Adobe Captivate (2019 年リリース)の既知の問題と制限事項

既知の問題

360 画像とバーチャルリアリティプロジェクト

  • iOS デバイスでは、VR コンテンツが期待どおりに表示されず、LMS がコンテンツを iframe で起動すると、VR コンテンツは不完全な形で表示される。回避策として、新しいポップアップウィンドウでコンテンツを起動します。
  • 360 スライドでは、Typekit フォントはラベルと質問テキストでサポートされない。
  • Edge ブラウザーで、テキスト付きのホットスポットが指定時間以上表示される。

ビデオデモの Webcam

  • Mac で、スクリーンキャプチャエリア内で Webcam プレビューを移動すると、出力にパッチが残る。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー