問題点:Dreamweaver では、プロトコル相対 URL を使用している際にアウトバウンド SMB コールを試行しています

場合によっては、プロトコル相対 URL を使用している際に、Dreamweaver からのアウトバウンド SMB (Server Message Block) コールが行われます。

環境

サポートされているすべてのオペレーティングシステムにおける Dreamweaver 19.0。

問題の説明

この問題は、文書にその他のリソースを参照するプロトコル相対 URL を持つ HTML/PHP 文書がある場合に発生します。

これらの HTML/PHP 文書がデプロイされると、HTML ファイルは http または https プロトコルを介してアクセスされます。その結果、プロトコル相対 URL も http:// または https:// を介してアクセスされます。

ただし、Dreamweaver でローカルで作業している間は、ファイルはローカルディスクに常駐します。 HTML 文書は、ブラウザーコンポーネント(Chromium Embedded Framework)に file://path としてロードされます。その結果、その他のプロトコル相対 URL は file:// と解釈されます。同様に、//api.company.com に類似した URL は、file://api.company.com として解釈され、原因不明なアウトバウンド SMB コールが発生します。

回避策

HTML 文書内でプロトコル修飾 URL を使用します。 例えば、//api.company.com ではなく、https://api.company.com を使用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー