公開した Digital Publishing Suite(DPS)Folio からコレクションの記事にコンテンツを移行または再作成する方法について説明します。Folio を移行しても、元の DPS Folio の設定やコンテンツには影響しません。

コンテンツを移行するには、公開済み Folio の アプリケーションのアカウントに加えて、マスター管理者の DPS Master アカウントまたはコンテンツ作成権限のあるユーザーアカウントが必要です。

移行に成功すると、プロジェクトに各 Folio の新しいコレクションが追加され、DPS Folio の各記事がオンデマンドポータルの記事に変換されます。

注意:

現時点では、移行した記事での Reading API 機能を参照するレイアウトはサポートされません。

Folio を移行しない場合

以下の場合は一般的に、記事を移行するのではなく AEM Mobile で記事を再作成する必要があります。

  • 記事内に記事間の navto リンクが含まれており、移行後にソースファイルを編集する場合。Folio を移行すると、結果として表示される記事に異なる記事名の値が入ります。表示される AEM Mobile 記事内では navto リンクが機能しますが、ソースファイルと移行した記事の間で差異が生じます。ソースファイルを編集する場合は、navto リンクを新しい記事名の値を指すように更新する必要があります。
  • Folio に HTML 記事が含まれている場合。移行した HTML 記事は特定のサイズ(例:768 x 1024)に固定されているため、不要なレターボックスが表示されます。AEM Mobile で HTML 記事を作成する場合は、レターボックスは表示されません。AEM Mobile 用の HTML 記事の作成を参照してください。

アプリ移行戦略

DPS アプリをアップグレードするための戦略を参照してください。

カンファレンスビデオ(低音声)

Bob Bringhurst による、Adobe MAX 2015 カンファレンスの次のセッションをご覧ください。

移行(英語のみ)(1:34:02)

  1. コンテンツ作成権限のある Adobe ID を使用してオンデマンドポータル(https://aemmobile.adobe.com)にログインし、「Folio 移行ツール」をクリックします。

  2. Folio 移行ツール」セクションで、「移行」をクリックします。

     

  3. DPS アプリケーションのロールを持つ Adobe ID でログインします。

  4. 移行する Folio を選択します。

    Folio は「公開」として公開されている必要があります。

    一度のリクエストでサポートされる Folio の数の上限は 25 です。ただし、移行記事の設定を編集する必要がある場合は、編集プロセスを簡素化するために、一度に移行する Folio の数を少なくすることをお勧めします。

  5. オプションの右パネルで、移行先のプロジェクトを選択します(複数ある場合)。

  6. 2 方向の Folio から、縦置きレイアウトと横置きレイアウトを読み込むかどうかを指定します(横置きの記事に縦置きのレイアウト、縦置きの記事に横置きのレイアウトを読み込むことはできません)。

  7. 記事のサムネール画像では、通常 70x70 ピクセルの既存の TOC 画像を使用するか、記事の最初のページから画像を生成するかを指定します。

    カードに適したサムネール画像が得られる可能性の高い「最初のページのサムネール」の使用をお勧めします。どちらのオプションを使用しても、サムネール画像は記事の編集時に置き換えることができます。

    サムネール画像のオプション
  8. 以前に Folio を移行している場合、既存の記事を置き換えるには、「移行済みの記事を強制的に上書き」を選択します。既存の記事の新しいバージョンを移行する場合は、このオプションの選択を解除します。

  9. 「移行」をクリックします。

    次の移行を開始するのは、現在の移行処理が完了するまでしばらくお待ちください。

  10. 数分後にポータルで移行先のパブリケーションを開きます。必要に応じて、新しいコレクションと記事を編集します。

    例えば、コレクションを編集してコンテンツビューではなくブラウズページが表示されるようにした場合は、サムネール画像を交換することがあります。

DPS Folio から新しいコレクションが作成され、その Folio 内の記事がポータルの「コンテンツとレイアウト」に作成されてコレクションに追加されます。Folio にセクションが含まれている場合は、各セクションがサブコレクションとして移行されます。可能な場合は、記事のメタデータが変換されます。「タグ」メタデータは内部キーワードに変換されます。

これで記事とコレクションを公開できます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー