この文書では、Adobe InDesign で Microsoft Word ファイルを読み込む方法について説明します。 

A. Word ファイルの読み込み

InDesign では、Word ファイルからテキスト、表、スタイルのデータを読み込み、Word と連携して効率的な作業を行うことができます。また、スタイルとフォーマットを取り去る際に、ローカルオーバーライドを保持することや、カスタマイズした Word ファイルの読み込み用プリセットを保存することもできます。

  1.  Word でドキュメントを作成しておきます。
  2. InDesign を開き、新規ドキュメントを作成します。
  3. 配置したい場所にテキストフレームを作成します。

  4. ファイル/配置 を選択し、作成した Word ドキュメントを選択し「開く」ボタンをクリックます。
    ※ 下記の「B. Microsoft Word の読み込みオプション」も合わせてご確認ください。

  5. 手順3.で作成したテキストフレームにクリックします。

  6. word ドキュメントが配置されます。

 注意 : 以前のバージョンの Micorsoft Word ファイルや他のワープロソフトで作成した互換性のないファイルを読み込みたい場合、リッチテキスト (RTF) 形式か、もしくはその他の互換性がある形式で保存し直して読み込みます。

 注意 : ファイルに InDesign で使用できないフォントが含まれている場合は、警告メッセージが表示されます。その場合、必要なフォントをシステムに追加します。 

B. Microsoft Word の読み込みオプション

Word ファイルの配置時に「読み込みオプションを表示」チェックボックスにチェックを入れると、読み込みオプション が指定できます。読み込みオプションでは、下記のオプションを設定することができます。

 
  • 目次テキスト  : 目次はテキストのみ読み込むことができます。
  • 引テキスト : 索引はテキストのみ読み込むことができます。
  • 脚注 : Word の脚注を、InDesign の脚注として読み込みます。脚注と参照は保持されますが、ドキュメントの脚注の設定に基づいて番号が再割り当てされます。
  • 末脚注  : ストーリーの最後にテキストの一部として、文末脚注を読み込みます。  
  • 英文引用符を使用 : ストレートクォーテーションマーク (" ")、アポストロフィ (’) の代替として、左右の二重引用符 (“ )(”)、アポストロフィ ( ’) を読み込みます。
  • キストと表からスタイルおよびフォーマットを削除  : 読み込んだテキスト(表内のテキストを含む)から、フォント、フォントの色、フォントスタイルなどのフォーマットを削除します。このオプションが選択されていると、段落スタイルとインライングラフィックは読み込まれません。
  • ローカルオーバーライドを保持 : テキストおよび表からスタイルとフォーマットを削除する場合、このオプションを選択することで、段落の一部に適用されている文字のフォーマットを保持することができます。  
  • テーブルを変換  : 表の読み込み方法を選択します。Word ドキュメントの表を、フォーマットされていない基本的な表、もしくはタブ区切りテキストに変換するかを指定します。
  • キストと表のスタイルおよびフォーマットを保持 : Word ドキュメントのフォーマットを InDesign ドキュメントで保持します。
  • 動改ページ : Word ファイルから読み込んだ改ページのフォーマットを指定します。
  • ンライングラフィックを読み込み  : Word ドキュメントのインライングラフィックを InDesign で保持します。
  • 更をトラック  : 読み込んだテキストを InCopy で編集するときにハイライト表示と取り消し線が表示されます。このオプションの選択を解除すると、読み込んだすべてのテキストが 1 つの追加されたテキストとしてハイライト表示されます。変更のトラックは、InDesign ではなく InCopy で確認できます。
  • 未使用のスタイルを読み込み : スタイルがテキストに適用されているかどうかに関わらず、Word ドキュメントに設定されているすべてのスタイルを読み込みます。
  • 箇条書きをテキストに変換 : 段落の設定を保持しますが、箇条書きの数字や中黒を文字として読み込むことができます。InDesign の自動番号リストでリストアイテムが変更されたときには、番号が自動的に更新されません。
  • スタイルを自動的に読み込む : Word ドキュメントのスタイルを InDesign ドキュメントに読み込みます。

    Word ドキュメントの段落または文字のスタイル名と同じスタイル名が InDesign にある場合、「スタイル名の競合」の横に黄色い三角形が表示されます。スタイル名の矛盾は、「段落スタイルの競合」 メニューおよび 「文字スタイルの競合」 メニューからオプションを選択して解決します。
  • スタイル読み込みをカスタマイズ : 読み込まれたドキュメントで Word のスタイルに割り当てる InDesign のスタイルを、スタイルマッピング ダイアログボックスで選択することができます。
  • プリセットを保存 : 現在の Microsoft Word 読み込みオプションの設定を、後で再利用できるように保存します。

C. Word のスタイルと InDesign のスタイルをマッピング

読み込みオプションで「スタイル読み込みをカスタマイズ」を選択して「スタイルマッピング」ボタンをクリックスト、Word ドキュメントを InDesign に読み込む前に、Word ドキュメントで使用されている各スタイルを、InDesign スタイルにマップできます。スタイル名の競合がない場合は、「新規段落スタイル」、「新規文字スタイル」を選択するか、または既存の InDesign スタイルを選択します。スタイル名の競合があった場合、InDesign でどのように競合を処理するかを指定します。

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー