Lightroom モバイル版(iOS)でのビデオの編集

切り抜きプリセット、部分補正を適用して、ビデオを補正し、他のユーザーと簡単に共有できます。

Lightroom モバイル版(iOS)で、ビデオクリップの切り抜きおよび編集が可能になりました。2022年6月のリリース以降、Lightroom モバイル版(iOS)では、編集コントロールの適用およびビデオの切り抜きが簡単に実行できるようになりました。

この記事では、次の操作をより詳しく理解できます。

Lightroom モバイル版(iOS)でのビデオの読み込み

Lightroom モバイル版(iOS)アプリでビデオの編集を開始するには、次の手順に従います。

  1. ルーペ表示で、画面下部にある写真を追加アイコンをタップしてビデオを追加します。

    Lightroom(iOS)の読み込み画面
    Lightroom(iOS)の読み込み画面

  2. 読み込むビデオをタップします。

  3. 複数のビデオを同時に読み込むには、すべてのビデオをタップして選択し、「完了」をクリックします。

注意:

ビデオを編集するには、設定アイコンをクリックして「ビデオ画質」を選択します。これはデフォルトで「オリジナル」です。

Lightroom モバイル版(iOS)でのビデオへのプリセットの適用

注意:

一部のプリセットは、補正コントロールとの互換性が限られているため、ビデオとの互換性が部分的になっています。「プリセット」を選択すると、ビデオに対応しているすべての拡張機能が自動的に適用されます。

レトロ白黒ビデオプリセットなどのプリセットを使用して、編集のニーズに応じてビデオを 1 クリックで補正できます。

Lightroom(iOS)でビデオにプリセットを適用

  1. 編集するビデオを開き、画面下部のプリセットアイコンをタップします。

  2. プリセットパネルでは、次のいずれかのカテゴリから目的のプリセットを選択できます。

    プレミアムプリセット

    これらのプリセットはリリースごとに更新され、アダプティブポートレート旅行シネマビデオなどのカテゴリが含まれます。

    このユーザー

    Lightroom で自分で作成または保存したすべてのプリセットと、すべての既定のプリセットが含まれます。

    Lightroom(iOS)でのプリセット
    Lightroom(iOS)でのプリセット

  3. プリセットをビデオに適用するには、プリセットをクリックします。

  4. プリセットの適用量は、適用量スライダーを使用して調整します。0 から 100 の間で設定できます。

プリセットの詳細については、「写真の編集」を参照してください。

Lightroom でのビデオの切り抜き

Lightroom(iOS)でビデオを切り抜くには、次の手順に従います。

  1. 編集パネルで、切り抜くビデオを開きます。

  2. 次に、画面の下部にある切り抜きアイコンをタップします。

  3. ビデオの下部にあるスライダーをドラッグして調整し、削除する部分を切り抜きます。 

ビデオのライト、カラーおよび効果を調整

 部分補正の編集スライダーを使用して、ビデオのライトカラー効果をすばやく調整できます。

ライト

ライトパネルの編集スライダーを使用して、ビデオの階調範囲を調整します。

Lightroom(iOS)のライトツール
ライトツールでの部分補正

  • 露光量:このスライダーは、ビデオの明るさの調整に使用します。ビデオを暗くするにはスライダーを左に、ビデオを明るくするには右に動かします。
  • コントラスト:明るいカラーと暗いカラーのコントラストを指定します。コントラストを弱くするにはスライダーを左に、強くするには右に動かします。
  • ハイライト:ビデオの明るい部分の明るさを調整します。ハイライトを暗くしてディテールを際立たせるにはスライダーを左に、明るくしてディテールを目立たなくさせるには右に動かします。
  • シャドウ - 影を濃くするにはスライダーを左に、明るくしてディテールをはっきりさせるには右に動かします。
  • 白レベル - ビデオの白色点を設定します。カラーを完全にホワイトに表示するには、スライダーを右に移動します。
  • 黒レベル - ビデオの黒色点を設定します。カラーを真っ黒に表示するには、スライダーを左に動かします。

階調範囲の詳細については、「階調範囲の調整」を参照してください。

カラー

カラーパネルの編集スライダーを使用すると、ビデオのホワイトバランスをすばやく簡単に調整できます。

iOS のカラーパネル
カラーツールでのローカル調整

  • 色温度:ビデオのイエロー/暖色またはブルー/寒色の色合いを設定します。
  • 色かぶり補正:このコントロールでは、ビデオのグリーンやマゼンタの色合いを設定します。
  • 自然な彩度 - このコントロールを使用して、ビデオ内の落ち着いた色合いの強さを調整します。
  • 彩度 - このコントロールを使用して、ビデオ内のすべてのカラーの強さを調整します。
注意:

現在、Lightroom(iOS)のビデオ編集では、「カラーグレーディング」、「カラーミキサー」、「ポイントカーブ」、「トーンカーブ」の各オプションはサポートされていません。

ホワイトバランスの詳細については、「カラーを調整」を参照してください。

効果

効果パネルの周辺光量補正調整スライダーおよび粒子調整スライダーを使用して、ビデオに効果を適用できます。

Lightroom(iOS)の効果ツール
Lightroom(iOS)の効果ツール

  • ぼかし - 値が小さいほど、周辺光量補正された部分とその周辺ピクセルとの差が大きくなります。値が大きいほど、穏やかに変化します。
  • 中心点:値が小さいほど、適用量の調整が四隅から離れた広い領域に適用されます。値が大きいほど、調整の適用は四隅に近い領域に限定されます。
  • 丸み:値が小さいほど、周辺光量補正効果がより楕円的に適用されます。値が大きいほど、周辺光量補正効果がより真円的に適用されます。
  • ハイライト:適用量が負の値のときに、コントラストを保持したままハイライトの度合いを調整します。ろうそくやランプなど、ハイライト領域が小さいビデオに適しています。
  • 粒子 - このスライダーを使用して、ビデオにフィルム粒子を追加します。
  • サイズ - 粒子のサイズを指定します。25 以上のサイズを指定すると、ブルーが追加され、ノイズ軽減により効果が改善されます。
  • 粗さ - 粒子の規則性を設定します。左に動かすとより均一な粒状感が得られ、右に動かすとより不規則な粒状になります。

効果の詳細については、「効果の適用」を参照してください。

Lightroom(iOS)でのビデオの書き出し

必要な編集をビデオに適用したら、次の手順に従ってビデオを書き出します。

  1. ビデオの編集が完了した後、画面上部の「共有」アイコンをタップします。 

    Lightroom(iOS)の書き出し画面
    Lightroom(iOS)の書き出し画面

  2. ビデオをエクスポートするために、書き出しのビデオ設定をタップします。

    • ビデオ形式:「MP4」または「元画像
アドビのロゴ

アカウントにログイン