制限付きコレクションは、ユーザーがログインし、コレクションへの権利が付与されるまで表示されません。

コレクションが制限されるかどうかは、コレクションに関連付けられた製品によって決まります。製品を定義するとき、製品のタイプを「無料」、「権利付与済み」または「制限付き」に設定できます。一般的に、「権利付与済み」オプションは、購入オプションを含むデジタル雑誌などの商用向けアプリに便利です(AEM Mobile アプリでのペイウォールと記事のプレビューを参照してください)。「制限付き」オプションは主に、ユーザーにどのコンテンツの表示を許可するかを指定するためのダイレクトエンタイトルメントのログインを含むアプリに使用します。

制限付きコレクションは、すべてのプラットフォーム(iOS、Android、Windows、デスクトップ Web Viewer)でサポートされます。

詳しくは、制限付きコレクションの使用(英語)のビデオをご覧ください。

制限付きコレクションは、ユーザーがログインするまで表示されません。

  1. プロジェクト設定の「アクセス」タブで、「エンタイトルメントを有効にする」を選択し、エンタイトルメント設定を指定します。

    詳しくは、AEM Mobile アプリでのエンタイトルメントの設定を参照してください。例えば Facebook や Google 経由でログインできるカスタムログインエクスペリエンスを作成するには、AEM Mobile アプリでのカスタム認証を参照してください。

  2. (オプション)プロジェクト設定の「コンテンツ」タブで、コレクションのデフォルト設定を指定します。

     

    ユーザーがログインするまでほとんどまたはすべてのコレクションを非表示にする必要がある場合は、「制限付き」を選択して新しいコレクションのデフォルトを設定します。

  3. コレクションを公開します。

    コレクションを公開すると、製品 ID が「製品と購読」に追加されます(それ以前に製品 ID を作成し、コレクション編集時にそれを選択していた場合を除く)。

  4. オンデマンドポータル(https://aemmobile.adobe.com)の「製品と購読」セクションで、ユーザーに権利が付与されるまで非表示にする必要のあるコレクションに関連付けられた製品について、製品のタイプを「制限付き」に設定します。

  5. プリフライト以外のアプリを作成し、エンタイトルメントをテストします。

    制限付きコレクションは、ログインするまで、アプリメニューのアイテムまたはブラウズページのカードとして表示されません。ログインするには、アプリメニューから「アカウント」を選択してからログインします。ログインすると、アプリがエンタイトルメントサービスをチェックし、ユーザーにどのコレクションの権利を付与するかを決定します。ユーザーに権利が付与された制限付きコレクションは、アプリ内に表示されます。

    プリフライトアプリでは、エンタイトルメントオプションはサポートされません。

制限付きコレクションの使用のためのガイドライン

アプリに制限付きコレクションが含まれる場合、ブラウズページが表示または非表示にできるカードで構成されていることを確認します。カードの非表示または表示によりデザインの整合性が損なわれる可能性のある「固定デザイン」手法は使用しないでください。コンテンツを整理し、カードとレイアウトを設計して、ユーザーのログイン状況にかかわらず、より一貫性のあるブラウズページを表示します。

ユーザーがログインしていても(左)、していなくても(右)適切に動作するブラウズページをデザインします。

コレクションの権利を付与されたユーザーは、コレクション内のすべての記事にアクセスできますが、サブコレクションには必ずしもアクセスできるわけではありません。

制限付きコレクションは、コンテンツの「ゲートウェイ」として使用することもできます。つまり、制限付きコレクション内のすべてのコンテンツを無料にできますが、コレクションを表示する唯一の方法はログインすることです。制限付きコレクションをゲートウェイとして使用した場合、ペイウォールの背後にある記事またはコレクションへの navto:// リンクを使用することで、ユーザーはアクセスできないコンテンツにアクセスできるようになることに注意してください。

制約と制限

親コレクション内の制限付きコレクション数の上限は 100 です。制限付きコレクションの全体数について制限はありません。

製品のタイプを制限付きに変更するか、制限付きから別のタイプに変更する場合は、その製品に関連付けられたコレクションを再公開する必要があります。親コレクションを再公開する必要はありません。

現時点では、制限付きコレクションへの navto リンクを作成した場合、コレクションのブラウズページはそのコレクションへの権利が付与されていないユーザーにも表示されます。近い将来、制限付きコレクションのブラウズページにペイウォールが設けられる予定です。機能が実装されるまでは、制限付きコレクションへの navto リンクを使用しないことをお勧めします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー