Photos または Aperture ライブラリからの移行

macOS で写真を Photos アプリまたは Aperture から Lightroom Classic にすばやく移行する方法は次のとおりです。

  1. 既存の Lightroom Classic カタログがある場合は、カタログをバックアップします。

  2. macOS の Lightroom Classic で、ファイル/プラグインエクストラを選択します。

    Photos または Aperture ライブラリの読み込み
    Photos または Aperture ライブラリの読み込み
  3. Aperture ライブラリから読み込むまたは iPhoto ライブラリから読み込むを選択します。

    注意:

    特定の写真を Aperture ライブラリから Lightroom Classic に移行する場合は、それらを新しい Aperture ライブラリに書き出してから、新しいライブラリを移行します。

  4. ライブラリは自動的に検出されます。

    必要に応じて、別のライブラリを選択できます。  画像は新しい場所にコピーされます。デフォルトの場所が表示されますが、別のフォルダーを選択することもできます。

    オプションをクリックして、使用できるプレビュー、キーワード、カラーラベル、スタックの Lightroom Classic での処理方法を確認します。

  5. 「読み込み」をクリックします。

Lightroom Classic に移行されるもの

メタデータ

  • フラグ
  • 評価
  • キーワード
  • GPS データ
  • 顔:顔の命名タグはキーワードにマップされます
  • 除外:Aperture で除外として指定されたファイルは、コレクション/Aperture から/Aperture で除外された写真に読み込まれます
  • 情報パネル:情報パネルに入力できるメタデータ(IPTC など)
  • 非表示のファイル:Photos で非表示として指定されたファイルは、コレクション/iPhoto から/iPhoto で非表示の写真に読み込まれます
  • Aperture のカラーラベル:カラーラベルはキーワード(赤、オレンジなど)にマップされます。これには、カスタムラベル名のサポートが含まれます

整理

  • Aperture のスタッキング:スタック情報はキーワード(Aperture スタック 1、Aperture スタック 2 など)にマップされます
  • Aperture のプロジェクト / フォルダー / アルバム階層は、Lightroom Classic のコレクションセットおよびコレクションに可能な限り近くにマップされます
  • Photos のイベント / フォルダー / アルバムは、Lightroom Classic のコレクションセットおよびコレクションに可能な限り近くにマップされます
  • Aperture のバージョン は、Lightroom Classic の仮想コピーに変換されます(調整なし)

編集

  • Aperture/Photos で編集した画像が最新の場合は、それらの フルサイズの JPEG プレビューを読み込むように選択できます。このオプションは初期設定でオフになっています。 Lightroom Classicでは、元の写真を使用してプレビューを自動的にスタックできます。
    • 設定を含むファイルから生成されるフルサイズの JPEG プレビューには、マスターに適用されたメタデータ(キーワード、評価、フラグ、GPS データ)は含まれません。
    • フルサイズの JPEG プレビューが複製されるのは、最初に同じ Photos ライブラリによって読み込まれ、その後(ファイル名の違いにより)Photos から Aperture にアップグレードされたライブラリから読み込まれた場合です。

注意:

このプラグインは、管理および参照される Aperture ライブラリと Photos ライブラリの両方の移行をサポートしています。 

  • ファイルが Aperture で管理されている場合(Aperture の初期設定)、Lightroom Classic ではファイルを現在の場所にそのまま残し、選択した場所にファイルを複製します。
  • ファイルが Aperture から参照されている場合、Lightroom Classic では現在の場所にファイルを残すか、新しい場所にファイルを複製するかを選択できます。

Lightroom Classic に移行されないもの

Photos/Aperture の一部の機能は、Lightroom Classic と互換性がありません。これには以下が含まれます。 

  • 画像調整:Aperture と Lightroom は異なる画像処理エンジンを使用しているため、Lightroom は Aperture でおこなわれた調整を読み取ることができません。次のいずれかを実行できます。
    • Lightroom Classic を使用して、ファイルを再編集します。
    • Aperture を使用して、フル解像度で編集した写真を書き出し、元の写真とともに保存します。
  • スマートアルバム
  • 関心のある顔タグ領域:顔の命名タグはキーワードにマップされます
  • カラーラベル:オプションでキーワードとして
  • スタック:オプションでキーワードとして。Aperture はアルバム間でスタックを共有しますが、Lightroom は共有しません
  • 対応するコレクション以外のあらゆる種類の作品(ブック、Web ギャラリーなど)
  • PSD ファイルは、「互換性を優先」を有効にして保存した場合のみ、Lightroom に読み込むことができます。

追加情報

2014 年 6 月、Apple は Aperture の開発中止を発表しました。その後、5 つの主要な macOS アップデートをリリースしました。技術的な理由から、Aperture は macOS Mojave 以降の macOS バージョンでは実行されません。 詳しくは、このAppleのマニュアルを参照してください

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー