードドライブがある場合、プライマリ一時フォルダーとセッションフォルダーを、Adobe Audition プログラムファイルを含まないハードドライブに配置します。

5. 他のアプリケーションをすべて閉じ、Adobe Audition を実行する

Adobe Audition と同時に動作しているアプリケーションが、システムエラーやフリーズの原因となる場合があります。 Adobe Audition を起動する前に、スタートアップ項目(スタートアップまたはログインするときに自動的に開始されるプログラム)も含めて、他のアプリケーションをすべて終了にします。

Windows でスタートアップ項目を無効にするには、次の手順を実行します。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. スタート/ファイル名を指定して実行を選択して、「名前」ボックスに「msconfig」と入力します。 「OK」をクリックします。

  3. 「スタートアップ」タブをクリックし、「すべて無効にする」をクリックします。
  4. 問題のテストに不可欠なスタートアップ項目(たとえば、取り付けたサウンドデバイスのドライバーコントロールパネル)を選択します。 必要かどうか不明な項目がある場合は、その項目を選択したまま(有効)にしておきます。
  5. 「OK」をクリックして、Windows を再起動します。
  6. 通知領域(以前のバージョンの Windows ではシステムトレイ)のアイコンを右クリックして、まだアクティブになっているスタートアップ項目を閉じるか無効にします。

次に、以下の手順で問題点が再現されるかどうかを試します。

  • 問題が発生しない場合は、無効にしたスタートアップ項目のいずれかが Adobe Audition と競合しています。 スタートアップ項目を 1 つずつ再度有効にし、どの項目が Adobe Audition と競合しているのかを判別できるまでテストを続けます。 次に、項目の開発者に更新があるかを問い合わせます。
  • 問題が発生した場合、スタートアップ項目はエラーの原因ではありません。スタートアップ項目を再有効化できます。
    1. スタート/ファイル名を指定して実行を選択して、「名前」ボックスに「msconfig」と入力します。 「OK」をクリックします。
    2. 「スタートアップ」タブをクリックし、「すべて有効にする」をクリックします。
    3. 「OK」をクリックして、Windows を再起動します。

Mac OS でスタートアップ項目を無効にするには、次の手順を実行します。

  1. 「アップルメニュー/ログアウト [ユーザー名] 」を選択します。
  2. 確認ダイアログで「ログアウト」をクリックします。 しばらくしてログインウィンドウが表示されます。
  3. ログインウィンドウで、トラブルシューティングしているユーザーアカウントの名前を選択します。
  4. 「パスワード」フィールドにユーザーアカウントのパスワードを入力しますが、Enter キーは押さず、まだ「ログイン」をクリックしないでください。
  5. Shift キーを押し下げたまま、「ログイン」をクリックします。 Dock が表示されたら、Shift キーを離します。 ログアウト(またはコンピューターを再起動)するまで、ログイン項目は無効です。

次に、以下の手順で問題点が再現されるかどうかを試します。

  • 問題が発生しない場合は、無効にしたスタートアップ項目のいずれかが Adobe Audition と競合しています。 スタートアップ項目を 1 つずつ再度有効にし、どの項目が Adobe Audition と競合しているのかを判別できるまでテストを続けます。 次に、項目の開発者に更新があるかを問い合わせます。
  • 問題が発生した場合、スタートアップ項目はエラーの原因ではありません。スタートアップ項目を再有効化できます。
    • ログアウト(「アップルメニュー/ログアウト [ユーザー名]」)することによって、ログイン項目を再有効化します。 続いて、Shift キーを押し下げずに、同じアカウントにログインします。

6. バッファーサイズ(Core Audio または ASIO)かレイテンシ(MME)の設定を変更する

バッファーサイズの設定を低下させると、レイテンシ、クリック音、ポップ音、あるいは音の歪みや音飛びなど、再生や録音時に発生する問題を抑えることができる場合があります。 バッファーサイズの調整を行う前に、必要に応じて元の設定に戻すことができるように、あらかじめ現在のバッファー設定を記録しておくことをお勧めします。 MME ドライバーを使用した場合、Adobe Audition 内でレイテンシ設定を調整することにより、バッファーサイズは制御されます。

Windows 上で MME レイテンシ設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 編集/環境設定/オーディオハードウェアを選択します。
  2. デバイスクラスポップアップメニューから MME を選択します。
  3. レイテンシポップアップメニューから適切なレイテンシを選択します。

メモ:受け入れ可能な再生/録音パフォーマンスをもたらす最も低い使用可能なレイテンシ設定を選択します。

ASIO サウンドカードを使用している場合、バッファーサイズの設定の詳細は製造元のドキュメントを参照してください。 特定の ASIO ドライバーに応じて、バッファーサイズ設定は、「オーディオハードウェア」環境設定ウィンドウのデバイスポップアップメニューの横にある「設定」ボタンをクリックすることによって、使用可能になることがあります。

Mac OS でバッファーサイズを変更するには、次の手順を実行します。

  1. 「Audition/環境設定/オーディオハードウェア」を選択します。
  2. I/O バッファーサイズポップアップメニューから適切なバッファーサイズを選択します。

下記のバッファーサイズのガイドラインを参照してください。

  • 録音パフォーマンスを改善するには、バッファーサイズを低下させます(32 から 256 サンプル)。この設定でレイテンシは低下します。
  • 再生とミキシングのパフォーマンスを改善するには(エフェクトを使用)、バッファーサイズを増やします(512 から 2048 サンプル)。この設定でレイテンシは増加します。

7. ビデオディスプレイドライバーをアップデートする

Adobe Audition CS5.5 以降は、以前のバージョンよりもグラフィックを多用しており、最新のドライバーアップデートと同様に、より多くのビデオ RAM を活用できます。 ビデオカードドライバーを更新していない場合は、更新されたドライバーについてビデオカード製造元に問い合わせるか、製造元の Web サイトから最新のドライバーをダウンロードしてください。

8. モニタリング/測定オーバーヘッドを軽減する

デフォルトでは、トラックに対してマルチトラックでの録音の準備が行われている場合、Adobe Audition は自動的に、準備されたトラックでの入力信号の入力レベルを示します。 この表示は、視覚的な計測であり、入力信号を出力に渡しません。 入力信号をモニタリング(リッスン)するには、トラックの録音準備ボタンの右側にある「I」ボタンを押します。 このボタンは計測を有効にし、そのトラックの入力信号をモニタリングします。

入力計測を無効にすると、オーバーヘッドを減少させ、潜在的なエフェクトを含むセッションでのレイテンシを減少させるのに役立ちます。

入力計測を無効にするには、次の手順を実行します。

  1. Windows で「編集/環境設定/マルチトラック」を選択し、Mac OS で「Audition/環境設定/マルチトラック」を選択します。

  2. 「トラックで録音の準備するときに、入力計測を有効にする」を選択解除します。

9. トラックでの録音の準備を解除する

トラックが使用されていないときに録音の準備をすると、システムにオーバーヘッドが追加されます。 この追加のオーバーヘッドは、潜在的なエフェクトを使用したセッションで問題が再現される一因となっている可能性があります。 準備されたトラックには、赤色で「録音用の準備(R)」ボタンが表示されます。 「R」ボタンをクリックしてこれらのトラックの準備を解除します。

10. 選択したハードウェアのサンプルレートで録音する

最高の品質でレイテンシが最も低い録音を確保するには、Audition の環境設定で選択したハードウェアと同じサンプルレートで録音します。

「環境設定/オーディオハードウェア」に移動することによって、デバイスのサンプルレートを決定できます。 Windows で MME ドライバーを使用するか、Mac で Core Audio ドライバーを使用する場合、デバイスに対してサンプルレートを選択できます。

ASIO デバイスを使用する場合、デバイスの製造元から提供された環境設定コンソールからサンプルレートを設定します。

Audition で新しいオーディオファイルまたはマルチトラックセッションを作成する場合、最善の結果が得られるデバイスのサンプルレートを選択します。

11. Adobe Graphics Manager(AGM)を無効にする(Audition CS6 以降)

AGM は、Audition アプリケーション全体でテキストおよびフォントの表示を改善するための優れた機能です。また、ライブグラフコントロール、頻繁に更新するユーザーインタフェース多用パネル(周波数分析など)、および波形のスクローリングの応答性を改善する場合にも役立ちます。 同時に、AGM はまた、ドロップアウトを増加させたり録音に悪影響を与えることのあるリソースをより多く使用します。 アドビは、これが一般的な問題であるとは考えていません。 ただし、バックグラウンドで実行している他のプロセスによって過剰に負荷がかかっている普及レベルのマシンまたはシステムで発生する可能性があります。

録音でドロップアウトが発生している場合、「環境設定/外観」に移動して、AGM を無効にできます。

「ユーザーインタフェースに Adobe Graphics Manager を使用する」のオプションを選択解除し、Audition を再起動します。

ユーザーインタフェースでのいくつかの外観の変更点(および Mac と Windows でのフォントの違い)に気がつくことがあります。 ただし、この手順は、グラフィックの表示に必要なオーバーヘッドを軽減し、ドロップアウトの機会を減らすことによって、録音結果を改善します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー