FrameMaker で LwDITA を作成する方法について説明します。

すぐに使える LwDITA サポート

コンテンツのオーサリングと公開には、LwDITA 規格(ベータ)を使用します。アプリケーションマッピング UI で LwDITA オーサリングモードを設定するだけで、Lw-Topic または Lw-Map のオーサリングを開始できます。PDF 出力を生成する場合は、LwDITA テンプレートを個別に構成します。