アプリのアップデートをストアに送信する際は、既存のアプリのバージョン番号よりも新しいバージョン番号を使用する必要があります。ほとんどの場合、アプリの作成時にバージョンをオーバーライドする必要はありません。ただし、別の方法でアプリを作成した場合は、自動番号割り当てをオーバーライドして、バージョン番号を指定することができます。番号を指定した後、オーバーライドをオフにすれば、アプリを作成または編集するたびにバージョン番号が自動的に増分されます。

  1. 現在のアプリのバージョン番号を確認します。

    例えば、アプリケーションのバージョンを Digital Publishing Suite にアップデートする場合は、DPS App Builder アプリケーションを開き、現在のアプリのバージョン番号をメモします。

    デスクトップの DPS App Builder では、最後のピリオド(.)の直前の数字がバージョン番号です。例えば、アプリバージョンが 3.4.0.17.23948 の場合、現在のバージョン番号は 17 です。この番号を、次の手順で 18 以上に指定します。

    注意:

    デスクトップの DPS App Builder ではなくサードパーティのソリューションを使用してアプリケーションを構築する場合は、アプリケーションを再構築するときに、大きな番号(例:3000002)を指定する必要がある場合があります。既存のアプリケーションを置き換えるために十分な大きさのバージョン番号を指定できない場合、アドビサポートにお問い合わせください。

  2. ポータルの「アプリ」セクションでアプリケーションを作成するときは、「アプリケーションのバージョン番号をオーバーライド」を選択します。より新しいバージョンを指定します。

     

    Woodwing やサードパーティのソリューションを使用してアプリを作成した場合は通常、大きい値を指定する必要があります。

    iOS または Windows アプリの場合は、新しいマーケティングバージョンを指定します。

    iOS または Windows でのオーバーライド
    iOS または Windows でのオーバーライド

    Android の場合は、新しいバージョンコードの値を指定します。

    Android でのオーバーライド
    Android でのオーバーライド

  3. アプリを構築します。アプリの構築が終了したら、「Override the App Version Number」をオフにすると、以降のビルドでバージョン番号が自動的に増分されます。

    アプリのバージョン番号はいつでもオーバーライドできます。

iOS アプリの作成について詳しくは、AEM Mobile の iOS アプリを作成するを参照してください。

Android アプリの作成について詳しくは、AEM Mobile の Android アプリを作成するを参照してください。

Windows アプリケーションの作成について詳しくは、AEM Mobile の Windows アプリケーションを作成するを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー