Creative Cloud 2019 でのデバイスのアクティベーション制限メッセージへの対処

Creative Cloud サブスクリプションでは、2 台のデバイスにアプリケーションをインストールできます。デバイスにログインし、デバイスのアクティベーション制限を超過したことを Adobe が検出すると、そのことを示すメッセージが表示されます。この記事では、様々なデバイスのライセンス認証制限シナリオとできることについて簡単なケースで説明します。

Creative Cloud サブスクリプションを使用できるデバイスの数の詳細についても説明します。

ログインしたいずれかのデバイスからログアウトする

デバイスのライセンス認証制限を超えている場合、現在ログインしている他のいずれかのデバイスからログアウトできます。これを行うには、次の手順に従います。

  1. 他のいずれかのデバイスからログアウトするには、対応するタイルで「ログアウト 」をクリックします。

    デバイスのライセンス認証制限
  2. 他のデバイスからログアウトしたら、「続行」をクリックします。

    ライセンス認証の成功

アプリケーションがこのデバイスで正常に起動します。

注意:

上記の手順 2 でログアウトしたデバイスでアプリケーションを起動した場合、デバイスのライセンス認証制限ダイアログボックスが表示されます。

このデバイスで別の Adobe ID を使用する

デバイスのライセンス認証制限のメッセージが表示されたら、この Adobe ID を使用しているこのデバイスからログアウトすることを選択できます。現在の Adobe ID を使用しているこのデバイスからログアウトしたら、別の Adobe ID で再度ログインできます。

  1. このデバイスからログアウトするには、「ログアウトして別の Adobe ID を使用する」をクリックします。

    デバイスのライセンス認証制限
  2. 確認ダイアログで、「ログアウト」をクリックします。

    ログアウトの確認
  3. 別の Adobe ID を使用してこのデバイスにログインするには、ヘルプ/ログインを選択します。

  4. 別の Adobe ID でログインします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー