DITA マップの文書とツリービューの同時使用

DITA マップをリソースマネージャ(ツリービュー)で開くと同時に文書としても開き、メタデータの編集や DITA マップの操作を簡単に実行できるようになりました。