ビデオデモで Adobe Captivate がクラッシュする

問題

ビデオデモを作成しようとすると、Adobe Captivate は予期しない動作をします。 

原因

システムにインストールされている Web カメラドライバーが原因だと考えられます。 ドライバーの設定がビデオデモのワークフローと競合し、最終的に Adobe Captivate がクラッシュします。

解決策

  1. まず Web カメラとディスプレイのドライバーを更新し、コンピューターを再起動して、問題が解決されるかどうかを確認します。

  2. 問題が解決されない場合は、次の手順を実行してください。

    1. WinDbg をインストールします。WinDbg を起動して、Adobe Captivate プロセスを WinDbg に関連付けます。

      注意:

      Windows 10 SDK がダウンロードされたら、ダウンロードされたファイルをクリックしてインストールします。 インストール中に、SDK インストールウィザードで「Windows 用デバッグツール」を選択し、他のコンポーネントをすべて選択解除してから、インストールを続行します。

    2. ビデオデモをクリックします。 これで、ビデオデモがクラッシュしなくなります。 ビデオデモダイアログで Web カメラの名前を確認します。

    3. コントロールパネルに移動して、Web カメラを削除します。

    4. ビデオデモを再実行します。 Adobe Captivate が再びクラッシュした場合は、Adobe Captivate サポートにお問い合わせください。

注意:

仮想マシンまたは Citrix 環境に Adobe Captivate をインストールしている場合は、その仮想マシンで Web カメラへのアクセスを提供しているかどうかを確認します。

Web カメラのプライバシー設定で、Adobe Captivate がホワイトリストに登録されていることを確認します。Adobe Captivate が引き続きクラッシュする場合は、上記の手順に従ってください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合