FAQ | Adobe Acrobat オンラインサービスを試す

Adobe Document Cloud

Adobe Acrobat オンラインサービスを無料で試すかアカウントにログインして、PDF ファイルの変換、編集、圧縮、署名をすばやく簡単にできることをご確認ください。

基本事項

Acrobat オンラインサービス は、PDF と電子サインのタスクをどのブラウザーでも迅速に完了できるオンラインのツールセットです。無料または有料のアカウントにログインしてもアクセスできます。

現在、Acrobat オンラインサービスには、次のツールが含まれています。

デスクトップでサポートされているブラウザー:

  • Microsoft Windows 10 の場合、Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Firefox または Chrome の使用
  • Microsoft Windows 7 の場合、Internet Explorer 11 以降、Firefox または Chrome の使用
  • Mac OS X v10.12(Sierra)以降の場合、Safari 11 以降、Firefox または Chrome の使用

モバイルデバイスでサポートされているブラウザー:

  • iOS:Safari
  • Android:Chrome

Acrobat オンラインサービスは、英語、日本語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、イタリア語、チェコ語、デンマーク語、フィンランド語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語、簡体字中国語、繁体字中国語で利用できます。

いいえ。ツールを試すことができるのは、Acrobat オンラインサービスページから、または Adobe アカウントでログインした場合のみです。

ツールの使用

Adobe Acrobat オンラインサービスページで、使用するツールを選択し、使い方の手順に従います。Acrobat オンラインサービスでは、ファイルは Adobe Document Cloud にアップロードされます。ログインしてツールを使用したり、ファイルを保存または共有したりすると、ファイルは Acrobat によって Adobe Document Cloud アカウントに保存されます。ログインしないと、変更されたファイルをダウンロードした場合でも、プライバシーを尊重するために、ファイルは短時間でサーバーから削除されます。

ほとんどのツールでは、Adobe ID を使用してログインしなくても、1 件の無料トランザクションを完了し、結果のファイルを 1 回ダウンロードできます。

Adobe ID でログインすると、PDF の共有、入力、署名、注釈の追加を無料で行うことができます。ログインすると、追加のプレミアムツールを試すこともできます。無料の制限については、以下を参照してください。

Acrobat オンラインツールを使用して PDF に変換できるのは、次のファイル形式です。

ツール名

サポートされているファイル形式

PDF に変換

DOC、DOCX、RTF、TXT、XLS、XLSX、PPT、PPTX、BMP、GIF、JPEG、JPG、PNG、PSD、TIF、TIFF、AI、FORM、INDD

手軽に Word を PDF に変換

DOC、DOCX、RTF、TXT

Excel を PDF に変換

XLS、XLSX

簡単にできる PPT の PDF 変換

PPT、PPTX

JPG を PDF に変換する方法

BMP、JPEG、JPG、PNG、TIF、TIFF

PDF を Word に変換

DOCX

PDF を PPT に変換

PPTX

PDF を Excel に変換

XLSX

PDF を JPG に変換

JPEG、JPG、PNG、TIF、TIFF

Acrobat オンラインツールには、次の制限があります。

  • Acrobat オンラインツールは、100 MB 以下の PDF ファイルをサポートしています。ただし、200 MB 以下のファイルをサポートする「PDF を Word に変換」および「PDF を PPT に変換」ツールと、2 GB 以下の PDF を圧縮できる「PDF を圧縮」ツールは除きます。
  • PDF ページを削除、PDF ページを回転、PDF ページを並べ替え、および PDF ページを抽出ツールがサポートする最大 PDF ページ数は、500 ページです。
  • PDF を分割ツールでは、最大 1 GM および最大 1,500 ページの 1 つの PDF を最大 19 個のファイルに分割できます。
  • 「PDF を結合」ツールでは、最大 1,500 ページの結合した PDF を作成できます。最大 100 個のファイルを結合することができ、各ファイルには最大 500 ページを含めることができます。 
  • 同様に、「PDF ページを挿入」ツールの最終的なファイルの最大サイズは 1,500 ページで、挿入される各ファイルのページ数は最大 500 ページに制限されます。  
  • 無料版の「PDF を保護」ツールを使用して PDF にパスワードを追加した場合、そのパスワードは削除できなくなります。削除するには、Adobe Acrobat DC サブスクリプションを購入するか、Adobe Acrobat Pro DC の 7 日間無料体験版に新規登録する必要があります。

Adobe ID を使用してログインしない場合は、1 件の無料トランザクションを完了し、結果のファイルを 1 回ダウンロードすることだけができます。ただし、ログインしないと試すことができないツールがいくつかあります。

Adobe ID でログインすると、ファイルへの入力、署名、共有、注釈の追加を無料で行うことができます。ログイン時に他のプレミアムツールを試す場合、無料のユーザーには次の制限が適用されます。

  • プレミアムツールを試す場合は、30 日ごとに 2 件の無料トランザクションを繰り返し実行できます。例えば、任意の日に初めてログインし、「PDF を Word に変換」ツールを使用した場合、現在の 30 日間で 2 件の無料トランザクションのうち 1 件を使用したことになります。 例えば、15 日後にPDFを圧縮ツールを使用した場合、現在の 30 日間に 2 回目の無料トランザクションを使用したことになります。 もう一度プレミアムツールを無料で使用するには、 30 日間の期間が終了するまでお待ちいただく必要があります。
  • 電子サインを依頼するトランザクションには、追加の制限が適用される場合があります。

無料の上限に達すると、オンラインで通知されます。

セキュリティ

はい。アドビは、デジタルエクスペリエンスのセキュリティを非常に重視しています。セキュリティ対策は、社内文化、ソフトウェア開発、サービス運用に深く浸透しています。ID 管理、データの機密性または文書の整合性に関しても、Adobe はお客様の文書、データ、個人を特定する情報を保護するための業界標準のセキュリティ対策を実装しています。セキュリティ対策の詳細については、www.adobe.com/jp/security を参照してください。

はい。ファイルを安全に保護するため、アドビは AES-256 暗号化標準と Transport Layer Security(TLS)1.2 を Acrobat オンラインサービスに使用しています。TLS は、インターネット通信にプライバシーとデータの整合性を提供するセキュリティプロトコルです。ネットワーク経由で転送する場合に、データのセキュリティを確保します。

Document Cloud に保存されたファイルはすべて、自動的に「非公開」というラベルが付けられます。これは、ファイルが自分に対してのみ表示されることを意味します。ファイルを共有するには、明示的な操作を行う必要があります。そうしないと、非公開のままになります。

ツール使用後にログインをせず、ファイルが保存または共有されない場合、そのファイルは短時間のうちにサーバーから削除されます。