Adobe Experience Manager Mobile で iOS アプリを作成するには、Apple が必要とする証明書とプロビジョニングプロファイルを取得する必要があります。また、内部アプリの作成や iTunes App Store へのアプリ送信のための追加の設定作業をおこなう必要もあります。

Companion iOS パブリッシングガイド

Apple 開発者サイトと iTunes Connect を使用して必要な証明書とアセットを作成する詳細な方法については、この Companion Guide PDF ファイル(英語のみ)をダウンロードしてください。Apple のインターフェイスが定期的に変更されるため、このファイルの手順とスクリーンショットは正確ではない場合があります。このドキュメントの更新を確認してください。

ダウンロード

iOS アプリの作成に必要なファイル

登録されたデバイスでテスト用の iOS 開発アプリを作成するには

  • 開発版証明書
  • 開発者プロビジョニングプロファイル

iTunes App Store への送信用の iOS アプリを作成するには

  • 配布版証明書
  • 配布版プロビジョニングプロファイル

プッシュ通知機能が有効な iOS アプリを作成するには

  • 開発版アプリでは、プッシュ通知のテスト用の開発版プッシュ証明書(Preflight を有効にする必要あり)
  • 配布版アプリでは、配布版プッシュ証明書またはプッシュ通知の送信

アプリ内課金で iOS アプリを作成するには

  • すべての有料コレクションに対するアプリ内課金。各アプリ内購入の製品 ID は、コレクションに関連付けられている製品 ID と一致する必要があります。
  • すべての購読期間に対するアプリ内課金(アプリに購読が含まれる場合)。各アプリ内課金の製品 ID は、オンデマンドポータルで指定されている購読 ID と一致する必要があります。

内部配布用の iOS アプリを作成するには(Apple Developer Enterprise アカウントが必要)

  • Enterprise 開発版証明書
  • Enterprise プロビジョニングプロファイル

Apple iOS Developer Program に登録する

App Store にアプリを送信するには、Apple の iOS Developer Program に登録する必要があります。登録を最新の状態に維持し、アプリを App Store で販売する限りは支払い続ける必要があります。

iOS Developer Program にまだ新規登録していない場合は、https://developer.apple.com/programs/enroll/ にアクセスしておこなってください。アプリを作成する目的であれば、個人または会社として登録できます。

同じ会社の他の従業員が既に iOS Developer Program に登録している可能性があります。IT 部門に必要なアプリ ID、証明書、プロビジョニングプロファイルの作成を依頼できるかもしれません。そうすれば処理はずっと簡単になります。AEM Mobile ワークフローについての知識がなくてもこれらのアイテムを作成できるので、他の誰かに簡単に委任できる作業です。

iOS Developer Program に登録して支払いが済むと、Apple からアカウントの有効化を求める電子メール メッセージが送られてきます。

アプリ内課金を通じて有効コンテンツを提供する場合は、銀行と税金の情報を Apple に提供します。

開発版証明書と配布版証明書の作成

開発版アプリと配布版アプリの、2 種類の一般的な iOS アプリを作成できます。開発版アプリは、テストに使用されます。配布版アプリは、開発版によるテストと承認が済んだ後で Apple に送信するものです。Apple の規定により、どちらの種類のアプリも、iPad または iPhone 上で動作するためには、有効な証明書によって署名されている必要があります。

同じ証明書を複数のアプリで使用できます。証明書は、特定のアプリまたはアプリ ID には結び付けられません。ただし、作成する各アプリには、個別のアプリ ID とプロビジョニングプロファイルが必要です。

証明書の作成者

組織で働いているユーザーの場合、必要となる証明書の作成は、社内の別の誰かが担当している場合があります。その場合は、アプリを作成するためにそれらの証明書が利用できるよう、必要な手配をおこないます。証明書とプロビジョニングプロファイルは 1 台のコンピューター上に作成でき、別のコンピューターでもそれらを使用できます。

Xcode をダウンロードする

証明書の作成を担当している場合は、証明書の作成とアプリの送信に使用するコンピューターに Xcode をインストールします。Xcode は、Apple のアプリ作成用開発環境です。Xcode やその他のプログラミングを学習する必要は必要ありません。アプリにサインするには、Xcode が必要です。これは、iTunes との同期なしで、デバイスにアプリを読み込むための優れた方法です。

証明書作成の一般的な手順

証明書の作成は、Apple Developer サイト(https://developer.apple.com/membercenter/)とコンピューター上の Keychain Access ユーティリティの間を行ったり来たりしておこないます。Keychain Access ユーティリティを使用して証明書署名要求(証明書ごとに異なります)を作成し、Apple Developer サイトでそれを送信します。その後、証明書(.cer)ファイルをダウンロードし、Keychain Access ユーティリティで開きます。証明書が Keychain Access ユーティリティに追加されたら、アプリにサインするときにその証明書を選択できます。証明書を別のコンピューターで使用する必要がある場合は、p12 ファイルを書き出し、パスワードを指定し、証明書とパスワードをアプリに署名するユーザーに送信します。そのユーザーは、.p12ファイルをダブルクリックすることで、自分のコンピューターに証明書をインストールできます。このプロセスを 2 回実行します。1 回は開発版(テスト用)アプリのためであり、もう 1 回は配布版(送信用)アプリのためです。

詳しくは、Companion iOS Publishing Guide PDF または Apple のドキュメントを参照してください。

Klaasjan Tukker によるこのビデオでは、証明書の作成方法を実演します。

iOS 開発者アカウントの設定(英語)

アプリ ID を作成する

アプリ用のアプリ ID を作成するには、Apple の Developer サイト(https://developer.apple.com/membercenter/)を使用します。アプリ ID は、アプリを識別するために Apple が必要とする一意の ID です。作成するアプリごとに異なるアプリ ID が必要です。

アプリ ID を作成するときは、バンドル ID を指定します。 Apple は、com.mycompany.appname のような逆 DNS 形式を使用することを推奨しています。アプリを作成するときに、このバンドル ID を指定します。

バンドル ID および他のアプリ ID の設定は、ユーザーが作成するプロビジョニングプロファイルに格納されます。プッシュ通知の無効化や有効化など、設定を変更した場合は、そのアプリのプロビジョニングプロファイルを作成しなおす必要があります。

iPad および iPhone の UDID を登録する

作成したアプリを App Store に送信する前に、実際のアプリを iPad および iPhone でプレビューできます。このプレビューには、アプリアイコン、アプリ名、完全に機能するアプリが含まれます。アプリをプレビューするには、アプリのプレビューに使用する各 iOS デバイスのデバイス ID(UDID と呼ばれます)のリストを Apple に提供する必要があります。

iTunes を使用して、接続されている iPad または iPhone の UDID を検出できます。その後、Apple の iOS Developer サイトを使用して、開発版アプリ用の iPad および iPhone を登録します。

プロビジョニングプロファイルの作成

プロビジョニングプロファイルにより、アプリをインストールして使用できる iPad または iPhone が決まります。2 つのプロビジョニングプロファイル(開発版プロビジョニングプロファイルと配布版プロビジョニングプロファイル)を作成するには、Apple iOS Developer サイトを使用します。開発版プロビジョニングプロファイルには、デバイス ID(UDID)のリストが含まれています。開発版アプリは、開発版プロビジョニングプロファイルに含まれるデバイスにのみロードできます。

配布版プロビジョニングプロファイルには UDID は含まれず、誰でも App Store からアプリをダウンロードして使用できます。複数のアプリに対して再使用できる p12 証明書とは異なり、デザインする新しいアプリごとに個別のプロビジョニングプロファイルを作成する必要があります。

プロビジョニングプロファイルはアプリ ID に関連付けられています。アプリ ID を編集した場合は(例えば、プッシュ通知を有効にする)、プロビジョニングプロファイルを作成しなおして変更を組み込む必要があります。

プロビジョニングプロファイルは、AEM Mobile 署名ツールを使用してアプリに署名するときに指定します。

アプリの iTunes Connect レコードを作成する

配布版アプリを Apple に送信するには、その前に iTunes Connect にアプリのレコードを作成する必要があります。このレコードには、App Store に表示される情報およびアプリの管理に必要な情報が含まれます。アプリ用の iTunes Connect レコードを設定した後は、アプリ内課金を作成して配布版アプリを送信できます。

Apple iOS 開発者アカウントの資格情報を使用して、iTunes Connect(https://itunesconnect.apple.com/)にログインします。

 

注意:

Newsstand に設定するアプリは、iTunes Connect のカテゴリーまたはサブカテゴリー設定として「雑誌」が有効になっている必要があります。Newsstand にアプリを設定しない場合は、カテゴリーまたはサブカテゴリーとして「雑誌」を選択しないでください。

アプリ内課金の製品 ID を作成する

アプリ内でコレクションを販売する場合は、iTunes Connect(http://itunesconnect.apple.com)を使用して、各有料コレクションのアプリ内購入を作成します。また、承認を得るために各アプリ内購入を Apple に送信する必要があります(無料コレクションの場合は、承認を得るために製品 ID を Apple に送信する必要はありません)。

各コレクションと関連付けられている製品 ID の場合、iTunes Connect でアプリ内購入を設定するときに、同じ製品 ID を指定することが重要です。そうすることで、アプリ内購入を特定のコレクションにリンクします。アプリ内課金は、有料製品 ID に対してのみ作成し、無料製品 ID には作成しません。

個別のコレクションの製品 ID の形式は「com.company.appname.collectionname」です(例:com.mycompany.nwscenery.20150306)。

Apple はアプリ内課金のためのプロモーションコードの提供を許可しています。iTunes Connect を使用してプロモーションコードをリクエストします。

iTunes Connect で作成した製品 ID を指定するには、オンデマンドポータルの「製品と購読」セクションを使用します。AEM Mobile でのアプリ内課金および購読を参照してください。

コレクションを利用可能にする予定の期日より十分前にアプリ内課金を送信してください。コレクションを作成する前でもかまいません。アプリ内購入のコンテンツがレビューされるかどうかは Apple 次第です。多くの発行者が対応するコレクションを発行することなく複数のアプリ内課金を送信し、Apple の承認を得ています。承認の前に Apple がコレクションの発行を要求するケースはあまりありません。

購読期間の製品 ID を作成する

アプリでは、「標準」と「フルアクセス」の 2 種類の購読を提供できます。

  • 標準購読では、ユーザーは製品 ID の公開日が購読の開始日と終了日の間に該当するアプリの有料コンテンツにアクセスできます。ユーザーは、更新をおこなわなくても、そのコンテンツへの権利を付与されます。
  • フルアクセスの購読では、ユーザーは、公開日に関係なく、アプリ内のすべてのコンテンツにアクセスできます。ユーザーが更新をおこなわない場合、有料コンテンツをダウンロードできなくなります。

購読期間に対して製品 ID を設定するには、iTunes Connect を使用します。製品 ID を作成するには、自動更新可能な購読オプションを使用します。

購読アプリを作成する場合は、前のセクションで説明したように、コレクションに関連付けられた有料製品 ID のアプリ内課金を設定する必要があります。また、購読期間オプションが異なるアプリ内購入を設定する必要もあります(3 か月、6 か月、1 年など)。購読期間の製品 ID の形式は「com.company.appname.duration.type」です(例:com.mycompany.nwscenery.6monthstandard)。

標準とフルアクセスの両方の購読に同じ期間値(「6 か月」など)を使用する場合は、iTunes Connect で新しい購読ファミリーを作成します。

購読に使用する製品 ID を指定するには、ポータルの「製品と購読」セクションを使用します。製品 ID ごとに、標準購読タイプの適切な公開日を指定します。AEM Mobile でのアプリ内課金および購読を参照してください。

iOS 購読のあるアプリの場合は、必ず iTunes Connect から Shared Secret をコピーし、ポータルのプロジェクト設定の「ストア」セクションにペーストします。Shared Secret は、アプリがアプリ内購入の受取と通信できるようにする固有のコードです。会社のアカウントのすべてのアプリで同じ Shared Secret 情報を使用します。

プッシュ通知証明書を作成する

アプリ ID を作成または編集するときにプッシュ通知を有効にすると、アプリは Apple Push Notification Service(APN)を使用するように構成されます。プッシュ通知を有効にすると、コレクションのバックグラウンドダウンロードまたはテキスト通知を送信できます。

.p12 プッシュ通知を作成する Apple のプロセスは、開発版および配布版の .p12 証明書を作成するプロセスと似ています。Apple Developer サイトと Keychain Access ユーティリティを使用して、.p12 証明書を作成します。詳しくは、Companion iOS パブリッシングガイドの PDF を参照してください。

開発版および配布版のプッシュ通知を作成した後は、ポータルの「通知」セクションを使用して証明書をアップロードします。AEM Mobile アプリでのプッシュ通知を参照してください。

アプリを Apple に送信する

Application Loader を使用してアプリを App Store に送信します。Application Loader が最新バージョンであることを確認します。Application Loader は、Xcode をインストールするときに自動的にダウンロードされます。 

  1. AEM Mobile 署名ツールで、配布版証明書(開発版証明書ではありません)とプロビジョニングプロファイルを使用して、ダウンロードアプリに署名します。
  2. Application Loader を使用して、署名した .ipa ファイルを送信します。
  3. iTunes Connect を使用して、アップロードしたビルドを選択し(通常、アップロードには数分かかります)、アプリを送信します。

アプリのバージョンを更新する

新しい機能を利用するため、または新しい iOS のバージョンに適合するために、アプリを更新することがあります。オンデマンドポータルの「アプリケーション」セクションでは、アプリの新しいバージョンを作成したり、既存のバージョンを編集したりすることができます。いずれの場合も、以前に使用したものと同じアプリ ID に基づくプロビジョニングプロファイルを使用します。前のバージョンと同じアプリ ID に基づくプロビジョニングプロファイルを使用する限り、Apple は送信されたアプリをバージョンの更新と認識します。

Application Loader を使用して、新しい署名付きバージョンのアプリをアップロードします。次に、iTunes Connect を使用して、ビルドを選択し、新しいバージョンを送信します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー