Creative Cloud アプリケーションがアイドル状態のときに CPU 使用率または電源使用率が高くなる | Mac OS 10.11

問題:Creative Cloud アプリケーションがリソースを過剰に消費する

Mac OS 10.11 で Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションの以前のバージョンを実行すると、CPU 使用率や電源消費量が異常に高くなることがあります。Creative Cloud アプリケーションがアイドル状態のときにこの状況が発生した場合は、アプリケーションを再インストールしてください。

解決策:Creative Cloud アプリケーションをアンインストールして、最新のバージョンをインストールする

Creative Cloud アプリケーションの最新バージョンをインストールする前に、現在のアプリケーションを完全にアンインストールする必要があります。以下の手順に従ってアプリケーションを完全にアンインストールし、最新ストールしてください。

  1. 現在開いているアドビ製品をすべて終了します。

  2. Creative Cloud アプリケーションで、プロファイルのアイコンをクリックします。

  3. ポップアップウィンドウで「ログアウト」をクリックします。

  4. アクティビティモニタを開き(アプリケーション/ユーティリティ)、アドビのプロセスをすべて終了します。次のプロセスが終了していることを確認してください。

    • Creative Cloud プロセス
    • Adobe CEF Helper
    • Adobe Desktop Service
    • AdobeIPCBroker
    • Adobe Installer
    • AdobeUpdateService
    • AdobeServiceInstaller
    • CreativeCloud(URIHandler)
    • AAM Updates Notifier
    • CCLibrary
    • node
    • CoreSync
  5. Creative Cloud Uninstaller を使用して、システムからアプリケーションを削除します。手順とアンインストーラーの詳細については、「Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアンインストール」を参照してください。

  6. コンピューターを再起動します。

  7. Creative Cloud のダウンロードページに移動して、Adobe ID とパスワードでログインします。

  8. ダウンロード」をクリックします。

  9. 必要な質問に答えて、「続ける」をクリックします。

  10. ダウンロードされたファイルを探して、Creative Cloud アプリケーションをインストールします。 

    注意:

    最適なパフォーマンスを実現するため、常に最新の Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン