Lightroom(Android)でのマスク

Lightroom for mobile (バージョン 7.0)の 2021 年 10 月リリースでは、さらに整理されたマスクパネルが導入され、写真の特定の部分をより正確に編集し、クリエイティブにコントロールできるようになりました。

被写体を選択」や「空を選択」などの AI の技術を活用した機能により、写真の被写体や空を自動的に選択できます。このため、その選択範囲をすばやく補正することができます。「ブラシ」、「線形グラデーション」、「円形グラデーション」、「カラー範囲」、「輝度範囲」、「奥行き範囲」マスクなどのマスクツールを使用して、想像力を発揮しましょう。

注意:

マスク」の「被写体を選択」および「空を選択」などの特定の機能は、6 GB を超える RAM を搭載した Android デバイスでのみサポートされます。4 GB~6 GB の RAM を搭載したデバイスでは、テクノロジープレビュー(完全に本番環境に対応していない可能性があるが、試用が可能な機能)を使用できますが、メモリ不足のためにクラッシュが発生することがあります。4 GB 未満の RAM を搭載したデバイスでは、これらの機能は使用できません。

新しいマスクを作成

  1. 編集パネルで写真を読み込むか、開きます。

  2. 画面の下部にあるマスクアイコンをタップします。

    マスク

  3. 画面の左側にある「+」アイコンをタップし、お好みのマスクツールを使用して「新しいマスクを作成」します。初期設定の「マスク 1」が、マスクパネルに作成されます。このマスクの名前を変更するには 3 点メニューをクリックして、「名前変更」を選択します。

  4. ツールを使用して、編集する領域を選択します。次に、画面下部の編集スライダーを使用して、部分補正をおこないます。これらのスライダーの詳細については、部分補正を参照してください。

  5. 新しいマスクを追加するには、マスクパネルから、「新しいマスクを作成」をクリックし、使用するツールを選択します。このようにして、同じ写真で異なるツールを使用し、効率的にアクセスできます。

マスクツール

次のマスクツールを使用して選択します。

ブラシ

編集する領域上でブラシツールをタップしてドラッグします。

ブラシ

A. 消しゴム B. サイズ C. ぼかし D. 流量 E. 反転 F. 削除 

画面の左側にある対応するアイコンを使用して、次の設定項目を指定します。
  • サイズ - ブラシの先の径をピクセル単位で指定します。
  • ぼかし - ブラシがあたった範囲とその周りのピクセルとの間に、エッジをぼかした移行部分を作成します。
  • 流量 - 補正の適用率をコントロールします。

より正確な選択範囲を作成するには、画面の左側にある消しゴムツールを使用して、マスク領域を消去します。

線形グラデーション

編集する領域で青いピンをドラッグします。これは、徐々にフェードするパターンを使用してソフトな移行部分を作成し、写真の大部分を補正する場合に便利です。

線形グラデーション
Lightroom for mobile(Android)での線形グラデーション

A. 反転 B. 削除 

  • オーバーレイの中央にある青いピンをドラッグして選択します。
  • 外側のグラデーションの中央の白い線にタップして回転させ、オーバーレイの傾き(角度)を調整します。
  • 効果を対象範囲の端で最も強くするには、外側のグラデーションの白い線のいずれかを写真の縁の方へタップしてドラッグします。写真の中央に向けてドラッグすると、対象範囲の端で効果が弱くなります。
  • 消しゴムツールを使用して、マスク領域の一部を消去します。

円形グラデーション

青いピンをドラッグして、編集する写真の領域を選択します。このツールは、楕円形の内側または外側で部分補正を行うのに便利です。ぼかしスライダーを使用して、補正の緩やかさを指定します。

radial-gradient

A. ぼかし B. 反転 C. 削除 

  • 写真のオーバーレイを移動して位置決めするには、選択オーバーレイの中央にある青いピンをドラッグします。
  • サイズとシェイプを調整するには、白いピンをドラッグします。
  • 円形選択オーバーレイのぼかしを調整するには、画面の左側にあるぼかしコントロールをドラッグします。
  • 円形選択オーバーレイの編集を適用するか、円形選択マスクを反転させるには、左側の反転アイコンをタップします。

色範囲

このツールを使用して、マスク領域内のカラーをサンプリングします。次のいずれかの操作をおこないます。

カラー範囲マスク

A. カラーを変更 B. 除外 C. 反転 D. 削除 

  • 補正する写真のカラーの周りの領域を、タップしながらドラッグします。2 つのモードを使用して、この選択ができます。
  • カラーを変更」オプションを使用すると、カラーサンプルを更新できます。
  • 調整スライダーを調整して、選択したカラーの範囲を狭くしたり広げたりします。
  • 選択した領域を反転するには、「反転」をタップします。
  • 削除」をタップして、カラー範囲マスクを削除します。

輝度範囲

このツールを使用して、写真内のポイントまたは領域を選択します。選択した明るさ範囲を含むすべての領域がマスクになります。この方法で、写真の明るさのレベルだけを正確に調整できます。マスク領域の輝度範囲を選択するには、次のいずれかの操作を行います。

luminance-range-masking

A. 輝度を変更 B. 反転 C. 削除 

  • 輝度を選択スライダーを使用して、輝度範囲を定義します。2 つのモードを使用して、選択ができます。
  • 輝度範囲を変更するには、左側の対応するコントロールで「輝度を変更」をタップします。
  • 選択した領域を反転するには、「反転」をタップします。
  • 輝度範囲マスクを削除するには、「削除」をタップします。

奥行き範囲

このツールは、深度情報を含む写真に対してのみ有効になります。
このツールを使用して、カメラからの距離に基づいて領域を選択します。奥行き範囲を選択して調整するには、次のいずれかの操作を行います。

奥行き範囲マスク

A. 深度の変更 B. 反転 C. 削除 

  • 写真をドラッグして領域ごとに深度を定義するか、深度を選択スライダーを使用して、深度を手動で調整します。
  • 選択を調整するには、「深度を変更」をタップします。
  • ツールを反転するには、「反転」をタップします。
  • マスクを削除するには、「削除」をタップします。

被写体を選択

被写体を選択」では、写真の最も目立つ被写体(人物、動物、前景のオブジェクト)が自動的に検出され、これまで以上に正確に調整できます。写真の被写体を選択するには、次の手順に従います。

  1. 編集する写真を読み込むか、開きます。

  2. 「+」アイコン/被写体を選択をタップします。Lightroom で解析が実行され、最も目立つ被写体が自動的に選択されます。

    select-subject-masking

  3. マスクを調整するには、「追加」または「削除」をクリックします。  画面下部の編集スライダーを使用して、部分補正をおこないます。詳細については、部分補正を参照してください。

空を選択

写真の空を自動的に選択して、特定の調整をおこなうには、「空を選択」をタップします。ここでは、「空を選択」を使用して、マスクを作成する方法を説明します。

  1. 編集する写真を読み込むか、開きます。

  2. 「+」アイコン/空を選択をタップします。Lightroom が写真の空を自動的に選択し、マスクがオーバーレイ(デフォルトでは赤)として表示されます。

    select-sky-lightroom
    Lightroom for mobile(Android)で、空を選択します。

  3. マスク領域を微調整した後で、部分補正を行って正確な写真編集ができるようになりました。詳細については、部分補正を参照してください。

マスクに追加

マスクを作成したら、マスクツールを使用してマスクに追加できます。既存のマスクを追加するには、次の手順を実行します。

  1. 既存のマスクに追加するには、3 点アイコンをタップして、「マスク 1 に追加」をタップします。

  2. マスクツールの 1 つを選択して、新しいマスクを追加します。

マスクから削除

マスクを作成したら、マスクツールを使用してマスクから削除できます。既存のマスクから削除するには、次の手順に従います。

  1. マスクパネルの「削除」をクリックします。

  2. マスクツールの 1 つを選択して、マスクから削除します。

マスクとコンポーネントの名前を変更

マスクパネルでマスクまたはコンポーネントの名前を変更するには、次の手順に従います。

  1. 名前を変更するマスクまたはコンポーネントの前にある 3 点アイコンをタップします。

  2. メニューから、「名前変更」を選択します。

  3. マスクの名前を入力して、「OK」をタップします。

マスクコンポーネントを反転

マスクコンポーネントを反転するには、次の手順に従います。

  1. マスクを作成してコンポーネントを反転したら、画面の左側にあるパネルをスライドさせます。

  2. 反転」をタップします。

マスクオーバーレイの編集

マスクオーバーレイのカラーは、次の手順で簡単に編集できます。

  1. マスクパネルで、右上隅にある 3 点アイコンをタップします。
  2. 目的の「カラー」オプションをタップして、オーバーレイカラーを初期設定の赤から青または緑に変更します。

  3. モードメニューをタップすると、白黒カラーオーバーレイ、白黒写真などの複数のオーバーレイモードから選択することもできます。

部分補正

写真に部分補正を行うには、画面下部の編集パネルから補正の種類を選択します。

部分補正
Lightroom for mobile(Android)の補正パネル。

ライト

  • 露光量 - 全体的な画像の明るさを設定します。露光量を部分的に補正することで、従来の覆い焼きと焼き込みに似た効果が得られます
  • コントラスト - 画像のコントラストを調整します。主に中間調で効果が現れます。
  • ハイライト - 画像内の露出過多のハイライト領域のディテールを再現します。
  • シャドウ - 画像内の露出不足のシャドウ領域のディテールを再現します。
  • 白レベル - 写真内の白い点を補正します。
  • 黒レベル - 写真内の黒い点を補正します。

カラー

  • 色温度 - 画像の一部の領域の色温度を上下させて調整します。段階フィルターの色温度効果を使用すると、混光照明の下で撮影した画像を改善することができます。
  • 色かぶり補正 - グリーンまたはマゼンタの色合いを補正します。
  • 彩度 - カラーの鮮やかさを調整します。
  • 色相 - 写真の色相を調整します。「微調整を使用」をタップして、正確な調整ができます。
  • カラー - 部分的な補正の影響を受ける領域に濃淡を適用します。カラースウォッチをドラッグして色相を選択します。写真を白黒に変換した場合も、カラー効果は維持されます。

効果

  • テクスチャ - 写真のテクスチャ加工されたディテールをスムーズにしたり、強調したりします。ディテールをスムージングするにはスライダーを左に動かし、強調するにはスライダーを右に動かします。テクスチャスライダーを調整しても、カラーやトーンは変更されません。
  • 明瞭度 - 部分的なコントラストを増やして画像の奥行きを強調します。
  • かすみの除去 - 写真の既存のかすみを増減します。

詳細

  • ノイズ - シャドウ領域に発生しやすい輝度ノイズを軽減します。
  • シャープ - 写真のエッジの鮮明度を強調して細部を際立たせます。負の値を指定すると細部がぼやけます

レンズ

  • モアレ - モアレアーチファクト、つまりカラーエイリアシングを除去します。
  • フリンジ軽減 - エッジのカラーフリンジが除去されます。
アドビのロゴ

アカウントにログイン