ポジションツールの概要

ポジションツール は、選択したグラフィックを、「変形」コマンド(オブジェクト/変形)やコンテキストメニューのコマンドで直接操作したり、キーボードショートカットを使用してフレーム内でグラフィックを少しずつ移動するために使用します。

ポジションツールは、状況に応じて自動的に変化するツールです。

  • ファイル/配置コマンドを使用した後で、空のグラフィックフレーム、または割り当てなしフレームの上にカーソルを置くと、カーソルがグラフィック配置アイコン に変わり、そのフレームにグラフィックを読み込むことができます。

  • グラフィックの上にカーソルを置くと、カーソルが手のひらツールアイコンに変わり、そのグラフィックを選択してフレーム内で変形することができます。

  • インライングラフィックのバウンディングボックスのハンドル上にカーソルを置くと、カーソルがサイズ変更矢印に変わり、ハンドルをドラッグすることでグラフィックのサイズを変更できます。

  • グラフィックフレーム、またはネストになったフレームの最上位のコンテナの上にカーソルを置くと、カーソルがポジション選択ツール に変わり、マウスポインターの下にあるグラフィックまたはネスとフレームを選択できます。フレームそのものを選択することはできません。

  • テキストフレームの上にカーソルを置くと、カーソルが文字ツール に変わり、テキスト挿入点が表示されます。

ポジションツールオプションの設定

ポジションツールを使用してグラフィックを移動するとき、マウスボタンを数秒間押し続けてからマウスを移動すると、画像のフレームの外側にある部分が半透明で表示されます。このプレビューの表示および遅延を設定することができます。

  1. ツールパネル内のポジションツール をダブルクリックします。
  2. 画像のマスクされた部分を表示から半透明プレビューが表示されるまでの速度を選択するか、無効にできます。

グラフィックの変形

コマンドを使って、グラフィックの移動、拡大 / 縮小、回転、傾斜を行うことができます。

グラフィックの移動

  1. 目的のオブジェクトが含まれるフレームが自分に対してチェックアウトされていることを確認してから、ポジションツール  を使用してオブジェクトを選択します。
  2. オブジェクト/変形/移動を選択します。
  3. 移動ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。
    • グラフィックを移動させる水平距離または垂直距離を入力します。プラスの値を入力すると、オブジェクトは x 軸の下および右方向に移動し、マイナスの値を入力すると上および左方向に移動します。

    • 厳密な距離と角度を指定してオブジェクトを移動させるには、移動の距離と角度を入力します。指定する角度は、x 軸に対する角度です。プラスの角度を指定すると反時計回りに移動し、マイナスの角度を指定すると時計回りに移動します。角度に -360 ~ 360 度の値を入力します。180 ~ 360 度の値は負の値で入力することもできます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • 適用前に確認するには、「プレビュー」を選択します。

    • オブジェクトを移動するには、「OK」をクリックします。

グラフィックの拡大 / 縮小

  1. 目的のオブジェクトが含まれるフレームが自分に対してチェックアウトされていることを確認してから、ポジションツール  を使用してオブジェクトを選択します。
  2. オブジェクト/変形から「拡大 / 縮小」を選択します。
  3. オブジェクトの高さと幅の比率を維持する場合は、拡大・縮小ダイアログボックスで縦横の比率を固定アイコンが選択されていることを確認します。X 値と Y 値の拡大 / 縮小を個別に指定する場合は、このアイコンを選択解除します。この場合、画像が歪む可能性があります。
  4. 水平比率と垂直比率の値をパーセンテージ(90%など)または寸法(6 p など)で入力します。

    拡大 / 縮小の値に負の数を指定することもできます。

  5. 次のいずれかの操作を行います。
    • 適用前に確認するには、「プレビュー」を選択します。

    • オブジェクトを拡大または縮小するには、「OK」をクリックします。

注意:

グラフィックを特定の方向に拡大 / 縮小するには、ポジションツールを使用して、選択したグラフィックのハンドルをドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、縦横比率が維持されます。

グラフィックの回転

  1. 目的のオブジェクトが含まれるフレームが自分に対してチェックアウトされていることを確認してから、ポジションツール  を使用してオブジェクトを選択します。
  2. オブジェクト/変形/回転を選択します。
  3. 「角度」テキストボックスに、回転角度を度数で入力します。負の角度を入力するとオブジェクトが時計回りに、正の角度を入力すると反時計回りに回転します。
  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • 適用前に確認するには、「プレビュー」を選択します。

    • オブジェクトを回転するには、「OK」をクリックします。

グラフィックの傾斜

  1. 目的のオブジェクトが含まれるフレームが自分に対してチェックアウトされていることを確認してから、ポジションツール  を使用してオブジェクトを選択します。
  2. オブジェクト/変形/シアーを選択します。
  3. シアーダイアログボックスで、新しい傾斜角度を入力します。

    傾斜角度とは、傾斜用に設定された軸に対して直角で交わる線を基準にオブジェクトに適用される傾斜量です(傾斜角度は現在の軸から時計回りで適用されます)。

  4. オブジェクトを傾斜させるときの基準軸を指定します。オブジェクトは X 軸(「水平方向」)、Y 軸(「垂直方向」)、任意の角度の軸(「角度」)を基準に歪めることができます。

    「角度」を選択した場合は、垂直軸に対する任意の軸の角度をテキストボックスに入力します。

  5. 次のいずれかの操作を行います。
    • 適用前に確認するには、「プレビュー」を選択します。

    • オブジェクトを傾斜させるには、「OK」をクリックします。

グラフィックに対する変形の消去

  1. 目的のオブジェクトが含まれるフレームが自分に対してチェックアウトされていることを確認してから、ポジションツール  を使用してオブジェクトを選択します。
  2. オブジェクト/変形/変形を消去を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー