InDesign と macOS Catalina(10.15)

ExtendScript Toolkit が開かない

問題

macOS 10.14 以前のバージョンで、InDesign のスクリプトパネル(ウィンドウユーティリティスクリプト)でスクリプトを編集すると、ExtendScript Toolkit が表示されます。このツールキットは 32 ビットアプリケーションです。macOS 10.15(Catalina)は 64 ビットアプリケーションのみをサポートするため、ExtendScript Toolkit は起動しません。

解決策

ExtendScript Toolkit は ExtendScript Debugger 1.1.0 に代わりました。

macOS 10.15 以降で JavaScript の編集またはデバッグを行うには:

  • /Applications フォルダーに Visual Studio Code をダウンロードしてインストールします。
  • Visual Studio Code アプリケーションの Extensions にある ExtendScript Extension(ESTK)をインストールします。

プラグインが見つからないか、確認されない

macOS 10.15 でプラグインが隔離され、以下のいずれかのエラーが返されます。

  • InDesign:「ファイルが見つかりません」エラー
  • OS:「デベロッパを確認できないため、プラグインを開けません

web からダウンロードされたプラグインや、ドラッグ&ドロップなどの方法でインストールされたプラグインが公証されていないと、この問題が発生します。

  • このようなプラグインがインストールされた後で macOS 10.15 にアップデートした場合、この問題は発生しません。
  • macOS 10.15 にアップグレードした後にプラグインをインストールすると、このエラーが発生する場合があります。

解決策

サードパーティのデベロッパーから、macOS 10.15 に公証された最新のプラグインを取得します。InDesign は Apple から公証されたプラグインを読み込みます。

 

回避策

管理者権限があれば、公証されていない古いプラグインから隔離フラグを削除できます。プラグインが InDesign アプリケーションのプラグインフォルダーにインストールされている場合は、次のコマンドを実行します。

sudo xattr -r -d com.apple.quarantine /Applications/Adobe\ Indesign\ 2019/Plug-ins/<plug-in-name>

 

プラグインが隔離されているかどうかの確認

プラグインが隔離されているかどうかを確認するには、ターミナルを使用します。

プラグインが InDesign アプリケーションのプラグインフォルダーにある場合:

% ls -l@ /Applications/Adobe\ Indesign\ 2019/Plug-ins/<plug-in-name>/

 注意:<plug-in-name> は、修正する実際のプラグインの名前に置き換えます。

次の結果が返されます。

total 0 drwxr-xr-x@ 6 <username> wheel 192 Sep 26 15:11 Contents com.apple.quarantine 22

com.apple.quarantine 22 は、プラグインが隔離されていることを表します。

サードパーティが開発したプラグインの場合

macOS 10.15(Catalina)では、サードパーティプラグインの開発とデバッグはサポートされていません。macOS でプラグインを開発するには、次の必要システム構成が必要です。

  • Xcode 9.2
  • macOS 10.13 または 10.14
アドビのロゴ

アカウントにログイン