概要

setup-identity

システム管理者は、Adobe Admin Console を使用して、シングルサインオン(SSO)用の Federated ID でログインするためのドメインを構成できます。ドメインの検証が完了すると、ユーザーが Creative Cloud にログインできるように、そのドメインを含むディレクトリが構成されます。ユーザーは ID プロバイダー(IdP)を介し、そのドメイン内の電子メールアドレスを使用してログインできます。このプロセスは、企業ネットワーク内で実行されるソフトウェアサービスとしてプロビジョニングされるか、サードパーティによってホストされるクラウドサービスとしてプロビジョニングされます。前者の場合、プロセスにはインターネットからアクセスできます。後者の場合は、SAML プロトコルを使用したセキュアな通信を通じてユーザーログインの詳細を検証することができます。

そのような IdP の 1 つが、安全な ID 管理を行うクラウドサービス、Okta です。


Okta を使用したシングルサインオンの設定

ドメインにシングルサインオンを設定するには、次の操作をおこないます。

  1. Admin Console にログインします。まず Federated ID ディレクトリを作成し、ID プロバイダーとして他の SAML プロバイダーを選択します。SAML プロファイルを追加画面で、ACS の URLエンティティ ID の値をコピーします。
  2. ACS の URLエンティティ ID を指定して Okta を設定し、Okta メタデータファイルをダウンロードします。
  3. Adobe Admin Console に戻り、SAML プロファイルを追加ウィンドウで Okta メタデータファイルをアップロードして「完了」をクリックします。

Okta の構成

Okta ダッシュボードが構成され、対象のドメインの管理者権限でアクセスできることを確認します。Okta を使用する SSO を設定するには、次の操作をおこないます。

  1. Okta ダッシュボードで、Applications/Add Application に移動し、「Create New App」をクリックします。

    okta1
  2. 一般設定を次のように指定し、「次へ」をクリックします。

    • アプリケーション名:Adobe Creative Cloud
    • アプリケーションの表示:
      • 「Do not display application icon to users」を選択します
      • 「Do not display application icon in the Okta Mobile app」を選択します。
    okta2
  3. Show Advanced Settings」をクリックします。

    okta4
  4. 属性のステートメントを次のように変更します。

    • FirstName = user.firstName
    • LastName = user.lastName
    • Email = user.email
    okta5
  5. Adobe Admin Console からコピーしたエンティティ IDACS の URL を入力します。

  6. 完了」をクリックして、新しく作成した Adobe Creative Cloud アプリケーションにアクセスします。

  7. ログイン/設定手順の表示の順に移動し、証明書をダウンロードします。

    Okta ダッシュボードからダウンロードした証明書の拡張子を「.cer」に変更します。これで証明書が Adobe Admin Console にアップロードできるようになります。

    okta6

Adobe Admin Console への IdP メタデータのアップロード

Adobe Admin Console にある証明書を最新に更新するため、Adobe Admin Console に戻ります。Okta からダウンロードした証明書を SAML プロファイルの追加画面にアップロードし、「完了」をクリックします。

設定のテスト

独自の ID 管理システムと Adobe Admin Console で定義したユーザーのアクセス権を Adobe web サイトまたは Creative Cloud Desktop アプリケーションにログインして確認します。

問題が発生する場合は、トラブルシューティングに関するドキュメントを参照してください。

Okta シングルサインオンの設定に関してヘルプが必要な場合は、Adobe Admin Console の「サポート」に移動して、アドビまでお問い合わせください。