注意:

このドキュメントに説明された手順は、アプリバージョン CC 2019 以降に適用されます。

機能制限ライセンスは、ロックダウンまたは制限されたネットワーク環境との間のデータフローを制御する厳密なニーズをお持ちの組織にお勧めします。 

エンドユーザーが、ネットワーク環境にアクセスできないかオンラインサービスの利用を許可されていない場合は、機能制限ライセンス(FRL)を使用します。

注意:

機能制限ライセンス認証では、エンドユーザー向けのAdobe Cloudサービスや特定のAdobeアプリケーションへのアクセスが制限されます。

FRL パッケージの種類

組織の管理者は、次の種類の FRL パッケージを作成できます。

接続ライセンス認証パッケージ

ユーザー指定ライセンスを採用できず、オンラインサービスの利用が許可されないエンドユーザーのニーズを満たす必要がある場合は、このパッケージを使用します。ただし、これらのユーザーは定期的にインターネットに接続する必要があります。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/パッケージに移動します。

    組織内のすべての管理者が作成したすべてのパッケージの履歴が表示されます。

    組織内でまだパッケージが作成されていない場合は、作業の開始を案内する次の画面が表示されます。

    ファーストタイムユーザーエクスペリエンス
  2. 「パッケージを作成」をクリックします。

    パッケージのリスト
  3. 「機能制限ライセンス」を選択し、「次へ」をクリックします。

    機能制限ライセンスのオプション
  4. ライセンス認証方法画面で、「接続ライセンス認証」を選択し、「次へ」をクリックします。

    ライセンス認証方法
  5. 使用権限画面で、必要な使用権限を選択し、「次へ」をクリックします。

    使用権限
  6. システム画面で、必要なオプションを選択し、「次へ」をクリックします。

    • プラットフォームを選択:オペレーティングシステムとプロセッサーを選択します(32-bit または 64-bit)。
      注意:32-bit と 64-bit のインストール用には別々のパッケージを作成する必要があります。32-bit のパッケージは 64-bit のコンピューターにデプロイできません。同様に、64-bit のパッケージは 32-bit のコンピューターにデプロイできません。
    • 言語:パッケージの作成に使用する言語を選択します。
    • OS ロケールを使用:クライアントコンピューターの OS 言語でデプロイされるパッケージを作成できます。この場合、OS 言語が、パッケージがデプロイされるデフォルトのフォールバック言語となります。
  7. アプリを選択画面で、必要なアプリケーションをパッケージに追加し、「次へ」をクリックします。

    ライセンスのみのパッケージ:

    すべてのパッケージは FRL ライセンスファイルとバンドルされます。つまり、ライセンスのみのパッケージを作成するには、パッケージにアプリケーションを追加せずに「次へ」をクリックするだけです。

    ライセンスのみのパッケージは、デプロイ先のエンドユーザーのコンピューターに、ライセンスなしまたは体験版ライセンスのアプリケーションが既にデプロイされている場合に作成します。

    アプリを選択

    以前のバージョンのリストを表示するには、「以前のバージョンを表示」チェックボックスをオンにすると使用可能なバージョンが表示されます。

    注意:

    関連製品を含む製品を追加すると、関連製品も自動的に追加されます。例えば、Photoshop CC を追加した場合、Camera Raw と Adobe Preview が自動的に追加されます。

  8. オプション画面で、必要なオプションを選択し、「次へ」をクリックします。

    • Remote Update Manager を有効化:管理者権限を利用して、リモートからクライアントコンピューター上でアップデーターを実行できます。詳しくは、Remote Update Manager を参照してください。
    • 内部 Adobe Update Server にリダイレクト:このパッケージのすべてのアップデートを、内部アップデートサーバーにリダイレクトできます。内部サーバーの詳細は、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内のオーバーライド XML で指定されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定の節を参照してください。
    • 拡張機能用のフォルダーを作成して、Extension Manager コマンドラインツールを含める:パッケージフォルダー内にサブフォルダーを作成して、パッケージと共にインストールする拡張機能をそこに格納できます。詳しくは、パッケージの拡張機能の管理を参照してください。
    • カスタムインストールディレクトリにパッケージをインストール:このパッケージ内のアプリケーションをカスタムインストールディレクトリにインストールできます。ディレクトリは、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内で定義されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定の節を参照してください。
  9. 確定画面で、「名前」ボックスにパッケージの名前を入力します。

    パッケージをビルドする前に、パッケージに含められるアプリケーションと設定を確認することができます。

  10. 「パッケージをビルド」をクリックします。

    パッケージページの状態列に、パッケージのビルドステータスが表示されます。

    FRL パッケージのビルドステータス

    パッケージのビルドが正常に完了すると、可用性列にダウンロードのリンクが表示されます。

    パッケージは、Admin Console で最大 3 日間提供されます。パッケージをダウンロードできる残り時間を確認するには、そのパッケージに対応する行をクリックします。これにより、パッケージの詳細が表示されます。

    FRL パッケージの詳細
  11. パッケージをダウンロードして後で配布するには、「ダウンロード」をクリックします。

LAN 認証パッケージ

LAN有効化は、インターネットに接続されていないセキュアなネットワークを維持している企業向けの有効化方法です。エンタープライズの管理者として、1つ以上の社内ライセンスサーバーを作成します。これにより、LAN有効化パッケージをデプロイするエンドユーザーのコンピューターが、これらのサーバーインスタンスにアクセスして、Adobeアプリケーションライセンスを有効化できるようになります。社内ライセンス認証サーバーのセットアップ方法について詳しくは、このドキュメントを参照してください。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/パッケージに移動します。

    組織内のすべての管理者が作成したすべてのパッケージの履歴が表示されます。

    組織内でまだパッケージが作成されていない場合は、作業の開始を案内する次の画面が表示されます。

    ファーストタイムユーザーエクスペリエンス
  2. 「パッケージを作成」をクリックします。

    パッケージのリスト
  3. 「機能制限ライセンス」を選択し、「次へ」をクリックします。

    機能制限ライセンスのオプション
  4. 「LAN」を選択し、「次へ」をクリックします。

    asdf
  5. サーバーの選択画面で、エンドユーザー用に設定したLANサーバーを選択します。

    新しいLANサーバーを作成することもできます。

  6. 使用権限画面で、必要な使用権限を選択し、「次へ」をクリックします。

    使用権限
  7. システム画面で、必要なオプションを選択し、「次へ」をクリックします。

    • プラットフォームを選択:オペレーティングシステムとプロセッサーを選択します(32-bit または 64-bit)。
      注意:32-bit と 64-bit のインストール用には別々のパッケージを作成する必要があります。32-bit のパッケージは 64-bit のコンピューターにデプロイできません。同様に、64-bit のパッケージは 32-bit のコンピューターにデプロイできません。
    • 言語:パッケージの作成に使用する言語を選択します。
  8. アプリを選択画面で、必要なアプリケーションをパッケージに追加し、「次へ」をクリックします。

    ライセンスのみのパッケージ:

    すべてのパッケージは FRL ライセンスファイルとバンドルされます。つまり、ライセンスのみのパッケージを作成するには、パッケージにアプリケーションを追加せずに「次へ」をクリックするだけです。

    ライセンスのみのパッケージは、デプロイ先のエンドユーザーのコンピューターに、ライセンスなしまたは体験版ライセンスのアプリケーションが既にデプロイされている場合に作成します。

    アプリを選択

    以前のバージョンのリストを表示するには、「以前のバージョンを表示」チェックボックスをオンにすると使用可能なバージョンが表示されます。

    注意:

    関連製品を含む製品を追加すると、関連製品も自動的に追加されます。例えば、Photoshop CC を追加した場合、Camera Raw と Adobe Preview が自動的に追加されます。

  9. オプション画面で、必要なオプションを選択し、「次へ」をクリックします。

    • Remote Update Manager を有効化:管理者権限を利用して、リモートからクライアントコンピューター上でアップデーターを実行できます。詳しくは、Remote Update Manager を参照してください。
    • 内部 Adobe Update Server にリダイレクト:このパッケージのすべてのアップデートを、内部アップデートサーバーにリダイレクトできます。内部サーバーの詳細は、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内のオーバーライド XML で指定されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定の節を参照してください。
    • 拡張機能用のフォルダーを作成して、Extension Manager コマンドラインツールを含める:パッケージフォルダー内にサブフォルダーを作成して、パッケージと共にインストールする拡張機能をそこに格納できます。詳しくは、パッケージの拡張機能の管理を参照してください。
    • カスタムインストールディレクトリにパッケージをインストール:このパッケージ内のアプリケーションをカスタムインストールディレクトリにインストールできます。ディレクトリは、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内で定義されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定の節を参照してください。
  10. 確定画面で、「名前」ボックスにパッケージの名前を入力します。

    パッケージをビルドする前に、パッケージに含められるアプリケーションと設定を確認することができます。

  11. 「パッケージをビルド」をクリックします。

    パッケージページの状態列に、パッケージのビルドステータスが表示されます。

    FRL パッケージのビルドステータス

    パッケージのビルドが正常に完了すると、可用性列にダウンロードのリンクが表示されます。

    パッケージは、Admin Console で最大 3 日間提供されます。パッケージをダウンロードできる残り時間を確認するには、そのパッケージに対応する行をクリックします。これにより、パッケージの詳細が表示されます。

    FRL パッケージの詳細
  12. パッケージをダウンロードして後で配布するには、「ダウンロード」をクリックします。

分離ライセンス認証パッケージ

分離ライセンス認証パッケージは、インターネットに(一時的にでも)アクセスできないデバイスにインストールします。これは、ライセンスパッケージおよびアプリケーションと共にライセンスを直接インストールする必要があるデバイス向けに用意されています。この方式では、ライセンス認証する各分離コンピューターで、管理者が Adobe Licensing Toolkit を 1 回ずつ実行する必要があります。

Adobe Licensing Toolkit は、FRL 分離ライセンス認証パッケージ用の一意のクライアントコードを生成するために使用するコマンドラインユーティリティです。分離ライセンス認証パッケージは、ネットワーク環境にアクセスできないユーザー向けに作成されています。このようなユーザーには、完全に自己完結型のパッケージが必要です。つまり、パッケージのライセンス情報がパッケージ内に収録されている必要があります。ライセンス情報がバンドルされたパッケージを作成するには、まず Licensing Toolkit を使用して一意のクライアントコードを生成する必要があります。クライアントコード(単一または複数のコンピューター用)を生成したら、次のセクションで説明する手順に従って分離ライセンス認証パッケージを作成します。

一意のクライアントコードを生成したら、次の手順に従って分離ライセンス認証パッケージを作成します。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/パッケージに移動します。

    組織内のすべての管理者が作成したすべてのパッケージの履歴が表示されます。

    組織内でまだパッケージが作成されていない場合は、作業の開始を案内する次の画面が表示されます。

    ファーストタイムユーザーエクスペリエンス
  2. 「パッケージを作成」をクリックします。

    パッケージのリスト
  3. 「機能制限ライセンス」で、「次へ」をクリックします。

    機能制限ライセンスのオプション
  4. 「分離ライセンス認証」を選択し、「次へ」をクリックします。

    ライセンス認証方法

    注意:

    Licensing Toolkit をまだダウンロードしていない場合は、ダウンロードリンク(Mac 用または Windows 用)を使用してダウンロードします。

  5. Adobe Licensing Toolkit を使用して生成した一意のクライアントコードを入力します。

    または

    複数のコンピューター用に CSV ファイルを作成した場合は、CSV ファイルをアップロードします。

    または

    製品のみのパッケージを作成するには、ライセンス認証コードボックスを空のままにして、CSV ファイルをアップロードしないでください。このオプションは、インストールメディアとライセンスを別々に作成する場合に使用します。

    一意のクライアントコードの入力

    注意:

    Licensing Toolkit を使用して生成した適切なライセンスコードを入力していることを確認します。この手順では、ここで入力したエラーコードの有効性はチェックされません。

    ただし、無効なライセンスコードを入力すると、エンドユーザーが関連するアプリケーションを使用する際に問題が発生します。

  6. 使用権限画面で、必要な使用権限を選択し、「次へ」をクリックします。

    使用権限
  7. システム画面で、必要なオプションを選択するか有効にして、「次へ」をクリックします。

    • プラットフォーム:オペレーティングシステムとプロセッサーサポートを選択します(32-bit または 64-bit)。
      注意:32-bit と 64-bit のインストール用には別々のパッケージを作成する必要があります。32-bit のパッケージは 64-bit のコンピューターにデプロイできません。同様に、64-bit のパッケージは 32-bit のコンピューターにデプロイできません。
    • 言語:パッケージの作成に使用する言語を選択します。
    • OS ロケールを使用:クライアントコンピューターの OS 言語でデプロイされるパッケージを作成できます。この場合、OS 言語が、パッケージがデプロイされるデフォルトのフォールバック言語となります。
  8. 対応するアプリケーションの横にあるプラスアイコンをクリックしてパッケージに追加し、「次へ」をクリックします。

    ライセンスのみのパッケージ:

    すべてのパッケージは FRL ライセンスファイルとバンドルされます。つまり、ライセンスのみのパッケージを作成するには、パッケージにアプリケーションを追加せずに「次へ」をクリックするだけです。

    ライセンスのみのパッケージは、デプロイ先のエンドユーザーのコンピューターに、ライセンスなしまたは体験版ライセンスのアプリケーションが既にデプロイされている場合に作成します。

    アプリを選択

    注意:

    • 「使用可能なアプリケーション」にアプリケーションの以前のバージョンのリストを表示するには、「以前のバージョンを表示」チェックボックスをオンにします。
    • 関連製品を含む製品を追加すると、関連製品も自動的に追加されます。例えば、Photoshop を追加した場合、Camera Raw と Adobe Preview が自動的に追加されます。

  9. オプション画面で、必要なオプションに対応するチェックボックスをオンにして、「次へ」をクリックします。

    • 拡張機能用のフォルダーを作成して、Extension Manager コマンドラインツールを含める:パッケージフォルダー内にサブフォルダーを作成して、パッケージと共にインストールする拡張機能をそこに格納できます。詳しくは、パッケージの拡張機能の管理を参照してください。
    • カスタムインストールディレクトリにパッケージをインストール:このパッケージ内のアプリケーションをカスタムディレクトリにインストールできます。ディレクトリは、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内で定義されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定の節を参照してください。
  10. 「名前」ボックスにパッケージの名前を入力し、「パッケージをビルド」をクリックします。

    パッケージをビルドする前に、パッケージに含められるアプリケーションと設定を確認することができます。

    確定画面

    パッケージページのステータス列に、パッケージのビルドステータスが表示されます。

    ビルドステータス

    パッケージのビルドが正常に完了すると、それぞれのパッケージの行の可用性列にダウンロードのリンクが表示されます。

    既存のパッケージをダウンロードできる残り時間を確認するには、そのパッケージに対応する行をクリックします。これにより、パッケージの詳細が表示されます。

    パッケージのプロパティ
  11. パッケージをダウンロードして後で配布するには、「ダウンロード」をクリックします。

ライセンスのみのパッケージ

エンドユーザーコンピューターに FRL ライセンスだけをインストールできる、FRL ライセンスのみのパッケージを作成します。

場合によっては、エンドユーザーが以前にインストールした(ライセンス認証されていない)アドビアプリケーションを持っていたり、最初にエンドユーザーのコンピューターにインストールしてから、後でライセンス認証をおこなう計画を立てたりすることがあります。どちらの場合も、ライセンスのみのパッケージを作成し、それをエンドユーザーコンピューターにインストールできます。ライセンスのみの FRL パッケージをインストールして管理する方法について詳しくは、Adobe Licensing Toolkit を参照してください。

ライセンスのみのパッケージを作成するには、上記の FRL パッケージを作成する手順に従います。

接続ライセンス認証パッケージの作成

分離ライセンス認証パッケージ

製品のみのパッケージ

エンドユーザーのコンピューターに製品のみをインストールできる、製品のみのパッケージを作成します。

エンドユーザーがあらかじめライセンスをインストールしている場合もありますが(ライセンスのみのパッケージを参照)、エンドユーザーのコンピューターにトライアルアプリをインストールすることもできます。どちらの場合でも、製品のみのパッケージを作成し、エンドユーザーのコンピューターにインストールします。

製品のみのパッケージを作成するには、本ドキュメントに記載されている分離ライセンス認証パッケージを作成する手順に従います。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー