よりスマートな脚注処理

脚注をコンテンツと同じページに配置し、必要に応じて複数の列に分割することで、容易に参照できるようになります。