エラー | ローカルカタログが損傷しています

問題

Lightroom の起動時に、次のようなエラーが発生します。

一部の写真を移動できません

写真を移動できません

解決策

カタログの同期状態に応じて次の操作を行ってください。同期の状態を確認するには、右上隅の同期アイコンをクリックします。

同期ステータス
同期ステータス

すべての画像が同期され、バックアップされている

カタログの同期が完了しているか、Lightroom にまだアセットを配置していない場合は、カタログ情報が同期され、ローカルカタログが復元されるように、ローカルの MCAT ファイルの名前を変更できます。

  1. Lightroom を閉じます。

  2. 次の場所に移動してローカルの MCAT ファイルを探し、名前を Managed Catalog.mcat から Managed Catalog.old に変更します。

    Windows

    • ユーザー/[ユーザー名] /AppData/Local/Adobe/Lightroom CC/Data/ [カタログ ID の文字列]
    Windows での MCAT ファイルの場所
    Windows での MCAT ファイルの場所

    A. ユーザー名 B. カタログ ID 文字列 

    注意:

    システムに複数のカタログ ID 文字列が存在する場合は、こちらの手順に従って、カタログの正しい ID 文字列を特定してください。

    macOS

    • ユーザー/[ユーザー名] /ピクチャ
    • Lightroom Library.lrlibrary を探して右クリックし、「パッケージの内容を表示」を選択します。
    macOS での MCAT ファイルの場所

    • [カタログ ID 文字列]/Managed Catalog.mcat の順に移動します。
    macOS での MCAT ファイルの場所
    macOS での MCAT ファイルの場所

    A. カタログ ID 文字列 

    注意:

    システムに複数のカタログ ID 文字列が存在する場合は、こちらの手順に従って、カタログの正しい ID 文字列を特定してください。

  3. 同じ場所から previews フォルダーと previews.db ファイルを削除します(存在する場合)。

  4. Lightroom を起動して、カタログの同期を許可します。

クラウドからローカルデスクトップにカタログを同期する場合、処理に時間がかかることがあります。右上隅の アイコンに進行状況が表示されます。同期が完了すると、新しい Managed Catalog.mcat ファイルが作成されます。

注意:

カタログが完全に復元されたことが確認できるまで、古い MCAT ファイルを維持してください。確認できた後は Managed Catalog.old ファイルを削除できます。

一部の画像が同期されていない

Lightroom の同期が完了していない場合、次のいずれかの原因で問題が発生している可能性があります。

シナリオ 1

元の画像がすべて Lightroom モバイル版または Lightroom Web ギャラリーから読み込まれているか、Lightroom Classic からスマートプレビューとして同期されている。

この場合は、上記の手順で Lightroom カタログを復元します。

シナリオ 2

元の画像の一部またはすべてが Lightroom デスクトップ版から読み込まれている。

この場合は、次の手順に従ってください。

  1. 以下の場所に移動して、元の画像を探します。

    Windows

    • ユーザー/[ユーザー名] /AppData/Local/Adobe/Lightroom CC/Data/ [カタログ ID の文字列]/originals
    Windows での originals フォルダー
    Windows での originals フォルダー

    A. ユーザー名 B. カタログ ID 文字列 

    注意:

    システムに複数のカタログ ID 文字列が存在する場合は、こちらの手順に従って、カタログの正しい ID 文字列を特定してください。

    macOS

    • ユーザー/[ユーザー名] /ピクチャ
    • Lightroom Library.lrlibrary を探して右クリックし、「パッケージの内容を表示」を選択します。
    macOS での MCAT ファイルの場所

    • [カタログ ID 文字列]/originals の順に移動します。
    macOS での originals フォルダー
    macOS での originals フォルダー

    A. カタログ ID 文字列 

    注意:

    システムに複数のカタログ ID 文字列が存在する場合は、こちらの手順に従って、カタログの正しい ID 文字列を特定してください。

  2. バックアップとして originals フォルダーをコピーし、デスクトップにペーストします。これにより、必要であれば不足ファイルを再度読み込むことができます。

  3. 上記の手順で Lightroom カタログを復元します。

  4. Lightroom の同期が完了するまで待ちます。

  5. 画像の同期が完了したら、復元したカタログにない画像を以前に作成したバックアップから読み込みます。 

    注意:

    再度読み込んだ画像には、バックアップ前に行った変更は反映されていません。

カタログ ID 文字列を特定する

システムに複数のカタログ ID 文字列が存在する場合は、以下の手順に従って、カタログの正しい ID 文字列を特定してください。

  1. Adobe ID で https://lightroom.adobe.com にログインします。

  2. カタログ ID 文字列が URL に表示されます。

    カタログ ID 文字列を特定する
    カタログ ID 文字列を特定する

アドビのロゴ

アカウントにログイン