機能の概要 | Adobe Fresco(2022 年 9 月リリース)

Fresco(バージョン 3.9)の 2022 年 9 月リリースに搭載された新機能と強化機能について説明します。

マルチカラースウォッチで動的な効果を作成する

劇場用の 3D レタリングのような効果をアートワークに適用するには、すべてFresco カラー内のカラーパネルのマルチカラースウォッチを使用します。これらのスウォッチは、ピクセルブラシとライブブラシの両方で使えます。カラーパネルHSB スライダーセクションにある色相スライダーを使用すると、複数のスウォッチのバリエーションを作成することもできます。

内蔵のマルチカラースウォッチを使用すると、カラーの配列を 1 つのブラシストロークにまとめることができます。

Adobe Fresco でマルチカラースウォッチを作成する方法について詳しくは、カラーを参照してください。

モーションパスコントロールで、アートワークを拡大、縮小、回転する

レイヤープロパティの中にあるモーションパスコントロールを使用すると、アニメーションがモーションパスに沿って移動するときに、アートワーク内のアニメーションのサイズを拡大または縮小できます。アニメーションを軸に沿って前後に揺らすこともできます。

フレーム単位のテクニックやモーションパスのテクニックの使用方法について詳しくは、アートワークにモーションを適用する
を参照してください。

ご質問やご意見をお待ちしています

質問や共有したいアイデアがあれば、Adobe Fresco コミュニティまでお寄せください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン