画像の回転

  • 画像を 90°回転(反時計回り)ボタン をクリックします(または L キーを押します)。
  • 画像を 90°回転(時計回り)ボタン  をクリックします(または R キーを押します)。

注意:

編集メニューのコマンドを使用して、Camera Raw ダイアログボックスを開かずに Adobe Bridge で画像を回転することもできます。

画像の角度補正

  1. Camera Raw ダイアログボックスで、角度補正ツール   を選択します。または、A キーを押します。

  2. プレビュー画像内で角度補正ツールをドラッグして、水平方向および垂直方向のベースラインを設定します。

注意:

角度補正ツールを使用すると、直後に切り抜きツールがアクティブになります。

画像の自動角度補正

次の 3 つのいずれかの方法を使用して、画像の角度を自動で補正できます。

  • ツールバーの角度補正ツール()をダブルクリックします。
  • 角度補正ツールを選択した状態で、プレビュー画像をクリックします。
  • 切り抜きツールを選択した状態で、Command キー(Mac OS の場合)または Ctrl キー(Windows の場合)を押して、一時的に角度補正ツールに切り替えます。プレビュー画像内をダブルクリックします。

画像の切り抜き

  1. Camera Raw ダイアログボックスで、切り抜きツール を選択します(または C キーを押します)。

    最初の切り抜き領域を特定の縦横比に制限するには、切り抜きツール 上でマウスボタンを押したままにし、メニューからオプションを選択します。以前に適用した切り抜きに制限を適用するには、切り抜きを Ctrl キーを押しながらクリック(Mac OS)するかまたは右クリック(Windows)します。

  2. プレビュー画像内でドラッグして切り抜き領域ボックスを描きます。
  3. 切り抜き領域を移動、拡大 / 縮小または回転するには、切り抜き領域またはそのハンドルをドラッグします。

    注意:

    切り抜き操作をキャンセルするには、切り抜きツールがアクティブな状態で Esc キーを押すか、切り抜きツールボタンを押したままメニューから「切り抜きを消去」を選択します。切り抜きをキャンセルし、Camera Raw 画像ファイルを処理せずに Camera Raw ダイアログボックスを閉じるには、「キャンセル」ボタンをクリックするか、切り抜きツールの選択を解除して Esc キーを押します。

  4. 切り抜き方法が決定したら、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。

切り抜き済み画像の表示サイズが変更されてプレビュー領域全体に表示され、プレビュー領域の下部にあるワークフローオプションリンクに、切り抜き後の画像サイズが表示されます。

赤目の修正

  1. 画像に 100 %でズームします。
  2. ツールバーで、赤目修正ツール()を選択します。

  3. 右パネルで、赤目修正またはペットアイ書式ポップアップメニューから選択します。

  4. 写真の対象となる目周囲の選択領域をドラッグします。

    瞳に合うように選択領域のサイズが調整されます。端をドラッグすると、選択領域のサイズを修正できます。

  5. ヒストグラムの下のツールオプションで、瞳の大きさスライダーを右にドラッグし、修正対象の領域を広げます。
  6. (ペットの写真の赤目を修正する場合のみ)必要に応じて、キャッチライトを追加を選択します。キャッチライトは、目の画像に反射ハイライトを提供します。

  7. (人の写真の赤目を修正する場合のみ)暗くする量スライダーを右にドラッグして、選択範囲内の瞳の領域と選択範囲外の虹彩の領域を暗くします。

  8. 選択をオフにして修正をチェックするには、「オーバーレイ」の選択を解除します。

    注意:

    複数の対象となる目の選択領域間を移動するには、選択領域をクリックします。

スポット削除

スポット除去ツール  を使用すると、画像の内の選択領域を、別の領域から作成したサンプルによって修正できます。

  1. ツールバーからスポット除去ツール  を選択します。
  2. 種類メニューで次のいずれかを選択します。

    修復

    サンプル領域のテクスチャ、照明および陰影を、選択した領域に適用します。

    コピースタンプ

    サンプル画像領域を、選択した領域に適用します。

  3. (オプション)ヒストグラムの下のツールオプションで、スポットサイズスライダーをドラッグし、スポット除去ツールを適用する領域のサイズを指定します。
  4. スポット除去ツールを写真に移動し、レタッチする写真の部分をクリックします。選択した領域の周囲に、赤と白の破線で円が表示されます。緑と白の破線で表示された円は、コピースタンプまたは修復に使用する写真のサンプル領域を示します。
  5. 必要に応じて次のいずれかの操作を行います。
    • サンプル領域を指定するには、緑と白の円をドラッグして画像の別の領域に移動します。
    • コピースタンプまたは修復を行う対象の選択領域を指定するには、赤と白の円の内側をドラッグします。
    • 円のサイズを調整するには、両方向の矢印になるまでポインターをどちらかの円の端の外に移動してから、ドラッグして両方の円を大きくまたは小さくします。
    • 操作をキャンセルするには、Backspace キー(Windows)または Delete キー(Mac OS)を押します。

スポット修正が必要な画像の各領域にこの手順を繰り返します。すべてのサンプル領域を削除してやり直すには、ツールオプションの「すべてを消去」ボタンをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー