ワークスペースとは、文書で作業するときに頻繁に使用するポッドのようなエレメントの特定の配置のことです。ワークスペースでは、これらのエレメントのドッキング、スタックまたは最小化を行うことができます。また、フローティング状態にしておくこともできます。 設定なしですぐに使用できる標準的なワークスペースから選択するか、独自のワークスペースを作成できます。 

基本的な UI 要素

FrameMaker のインターフェイスには次のコンポーネントが含まれます。

  • アプリケーションバー:上部のアプリケーションバーには、ワークスペースの切り替えコントロール、メニューおよびその他のアプリケーションコントロールが表示されます。
application-bar
  • ドキュメントウィンドウ:作業中のファイルが表示されます。ドキュメントウィンドウはタブ表示したり、場合によっては、グループ化およびドッキングしたりすることもできます。
  • ポッド:作業中のファイルの変更や確認に使用されます。文字ポッド、段落ポッド、表書式ポッド、マーカーポッド、変数ポッド、相互参照ポッドなどがポッドの例として挙げられます。ポッドを最小化、グループ化、スタックまたはドッキングすることができます。
pods
  • ステータスバー:ステータスバーには、現在の文書のテキスト書式とページ設定の情報が含まれます。構造化文書の場合、ステータスバーには現在選択しているエレメントのブレッドクラムも表示されます。
status-bar

標準ワークスペース

複数の標準のワークスペースから選択したり、独自のワークスペースを作成したり、両者を切り替ることができます。実際の作業により異なりますが、標準のワークスペースは、ワークスペース間をすばやく切り替えることができるように設計されています。例えば、校閲ワークスペースには、ツールバー、普段使用されるポッド、すばやく文書の校閲ができるように整理されたポッドがあります。以下のワークスペースは設定なしですぐに使用できます。

  • オーサリング
  • 空白
  • デザイン
  • グラフィックを管理する
  • 校閲する
  • XML / 構造化 

ワークスペースを切り替える

ワークスペース間を切り替えるには、アプリケーションバーのワークスペース切り替えコントロールから、任意のワークスペースを選択します。

switch-workspace

カスタムワークスペースを保存する

ワークスペースを一から作成することも、既存のワークスペースをベースとして使用することも可能です。例えば、マーカーを頻繁に使用する作成者の場合、オーサリングワークスペースをベースに、ポッドメニュー(表示ポッドマーカー)からマーカーポッドを追加することができます。同様に、ワークスペースにはポッドを自由に追加または削除できます。必要な要素がすべて揃ったら、カスタムワークスペースとして保存できます。

カスタムワークスペースを保存するには、次の操作を行います。

  1. ワークスペースを任意に設定し、アプリケーションバーのワークスペース切り替えコントロールから「ワークスペースを保存」を選択します。

  2. ワークスペースの名前を入力して、「OK」をクリックします。

    save-workspace

FrameMaker は、セッション全体で最後に使用したワークスペースを記憶します。 校閲ワークスペースで動作している場合、FrameMaker を閉じ、再起動すると、校閲ワークスペースがロードされます。

カスタムワークスペースの名前を変更する

FrameMaker で作成したあらゆるカスタムワークスペースの名前を変更できます。カスタムワークスペースの名前を変更するには、次の操作を行います。

  1. アプリケーションバーのワークスペース切り替えコントロールから、「ワークスペースの管理」を選択します。

  2. ワークスペースを選択して、「名前を変更」をクリックします。

    rename-workspace
  3. 新しい名前を入力して、「OK」を 2 回クリックします。

ワークスペースをリセットする

長いプロジェクトに取り組んでいると、数多くのポッドがワークスペース内のあちこちに開いた状態になることがあります。これによりワークスペースが雑然とし、生産性に影響が生じる恐れがあります。FrameMaker では、ワークスペースを元の状態に素早くリセットすることができます。ワークスペースをリセットすることで、ポッド、ツールバーアイコン、その他の要素が元の状態に戻ります。

ワークスペースをリセットするには、次の操作を行います。

  1. アプリケーションバーのワークスペース切り替えコントロールから、任意のワークスペースを選択します。

  2. ワークスペース切り替えコントロールから、「ワークスペースをリセット」を選択します。

  3. 確認メッセージボックスで「OK」をクリックします。

カスタムワークスペースを削除する

必要のないカスタムワークスペースは削除することができます。 

  1. アプリケーションバーのワークスペース切り替えコントロールから、「ワークスペースの管理」を選択します。

  2. ワークスペースを選択して、「削除」をクリックします。

    delete-workspace

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー