問題点:「この製品のライセンシングが動作していません」エラー

注意:

この記事は、Creative Suite 5.5 以前に適用されます。

アドビアプリケーションを起動しようとすると、「この製品のライセンシングが動作していません」というエラーメッセージが表示されますか?エラーが発生する場合は、このページに記載の解決策を試して問題を解決してください。

解決策

重要: 以下の手順は順番どおりに行ってください。問題が解決した場合は、次の手順に進む必要はありません。以下の操作を行った後、場合によっては、ライセンス認証データの再入力と、ライセンス認証を行う必要があります。また、アドビソフトウェアの体験版の起動が妨げられる場合があります。

解決策 1:ライセンス修復ツールを適用する

  1. すべての Adobe アプリケーションを終了します。
  2. アドビライセンス認証修復ツールをダウンロードします。

  3. ライセンスサービスのアップデートを実行します。

    1. LicenseRecovery109.zip を解凍します。

      重要: zip 圧縮されたファイルの内容を展開するには、WinZip などのユーティリティを使用します。
    2. 「LicenseRecover.exe」をダブルクリックします。
  4. 画面上の指示に従います。
  5. Adobeアプリケーションを起動します。

    重要:このパッチが適用されるのは、Creative Suite 3 または 4 製品、Acrobat 8 または 9、Photoshop Elements 6、7 または 8、Director および Adobe Technical Communication Suite です。最初の試行で問題が解決されなかった場合、要求に応じてパッチを再度実行し、オプション 0 を入力します。パッチをもう一度実行しても問題が解決しない場合は、解決策 2 に進みます。

解決策 2: FLEXnet Licensing Service を手動に設定してサービスを起動する

  1. スタート/コントロールパネルを選択します。
  2. 「管理ツール」をダブルクリックします。
  3. 「サービス」をダブルクリックします。
  4. 「FLEXnet Licensing Service」をダブルクリックしてプロパティダイアログボックスを開きます。
  5. 「スタートアップの種類」メニューをクリックして「手動」を選択します。
  6. 「適用」(Windows)または「今すぐ適用」(Macintosh)をクリックします。
  7. 「サービスの状態」セクションで、「開始」をクリックしてサービスを開始します。
  8. 「適用」をクリックし、「OK」をクリックします。
  9. 開いているすべてのダイアログボックスを閉じます。
  10. Adobeアプリケーションを開始します。
 

注意: FLEXnet Licensing Service を開始しようとすると、「エラー 5 アクセスが拒否されました」というエラーが表示された場合は、以下の手順を実行します。

  1. スタート/ファイル名を指定して実行を選択し、services.msc と入力します。
  2. 「FLEXnet Licensing Service」をダブルクリックします。
  3. 「ログオン」タブをクリックし、「名前を付けてログオン:このアカウント」を選択し、アカウントを指定します。
  4. 「OK」をクリックしてサービスウィンドウを閉じます。
  5. システムを再起動し、解決策 2 を繰り返します。

解決策 3: FLEXnet フォルダーの名前を変える

以下の場所の FLEXnet フォルダーの名前を FLEXnetold に変えます。

  • Windows XP:
    C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\FLEXnet
  • Windows Vista または Windows 7:
    C:\ProgramData\FLEXnet フォルダー

重要:このファイルを削除すると、アクティブなアドビの体験版はすべて終了し、残りの日数は失われます。

 

解決策 4: FLEXnet フォルダーのアクセス許可をリセットする

すべての Adobe アプリケーションを終了します。FLEXnet フォルダーには、インストールしたアドビアプリケーションのライセンス認証データが含まれています。FLEXnet フォルダーのファイルアクセス許可を調整すると、ライセンス認証情報が正しく書き込まれます。 ご使用のオペレーティングシステムの以下の手順に従って、FLEXnet フォルダー(ライセンス認証サービスデータを含む)へのアクセス許可を変更します。

注意: この解決策にはコンピューターの管理者権限が必要です。Windows XP では、管理者アカウントを使用してログインします。Windows 7 および Vista では、管理者認証情報を入力します。

Windows XP Professional の場合

  1. スタート/コントロールパネルを選択します。
  2. 「フォルダー オプション」をダブルクリックして、「表示」タブをクリックします。
  3. 「詳細設定」セクションで下までスクロールして、「簡易ファイルの共有を使用する (推奨)」オプションの選択を解除します。
  4. 「OK」をクリックします。
  5. 「コントロール パネル」のエクスプローラー ウィンドウでアドレス バーをクリックし、%ALLUSERSPROFILE%\Application Dataと入力してEnterキーを押します。
  6. FLEXnetフォルダーを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  7. 「属性」セクションで、「読み取り専用」の選択を解除します。
  8. 「適用」をクリックし、「OK」をクリックして属性変更の確認ダイアログボックスを閉じます。
  9. 「セキュリティ」タブをクリックします。
  10. AdministratorsおよびSystemのセキュリティのアクセス許可が「フルコントロール」に設定されていることを確認します。
  11. 「詳細設定」をクリックします。
  12. 「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」オプションを選択します。
  13. 「所有者」タブをクリックします。
  14. 「管理者」を選択します。
  15. 「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」を選択します。
  16. 「OK」をクリックし、セキュリティ ダイアログボックスで「はい」をクリックします。
  17. 「OK」をクリックしてFLEXnetのプロパティダイアログボックスを閉じます。
  18. Adobeアプリケーションを開始します。
 

Windows XP Homeの場合

  1. セーフモードで再起動します。
    1. Windows を再起動します。
    2. 「拡張起動オプション」などのメッセージが表示されたら、Windowsが起動する前にF8キーを押します。
    3. 起動オプションから「セーフモード」を選択します。

      • セーフモードがデスクトップの四隅に表示されない場合は、手順1.1 ~ 1.3 を繰り返します。
      • 「セーフモード:がデスクトップの四隅に表示されない場合は、ローカルコンピュータの管理者としてログインします。
    4. 「Windows はセーフモードで実行されています。」というメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。
  2. スタート/コントロールパネルを選択します。
  3. 「フォルダー オプション」をダブルクリックして、「表示」タブをクリックします。
  4. 「詳細設定」セクションで下までスクロールして、「簡易ファイルの共有を使用する (推奨)」オプションの選択を解除します。
  5. 「OK」をクリックします。
  6. 「コントロール パネル」のエクスプローラー ウィンドウでアドレス バーをクリックし、%ALLUSERSPROFILE%\Application Dataと入力してEnterキーを押します。
  7. FLEXnetフォルダーを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  8. 「属性」セクションで、「読み取り専用」の選択を解除します。
  9. 「適用」をクリックし、「OK」をクリックして属性変更の確認ダイアログボックスを閉じます。
  10. 「セキュリティ」タブをクリックします。
  11. AdministratorsおよびSystemのセキュリティのアクセス許可が「フルコントロール」に設定されていることを確認します。
  12. 「詳細設定」をクリックします。
  13. 「所有者」タブをクリックします。
  14. 「管理者」を選択します。
  15. 「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」を選択します。
  16. 「適用」をクリックして「アクセス許可」タブを選択します。
  17. 「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」オプションを選択します。
  18. 「OK」をクリックし、セキュリティ ダイアログボックスで「はい」をクリックします。
  19. 「OK」をクリックしてFLEXnetのプロパティダイアログボックスを閉じます。
  20. Adobeアプリケーションを開始します。
 

Windows 7またはWindows Vistaの場合

  1. スタート/コンピューターを選択します。
  2. 整理/フォルダーと検索のオプション/「表示」タブをクリックします。
  3. 「詳細設定」セクションで下までスクロールして、「共有ウィザードを使用する(推奨)」オプションの選択を解除します。
  4. 「OK」をクリックします。
  5. 「コンピューター」のエクスプローラー ウィンドウでアドレス バーをクリックし、ALLUSERSPROFILE%と入力してEnterキーを押します。
  6. FLEXnetフォルダーを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  7. 「属性」セクションで、「読み取り専用」の選択を解除します。
  8. 「適用」をクリックし、「OK」をクリックして属性変更の確認ダイアログボックスを閉じます。
  9. 「セキュリティ」タブをクリックします。
  10. AdministratorsおよびSystemのセキュリティのアクセス許可が「フルコントロール」に設定されていることを確認します。設定されていない場合、次のことを行います。
    1. 「編集」をクリックします。
    2. ユーザーアカウント制御(UAC)の昇格のプロンプトが表示された場合は、手順に従って承諾します。
    3. 必要な変更を加えます。
  11. 「詳細設定」をクリックします。
  12. 「所有者」タブをクリックします。
  13. 「編集」をクリックし、UAC昇格のプロンプトが表示された場合は承諾します。
  14. 「所有者の変更」セクションでAdministratorsをクリックします。
  15. 「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」を選択します。
  16. 「適用」をクリックして「アクセス許可」タブをクリックします。
  17. 「編集」をクリックし、UAC昇格のプロンプトが表示された場合は承諾します。
  18. 「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」オプションを選択します。
  19. 「OK」をクリックして「はい」をクリックします。
  20. 「OK」をクリックし、Windowsのセキュリティダイアログボックスで「完了」をクリックします。
  21. 「OK」をクリックしてFLEXnetのセキュリティの詳細設定ダイアログボックスを閉じます。
  22. 「OK」をクリックしてFLEXnetのプロパティダイアログボックスを閉じます。
  23. Adobeアプリケーションを開始します。
 

解決策 5: Adobe PCDフォルダーのアクセス許可をリセットする

解決策 4 の手順に従いますが、次のフォルダーに適用します。

C:/Program Files/Common FIles/Adobe PCD

解決策 6:SQLite ジャーナリングファイルを削除する

ジャーナリングファイルは、特定のオプションを有効にしてクライアントがデータベースファイルにアクセスしている特定の状況下でのみ存在します。存在しない場合は、次の解決先へ進んでください。

  1. エクスプローラーで、\Program Files\Common Files\Adobe\Adobe PCD\cacheに移動します。
  2. cache.db-journalが存在する場合には削除します。
  3. Adobeアプリケーションを開始します。

解決策 7:(Vista のみ)仮想化された PCD および仮想化されていない PCD と caps ファイルを同期する

Vista 対応と Vista 非対応のアプリケーションの両方があると、C:\Program Files および仮想ストアの場所でファイルの同期がとれなくなる可能性があります。フォルダーを同期させるには、以下を実行します。

  1. すべてのAdobeアプリケーションを終了します。
  2. C:\Program Files (x86)\Common Files\AdobeからAdobe PCDフォルダーをコピーします。
  3. このフォルダーを C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\VirtualStore\Program Files (x86)\Common Files\Adobe にペーストします。
  4. 既存のファイルを置き換える/結合するかどうかのプロンプトが表示されたら「はい」を選択します。次のダイアログボックスで、すべてのファイルに対して「コピーして置き換える」を選択します。
  5. アプリケーションを再起動します。
  6. 問題が解決しない場合は、同じ場所にあり、同じ場所にコピーされた「caps」フォルダーで同じことを実行します。

注意:この解決策は、他のアドビアプリケーションと同様に、問題のアプリケーションが再度シリアル番号を要求する結果となる可能性があります。

または、仮想ストアのフォルダー名を変更するか削除して、アプリケーションを再起動することもできます。

  1. すべての Adobe アプリケーションを終了します。
  2. C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\VirtualStore\Program Files (x86)\Common Files\Adobe を参照します。
  3. Adobe PCD フォルダーの名前を AdobeoldPCD などの別の名前に変更するか、このフォルダーを削除します。
  4. アプリケーションを起動します。
  5. 問題が解決しない場合は、caps フォルダーに同様の手順を実行します。

上記の方法で解決されない場合は、virtual store\Adobeレジストリキーを削除します。

  1. すべてのAdobeアプリケーションを終了します。
  2. 管理者として Windows にログインします。
  3. スタート/すべてのプログラム/アクセサリ/ファイル名を指定して実行を選択し、regeditと入力します。
  4. ユーザー アカウント制御ダイアログボックスで「続行」ボタンをクリックします。
  5. ファイル/エクスポートを選択して、レジストリのバックアップコピーを取ります。バックアップに名前を付けてわかりやすい場所に保存します。
  6. HKEY_LOCAL_MACHINE / SOFTWARE / Classes / VirtualStore / MACHINE / SOFTWARE / Adobe を右クリックします。
  7. 「削除」を選択します。レジストリを終了します。
  8. アプリケーションを起動します。

注意:この解決策は、他のアドビアプリケーションと同様に、問題のアプリケーションが再度シリアル番号を要求する結果となる可能性があります。

解決策 8:再インストールする

警告! この処理は、すべての Adobe CS3およびCS4ソフトウェアと、Acrobat 8および 9の完全なアンインストールと再インストールを必要とします。Adobeソフトウェアのインストールには管理者権限が必要です。以下の手順を実行するには管理者アカウントでログインします。詳細についてはオペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。

  1. スタート/コントロールパネルを選択します。
  2. 「プログラムと機能」(Windows 7/Vista)または「プログラムの追加と削除」(XP)をダブルクリックします。
  3. Adobe製品を選択して「変更と削除」をクリックします。
  4. 画面上の指示に従って、ソフトウェアを削除します。
  5. 残りのAdobe CS3/CS4、Acrobat 8/9製品に対しても手順3と4を繰り返します。
  6. 以下のフォルダーを削除します。
    C:\Program Files\Common Files\Adobe\Adobe PCD
    C:\Program Files\Common Files\Adobe\caps
    C:\Program Files\Common Files\Adobe\backup

  7. スタート/シャットダウン/再起動を選択し、「OK」をクリックします。
  8. Adobe製品を元のメディアからインストールします。
  9. アドビ製品を起動します。

追加情報

このエラーは、以下のような様々な原因により発生します。

  • インストール直後にエラーが発生する場合は、コンポーネントをアップデートしてオペレーティングシステムとの互換性を維持する必要がある場合があります。または、このコンポーネントには、システムに若干異なる構成が必要です。
  • アプリケーションが以前に少なくとも 1 回は正常に起動した場合、または頻繁に使用されていた場合、問題はシステムリソースに関連している可能性があります。(原因としては、メモリ不足、ディスク容量不足、または複数のプログラムの同時起動などです)。その結果、ライセンシングシステムに一時的な問題が発生しているか、またはライセンスデータが破損している可能性があります。
  • インストール処理が中断されている場合、ライセンシングシステムが正しく機能していない可能性があります。
  • 以前にプレリリース版プログラムに参加していた場合は、有効期限切の一時的なシリアル番号を保持している可能性があります。その場合は、エラー「この製品のライセンス有効期限が切れています」 | CS4、CS5 を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー