マニュアル キャンセル

Publish Online

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

InDesign の Publish Online 機能を使用すると、印刷ドキュメントのデジタル版を作成して他の用途に流用できます。単純な pdf から、ボタン、スライドショー、アニメーション、オーディオ、ビデオを含むドキュメントまで、あらゆる InDesign ドキュメントを公開して共有することができます。

以下は、2 つのサンプルインタラクティブドキュメントです。

以下に、InDesign の Publish Online 機能でサポートされているレイアウト、形式、機能の一覧を示します。

複数ページスプレッド

2 ページ以上のスプレッドを含む InDesign ドキュメントを作成できます。公開したドキュメントのスプレッドでは、InDesign で表示した場合と同様に複数のページが表示されます。

複数のページサイズを含むドキュメントの公開

サイズが異なる複数のページを含むドキュメントを公開できます。 公開したドキュメントでは各ページのサイズが維持され、すべてのページでコンテンツが適切に表示されます。

テキストハイパーリンク

テキストにハイパーリンクを追加できます。 以下に、InDesign でサポートされているハイパーリンクの種類をいくつか示します。

  • URL
  • メールアドレス
  • ハイパーリンク先
  • 目次マーカー
  • 索引マーカー
  • 相互参照

画像解像度

公開出力解像度 96 PPI の画像を追加できます。これがデフォルト値となるため、画像品質が向上します。

モバイルとタブレットのエクスペリエンス

モバイル表示とタブレット表示

公開した InDesign ドキュメントで、豊かなモバイル表示エクスペリエンスを実感できます。

  • スワイプ操作によるページ効果がより滑らかになりました。
  • 共有ダイアログボックスの全画面表示
  • サムネールレイアウトが最適化され、視認性とアクセシビリティが向上しています。

タブレット表示には、簡単に使用できるスクロール可能なサムネール表示機能があります。

共有オプション

公開したドキュメントを Facebook や Twitter、メールで共有できます。閲覧者がドキュメントを PDF としてダウンロードできるようにすることも可能です。

透明効果

描画モードを使用して、透明度やその他の効果を追加できます。 ただし、テキストフレーム、ボタン、アニメーションを含むオブジェクト、透明を使用したオブジェクトと重なりあう MSO などはサポート対象外です。

公開したドキュメントを更新

ソースを更新したり再公開したりして、公開したドキュメントを更新できます。

オンラインでの InDesign ドキュメントの公開

  1. InDesign ドキュメントを開き、ファイルPublish Onlineを選択します。

    Publish Onlineダイアログが表示されます。

  2. Publish Onlineダイアログの「一般」タブで、次の情報を入力します。

    タイトル

    オンラインドキュメントのタイトル。この名前は公開出力のブラウザータイトルとして表示されます。

    タイトルは、 最近の公開 メニュー(ファイル 最近の公開)と Publish Online ダッシュボードにも表示されます。

    説明

    オンラインドキュメントの説明。

    ここでドキュメントを共有すると、Publish Online ダッシュボードと Facebook に表示されます。

    ページ

    現在のドキュメントからすべてのページを書き出すか、ページ範囲を指定して書き出すかを選択します。

    書き出し形式

    Web ブラウザーでのオンラインページの表示方法を指定します。

    単一

    ブラウザー上に一度に 1 ページを表示します。

    見開き印刷

    Web ブラウザー上に一度に 2 ページを表示します。

    閲覧者がドキュメントを PDF(プリント)としてダウンロードすることを許可

    ユーザーがドキュメントを PDF 印刷形式でダウンロードすることを許可。

    公開済みドキュメントの「共有」オプションと「埋め込み」オプションを非表示

    公開したドキュメントで「共有」ボタンや「埋め込み」ボタンを非表示にできます。

    既存ドキュメントを再公開する場合。 「既存ドキュメントを更新」をクリックし、「更新する既存ドキュメントを選択」ドロップダウンリストから該当するドキュメントのタイトルを選択します。 必要に応じて Publish Online 設定を変更します。

  3. 「詳細」タブで、次の情報を入力します。

    カバーのサムネール

    公開するドキュメントのカバーを選択します。このサムネールは、アップロード中にタイトルと説明とともに Publish Online ダイアログに表示されます。また、このサムネールは、Facebook でドキュメントを共有する際にも表示されます。

    先頭ページ

    InDesign ドキュメントの先頭ページをカバーのサムネールとして使用します。

    選択したページ

    InDesign ドキュメントの選択したページをカバーのサムネールとして使用します。

    画像を選択

    外部イメージを選択してカバーのサムネールとして使用します。

    画像設定

    ドキュメントの画像の書き出し方法を指定します。

    自動 **推奨**

    パフォーマンスが最適化されるように、ドキュメントの画像の書き出し方法が自動的に決定されます。 利用可能なオプションは、JPEG、GIF、PNG です。

    解像度

    画像の解像度を指定します。オプションには標準規格(InDesign 最適化)と HiDPi(高解像度 InDesign 最適化)があります。

    注意:HiDPi 画像では、ページの読み込みに時間がかかり、閲覧者がダウンロードするデータ量が増える可能性があります。

    JPEG オプション「画質」

    画像形式を JPEG に設定した場合、このオプションで画質に関する複数のオプションを指定できます。

    GIF オプション「パレット」

    画像形式を GIF に設定した場合、このオプションで GIF のレンダリング用の複数のパレットを指定できます。

  4. 公開」を選択して、ドキュメントをオンラインで公開します。

    Publish Online ダイアログボックスが表示されます。これには、次の要素が含まれています。

    • 左側にサムネール、タイトル、説明。
    • 右側にプロセス。

    アップロードプロセスを停止してロールバックするには、「アップロードをキャンセル」をクリックします。

    このダイアログボックスをアプリバーの「Publish Online」ボタンに最小化するには、「閉じる」をクリックします。

    Publish Online ダイアログボックスを最小化しても、オンライン公開プロセスは停止されません。この間、現在のドキュメントでも他の InDesign ドキュメントでも作業を続けることができます。

  5. アプリバーで「Publish Online」をクリックし、Publish Online ダイアログボックスを開きます。

  6. ドキュメントをオンラインで公開したら、Publish Online ダイアログボックスで次のオプションを選択します。

    ドキュメントを表示

    オンラインドキュメントをデフォルトの web ブラウザーで開きます。

    コピー

    オンラインドキュメントの URL をコピーします。

    Facebook で共有

    Facebook ページでドキュメントの URL を共有します。

    Twitter でツイート

    ドキュメントの URL をツイートします。

    URL をメールで送信

    デフォルトのメールクライアントを使用してドキュメントを共有します。

オンラインドキュメントの出力

公開されたオンラインドキュメントでは、複数の表示および共有オプションを指定できます。

公開されたオンラインドキュメントの表示および共有方法を指定できます。

サムネールの切り替え

公開された出力のすべてのページのサムネールを表示するサムネールドックの表示と非表示を切り替えます。

ズームイン

現在のページをズームインします。

ズームアウト

現在のページをズームアウトします。

フルスクリーン

現在のページをフルスクリーンモードで表示します。

共有

パブリケーションを共有ダイアログボックスが表示され、現在のドキュメント URL をコピーしたり、Facebook、Twitter、またはメールでドキュメントを共有したりできます。

埋め込み

サイトへの埋め込みダイアログを開きます。「埋め込みコード」セクションからコードをコピーして、特定のドキュメントをサイトに埋め込むことができます。ドキュメントの開始ページを指定して、埋め込まれた出力を特定のページで開くこともできます。ドキュメントの全画面表示を無効にするには、埋め込みオプションにある「Disable full screen for embed window」を選択します。

PDF をダウンロード

PDF プリント形式で出力をダウンロードします。

ボリュームをオフ

現在のドキュメントのすべてオーディオとビデオをミュートにします。

違反報告

違反報告ダイアログを開きます。このダイアログでは、不正使用の種類や詳細情報のオプションを指定できます。

ドキュメントの公開で「公開済みドキュメントの「共有」オプションと「埋め込み」オプションを非表示」を選択した場合は、 共有埋め込みのオプションは使用できません。

最近公開されたドキュメント

最近の公開メニューには、最後に公開した 5 つのドキュメントのリストが表示されます。

このリストのドキュメントをクリックすると、公開された出力がデフォルトのブラウザーで表示されます。

  1. 最近公開されたドキュメントのリストを表示するには、ファイル最近の公開を選択します。


オンラインドキュメントの公開済みファイルおよび分析情報は、Publish Online ダッシュボードに表示されます。 ドキュメントおよび分析については、ファイルPublish Online ダッシュボードを選択します。

Publish Online ダッシュボードのドキュメント

公開済みドキュメントのリスト、名前、共有、および変更日の情報を表示します。 ドキュメントは、名前または変更日で並べ替えることができます。

Publish Online ダッシュボードのドキュメントの概要
Publish Online ダッシュボードのドキュメント

ソート      

選択したオプション(「名前」または「変更済み」)によってドキュメントが並べ替えられます。「順序を反転」を選択して、選択範囲を昇順または降順に切り替えることもできます。

サムネール/リスト表示  

これをクリックして、公開されたドキュメントのサムネール表示とリスト表示を切り替えます。

共有  

パブリケーションを共有ダイアログボックスが表示され、現在のドキュメント URL をコピーしたり、Facebook、Twitter、またはメールでドキュメントを共有したりできます。

分析を表示   

個々のドキュメントの分析データを提供する「パブリケーション分析」ダイアログボックスが表示されます。

 

データは過去 30 日間しか表示されません。 ただし、過去 7 日間、30 日間、90 日間、6 か月間、1 年間、または公開後のデータを表示するかどうかを選択できます。

その他のオプション  

埋め込み」および「削除」オプションを利用できます。

埋め込みサイトへの埋め込みダイアログが開きます。 「埋め込みコード」セクションからコードをコピーして、特定のドキュメントをサイトに埋め込むことができます。 ドキュメントの開始ページを指定して、埋め込まれた出力を特定のページで開くこともできます。 ユーザーに対してドキュメントの全画面表示を無効にするには、「埋め込みオプション」で「Disable full screen for embed window」を選択します。

削除:特定のドキュメントを削除します。

任意のドキュメントにマウスカーソルを合わせると、その左側にチェックボックスが表示されます。一括削除については、複数のドキュメントをチェックすることができます。

Publish Online ダッシュボードの分析

すべてのドキュメントについて、公開されたドキュメントと分析結果の件数を表示します。

データは過去 30 日間しか表示されません。 ただし、過去 7 日間、30 日間、90 日間、6 か月間、1 年間、または公開後のデータを表示するかどうかを選択できます。

Publish Online ダッシュボードの「分析」タブ
Publish Online ダッシュボードの分析

閲覧数

公開されたドキュメントが表示された回数。

訪問者数

公開されたドキュメントを表示したユーザーの人数。

平均閲覧時間

公開されたドキュメントでユーザーが 1 回に費やした平均時間。

合計閲覧時間

公開されたドキュメントをアクティブに表示し、費やしたすべてのユーザーの合計時間。

デバイスでの閲覧数

デスクトップ、モバイル、タブレットデバイスでの表示割合。

これで、Publish Online ダッシュボードが、コンピューターのテーマと同期されます。

Publish Online の有効かまたは無効化

InDesign 2015 をインストールすると、初期設定では、Publish Online は利用可能になっています。ただし、InDesign でこの機能のユーザーインターフェイスリファレンスを削除することができます。

  1. 環境設定ダイアログを開くには、編集環境設定一般を選択します。

  2. 環境設定ダイアログで、「Publish Online」タブに移動します。

  3. ユーザーインターフェイスリファレンスを削除するには、「Publish Online」の選択を解除して、「OK」をクリックします。

オンラインでの公開がさらに安全になりました。

埋め込み HTML コンテンツを InDesign ドキュメントで使用していて、これらのドキュメントをオンラインで公開する場合、InDesign で web サイトを限定できるようになりました。

公開されるドキュメントで、サポートされていない HTML コンテンツはブロックされたように見えます。


関連トピック

アドビへのお問い合わせ

ご意見をお待ちしております。 Adobe InDesign コミュニティまでお知らせください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン