ArraySplice

説明

要素の削除や新しい要素の追加で配列を変更します。このメソッドは、インデックスから開始して、elementCountForRemoval れたエレメントの数を削除します。これにより、インデックス位置から置き換えが開始されます。

戻り値

更新された配列。

シンタックス

ArraySplice(array,index[,elementCountForRemoval,replacements])

メンバー関数

array.splice(index,elementCountForRemoval,replacements)

履歴

ColdFusion(2018 リリース)アップデート 5 の新機能:この関数が追加されました。

パラメーター

パラメーター

必須/オプション

説明

array

必須

処理の対象となる配列。

index

必須

配列の変更を開始する位置。開始位置が配列の長さを超えている場合は、配列の長さに設定されます。開始位置が 0 未満の場合は、配列の先頭に設定され、原点もそれに応じて設定されます。

elementCountForRemoval

オプション

インデックスで指定された開始位置から削除する要素の数。

replacements

オプション

インデックスで指定された開始位置から配列に追加する要素の配列。

例 1

<cfscript> 
    months = ['Jan', 'March', 'April', 'June'] 
    item=["Feb"] 
    // Insert Feb at position 2 while removing 0 elements 
    ArraySplice(months,2, 0, item) 
    WriteDump(months) 
</cfscript>

出力

スプライス

例 2

<cfscript> 
    months = ['Jan', 'March', 'April', 'June'] 
    item=["Feb"] 
    // Insert at position 3 while removing 2 elements 
    ArraySplice(array=months,index=3, elementCountForRemoval=2, replacements=item) 
    WriteDump(months) 
</cfscript>

 

出力

配列のスプライス

例 3

<cfscript> 
 months = ['Jan', 'March', 'April', 'June'] 
 item=["Feb"] 
 // Insert at position -3 while removing 0 elements 
 ArraySplice(months,-3, 1, item) 
 WriteDump(months) 
</cfscript>

 

出力

配列のスプライス

例 4

<cfscript> 
 months = ['Jan', 'March', 'April', 'June'] 
 item=["Feb"] 
 // Insert at position 5, which is greater that the length of array 
 ArraySplice(months,5, 0, item) 
 WriteDump(months) 
</cfscript>

出力

splice5

メンバー関数

<cfscript> 
    months = ['Jan', 'March', 'April', 'June'] 
    item=["Feb"] 
    // Insert at position 3 while removing 2 elements 
    months.Splice(3, 2, item) 
    WriteDump(months) 
</cfscript>
アドビのロゴ

アカウントにログイン