共有デバイスライセンス | 既知の問題

このドキュメントでは、アドビの共有デバイスライセンスを使用する際に、管理者やエンドユーザーが遭遇する可能性のある既知の問題について詳しく説明しています。

可能な限り、解決策や回避策が示されています。

注意:

アドビは、これらの問題やその他の問題が発生した場合、できる限り早急に対処するよう努めています。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Adobe Creative Cloud Express Enterprise ID / Federated ID の問題

  • Adobe Creative Cloud Express 教育機関向け(Creative Cloud Express 小中高校向けまたは Creative Cloud Express 高等教育機関向け)の Federated ID または Enterprise ID を持つユーザーが、共有デバイスライセンスがインストールされたマシンにログインして使用した場合に、Lightroom が起動しない。
    Lightroom Classic は起動するので、できればそちらをご使用ください。
  • Adobe Creative Cloud ExpressEnterprise ID または Federated ID でお使いの場合、XD スタータープランのみ利用可能です。有料プランはご利用いただけません。

Creative Cloud コンプリートプランの使用権限を持つ指定ライセンスユーザーで、共有デバイスライセンスのマシンを含むすべてのマシンで有料プランを使用できる場合、上記の Adobe Creative Cloud Express の問題は発生しません。

Adobe Spark の名称が Adobe Creative Cloud Express に変更されました。さらに、2 つのアプリケーション Adobe Photoshop Express と Adobe Premiere Rush が含まれています。Creative Cloud Express グループ版およびエンタープライズ版について詳しくは、ここをクリックしてください

アドビのロゴ

アカウントにログイン