ColdFusion パフォーマンス監視ツールセットのコードプロファイラー

コードプロファイラーの実行

パフォーマンス監視ツールセットは、ColdFusion サーバー上のすべてのトランザクションを監視し、応答時間など、トランザクションの基本的な詳細情報を取得します。

この手順では、トランザクションのすべてのコンポーネントの指標を記録しなければなりません。そのために、コードプロファイラーがあります。

コードプロファイラーを実行するには、左パネルにある「コードプロファイラー」をクリックします。

プロファイリングでキャプチャされないタグは次のとおりです。

  1. cfif
  2. cfelse
  3. cfelseif
  4. cftry
  5. cfcatch
  6. cfset
コードプロファイラー
コードプロファイラー
  1. プロファイリングする必要のあるサーバーを選択します。

  2. メモリプロファイリング」オプションを有効にします。

    このオプションを使用すると、メモリ消費量と変数の場所を確認できます。このフィールドはオプションです。メモリ使用量もプロファイリングする場合に、有効にします。

  3. プロファイルモードを選択します。

    • アプリケーション:プロファイリングする必要のあるアプリケーションの名前を指定します。プロファイリングでは、追加されていない他のアプリケーションのデータはキャプチャされません。
    • URL:プロファイリングする必要のある URL を指定します。URL を追加し、プロファイルのチェックボックスがオンになっていることを確認します。プロファイリングでは、追加されていない他の URL のデータはキャプチャされません。
    • サーバー:プロファイリングする必要のあるサーバーを選択します。
  4. 処理を開始するには、「プロファイリングを開始」をクリックします。以下のように、プロファイリング結果を確認できます。

    コードのプロファイリング履歴
    コードのプロファイリング履歴
  5. アクション列では、次の操作を実行できます。

    • プロファイルデータの表示
    • プロファイルデータのダウンロード
    • プロファイルデータの削除

注意:

コードプロファイラーは次のビルトイン関数のみプロファイリングします。

  • ORM
  • ORMSearch
  • ORMSearchOffline
  • Encode*
  • Decode*
  • XMLFormat
  • JSformat
  • Encryption
  • SecretKey
  • GetSOAPRequest
  • ObjectLoad
  • ObjectSave
  • Compare
  • Wrap
  • REFInd
  • REFindNocase
  • REMatch
  • ファイル操作関数
  • PrinterInfo
  • StructAppend
  • RunAsync
  • StructToSorted
  • Sort
  • Map
  • Each
  • Filter
  • Find
  • Reduce
  • Evaluate
  • PrecisionEvaluate
  • DateDiff
  • XML 関数
  • 配列関数

プロファイルデータの表示

プロファイルデータを表示するには、アクション列にある目のアイコンをクリックします。

  1. 以下のように、1 つの実行が展開されます。

    実行時間
    実行時間
  2. 実行したcfmurlをクリックします。

    次のセクションを確認できます。

    基本情報

    このセクションには、次の詳細情報が表示されます。

    • HTTP メソッド
    • URI
    • ステータスコード
    • 応答時間
    • テンプレートのパス
    • クラスター ID
    • ...その他
    コードフロー このセクションには、cfmファイルの特定の行番号と、その行のコードの実行にかかった時間が表示されます。
    CF サーバー

    このセクションには、次の詳細情報が表示されます。

    • JVM:ヒープと非ヒープのメモリ使用量、GC の回数、その他の JVM プロパティなどを確認できます。
    • テンプレートキャッシュサイズ:テンプレートキャッシュの数やヒット率などを確認できます。
    • リクエストキューのサイズ
    • スロットルデータ
    データベース cfm で使用されているデータベースが表示されます。
    外部サービス cfhttp cfhttpcffeed などサービスが表示されます。
    タグ/関数 cfm で使用されている タグと関数、およびそれらが呼び出された回数が表示されます。
    エラー/タイムアウト cfm の実行中にタイムアウトエラーが発生した場合に、そのエラーが表示されます。
    メモリ cfm で使用されている 各変数が含まれている場所に加え、関数の名前と関数のスコープが表示されます。

プロファイルデータのダウンロード

プロファイルデータをダウンロードするには、アクション列にあるダウンロードボタンをクリックします。

  1. プロファイルデータを .json ファイルとしてダウンロードしたら、ColdFusion Builder を使用してそのプロファイルデータをインポートし、詳細にデバッグすることができます。

  2. ColdFusion Builder で、プロジェクトを右クリックし、「インポート」をクリックして、「コードプロファイラーデータをインポート」を選択します。

    コードプロファイラーデータをインポート
    コードプロファイラーデータをインポート

    続行するには、「次へ」をクリックします。

  3. .json ファイルを選択し、「終了」をクリックします。

    プロファイルデータの参照
    プロファイルデータの参照
  4. プロジェクトを右クリックし、「パフォーマンス監視ツールセットプロファイラー/パフォーマンス監視ツールセットプロファイラーを実行」をクリックします。

    以下のように、プロファイラータブで結果を確認できます。

    プロファイラーの結果
    プロファイラーの結果

    ファイル内の行を表示するには、任意の項目をダブルクリックします。

    注意:

    コードプロファイラーを実行する前に、コードをプロジェクトと同期させる必要があります。そうでない場合、行がコード内の間違った場所を示します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー