InDesign 2017 リリース
Adobe_InDesign_CC_mnemonic_RGB_128px

InDesign CC 2017 リリースは、パフォーマンスの高速化、卓越した安定性、効率的な機能により、デザイナーの差し迫ったニーズに対応しながら日常のワークフローを円滑化します。

InDesign CC の以前のリリースで導入された機能の概要については、機能の概要 | InDesign CC 2015 リリースを参照してください。


最新のユーザー体験

InDesign CC の新機能(2017 年 4 月)

本リリースの InDesign には、フラットで目に優しい最新のユーザーインターフェイスが備わっています。ツールおよびパネルに新しいアイコンが追加されました。ユーザー操作性を最適化するための 4 つのカラーオプション(やや暗めやや明るめ)のいずれかを選択して、インターフェイスを変更することができます。

詳しくは、ワークスペースの基本を参照してください。

ユーザーインターフェイス
明るさを「明」に設定した場合の新旧ユーザーインターフェイスの比較

A. 旧ユーザーインターフェイス B. 現在のユーザーインターフェイス(InDesign CC 2017 年 4 月リリース) 
使用可能なカラーテーマ
使用可能なカラーテーマ

段抜きの脚注

InDesign CC の新機能(2016 年 11 月)

複数の段があるテキストフレームで作業する際、複数の段にまたがる脚注を特定のテキストフレームまたは文書全体に挿入できるようになりました。この機能を有効にするには、脚注オプションの「脚注の段抜き」オプションを選択します。このオプションでの選択により、ドキュメントのすべての脚注が、複数の段にまたがって表示されるか、元の動作に戻るかのいずれかに設定されます。

InDesign CC 2017 で新しいドキュメントを作成すると、脚注を複数の段にまたがって表示するオプションがデフォルトで有効になっています。ただし、このオプションは、以前のバージョンで作成された既存のドキュメントではデフォルトで無効になっています。

詳しくは、脚注を参照してください。

OpenType の機能強化

InDesign CC の新機能(2016 年 11 月)

InDesign のこのリリースでは、OpenType プロパティが見つけやすくなっています。テキストまたはテキストフレームの選択時に、バッジをクリックすると、選択したテキストに適用可能な OpenType プロパティがコンテキストメニューとして表示されます。また、特定の OpenType プロパティの外観をプレビューすることもできます。フォントが混合されている場合は、すべてのフォントの OpenType プロパティが表示されます。

テキストフレーム選択のためのコンテキストメニュー

複数の文字に OpenType プロパティを適用できます。テキストフレームまたはテキストフレーム内のテキストを選択すると、選択したテキストに適用可能な OpenType プロパティが自動的に識別され、候補として表示されます。

コンテキストメニュー
適用可能な OpenType プロパティの一覧を示すコンテキストメニュー

詳しくは、フォントの使用をご覧ください。

上付き序数表記と合字のコンテキストサポート

コンテキストメニューを機能拡張し、これまでの異体字と分数に、上付き序数表記と合字(任意/欧文)を加えました。1st、2nd、3rd などを選択すると、自動的に上付き序数表記が候補として表示されます。現在のところ、上付き序数表記は英語のみに対応しています。

また、「Start」などの単語から「st」を選択し、その文字に任意の合字が含まれる場合は、その合字が候補として表示されます。欧文合字にも同様に適用されます。

上付き序数表記と合字のコンテキストサポート
上付き序数表記と合字のコンテキストサポート

詳しくは、フォントの使用および文字の書式設定を参照してください。

デザインのセット

通常、OpenType フォントにはデザインのセットが含まれます。InDesign では、そのようなデザインのセットは Set 1、Set 2 のように表示されるため、どのようなデザインのセットであるかを名前から容易に判断することができません。このリリースでは、デザインのセット名が使用され、InDesign で参照された様々な場所に表示されるようになりました。

詳しくは、フォントの使用をご覧ください。

InDesign CC の新機能(2016 年 11 月)

以前のバージョンの InDesign では、ハイパーリンクパネルに接続されたハイパーリンクが複数のドキュメントに含まれる場合、読み込みが遅くなっていました。このリリースでは、ハイパーリンクパネルが高速で読み込まれるため、以前のバージョンと比べてパフォーマンスが大幅に向上しています。

線の矢印の拡大 / 縮小

InDesign CC の新機能(2016 年 11 月)

このリリースの InDesign では、矢印の拡大・縮小がサポートされています。矢印の始点、終点の線幅をそれぞれ別々に拡大および縮小できるようになり、線パネルのコントロールを使用してワンクリックで切り替えることができます。

線の矢印の拡大 / 縮小
線の矢印の拡大 / 縮小オプション

詳しくは、線の設定の適用を参照してください。

UI の機能強化

InDesign CC の新機能(2016 年 11 月)

コントロールパネルのカスタマイズオプションの利便性向上

コントロールパネルのカスタマイズ機能をコントロールパネルで使用できるようになりました。また初期設定では、このオプションをクリックすると、関連するツールのウィジェットが表示されます。

コントロールパネルをカスタマイズ
コントロールパネルをカスタマイズ

パネルのタブの高さについての環境設定

最新の InDesign では、環境設定にタブの高さを増やすオプションが追加されました。 環境設定/インターフェイス/パネル/大きなタブで設定します。

大きなタブの環境設定
パネルおよびドキュメントのタブの高さについての環境設定

詳しくは、ワークスペースの基本を参照してください。

InDesign CC の新機能(2016 年 11 月)

Adobe ヘルプに加え、Adobe Stock アセットも InDesign から直接検索できるようになりました。Adobe Stock のアセットを検索するには、検索ボックスの横にあるドロップダウンから「Adobe Stock」を選択します。

Adobe Stock
Adobe Stock を検索

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー