プラットフォーム 説明
対象となるオペレーティングシステム Windows および macOS
対象となる製品バージョン Bridge CC の 2018 年 10 月リリース(バージョン 9.0)

問題点

2018 年 10 月リリースの Bridge CC(バージョン 9.0)を起動すると、「Bridge でディスプレイドライバーに問題が発生したため、グラフィックハードウェアを使用する GPU レンダリングが無効になりました」というエラーが表示されます。

Warning-message_1

追加情報

Bridge を起動するたびにバックグラウンドでユーティリティが実行され、グラフィックプロセッサーとグラフィックドライバーの状態が確認されます。

サポート対象外または互換性のないグラフィックプロセッサーやグラフィックドライバーが検出されたり、不具合が見つかると、上記のメッセージが表示され、「環境設定」の「詳細設定」タブで「ソフトウェアレンダリングを使用」オプションが自動的に選択されます。ドライバーを更新するか、ビデオカードを交換して問題を修正した後に Bridge を起動すると、「ソフトウェアレンダリングを使用」オプションの選択が解除され、グラフィックプロセッサーまたはグラフィックドライバーが使用されます。

解決策

グラフィックドライバーをアップデートし、ビデオアダプターハードウェアの問題を解決します。

macOS:

グラフィックドライバーはオペレーティングシステムのアップデートを経由して更新されます。最新の macOS アップデートを入手しているかを確認するには、メニューまたは App Store アプリケーションの「アップデート」タブから「ソフトウェアアップデート」を選択します。

Windows

ご使用のグラフィックカード製造元のサイトから最新のドライバーを直接ダウンロードします :

グラフィックカードドライバーのクリーンインストールの実行

グラフィックカードドライバーをアップグレードする際に、グラフィックカードドライバーの以前のバージョンをすべて削除してから新しいグラフィックカードドライバーをインストールすることをお勧めします。これはクリーンインストールと呼ばれます。

ご使用のコンピューターで使用するグラフィックカードの製造元とモデルを決定したら、ご使用のカードの製造元のマニュアルとリソースに記載されている手順に従います。

アップデートをインストールしたら Bridge を再起動します。

注意:

  • Windows Update を実行しても最新かつ最善のドライバーが入手できるとは限りません。ご使用のカードの製造元 Web サイトに直接移動し、ドライバーアップデートをチェックする必要があります。
  • ドライバーを選択する際は、機種名などに注意してください。デスクトップとノート PC とでは、ドライバーの名称が異なることがあります。
  • 一部ビデオカードでは、ドライバーの他にもソフトウェアのアップデートが必要な場合があります。アップデートの説明をよく読み、手順に不明な点がある場合は、直接ビデオアダプターメーカーにお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー