Photoshop Lightroom Classic の 2017 年 10 月のリリースで更新

注意:

Photoshop Lightroom Classic (旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom のヘルプを表示してください。

読み込む写真を選択したら(ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込むまたはカメラやカードリーダーから写真を読み込むを参照)、読み込みウィンドウの右側のファイル管理パネル、ファイル名変更パネル、読み込み時に適用パネルを使用して、Lightroom Classic カタログに入れる写真に対するオプションを指定します。

読み込み中の写真のバックアップ

写真をカタログにコピーまたは移動する場合は、元の写真ファイルの一時コピー(バックアップ)を作成できます。読み込みウィンドウの右側のファイル管理パネルで、「別のコピーの作成先」を選択して、場所を指定します。

注意:

これとは別に、写真やカタログは定期的にバックアップしてください。Lightroom Classic のバックアップについて詳しくは、カタログのバックアップを参照してください。

読み込み時に重複を無視

Lightroom Classic では、カタログ内の別のファイルと同じ元のファイル名、Exif 撮影日時およびファイルサイズを持つ写真を重複ファイルと判断します。読み込みの際に重複ファイルを無視するように設定することができます。

  1. 読み込みウィンドウの右側のファイル管理パネルで、「重複を読み込まない」を選択します。

初期プレビューの指定

Lightroom Classic への写真の読み込み時には、写真に埋め込まれているプレビューを即時に表示するか、Lightroom Classic CC で生成した高画質プレビューが完成した時点で表示することができます。埋め込みプレビューはカメラによって生成され、カラーマネジメントが適用されていないため、該当する Camera Raw ファイルを Lightroom Classic に読み込んだ結果の画像とは一致しません。Lightroom Classic によりレンダリングされるプレビューは、時間がかかりますが、カラーマネジメントが適用されています。

  1. 読み込みウィンドウの右側のファイル管理パネルで、プレビューを生成メニューからオプションを選択します。

    最小

    写真に埋め込まれている最小のプレビューを使用して画像がすぐに表示されます。必要に応じて、標準サイズのプレビューが生成されます。

    埋め込みとサイドカー

    カメラから取得可能な最大のプレビューが表示されます。このオプションを選択すると、最小のプレビューより表示に時間が掛かりますが、標準サイズのプレビューをレンダリングするより時間を短縮できます。詳細については、埋め込みプレビューの使用を参照してください。

    標準

    Lightroom Classic でレンダリングしたプレビューが表示されます。標準サイズのプレビューは Adobe RGB カラースペースを使用し、ルーペ表示でズームレベルを「全体」にした場合と同じ表示になります。カタログ設定ダイアログボックスで、標準プレビューサイズを指定します。カタログ設定のカスタマイズを参照してください。

    1:1

    実際のピクセルの 100% のサイズのプレビューを表示します。

  1. 読み込んだ写真のスマートプレビューを作成するには、スマートプレビューを生成を選択します。

    スマートプレビューでは、コンピューターに物理的に接続されていない画像を編集することができます。スマートプレビューファイルは、非可逆 DNG ファイル形式に基づく、軽量、小型のファイル形式です。詳しくは、スマートプレビューを参照してください。

埋め込みプレビューの使用

埋め込みプレビューは、読み込みウィンドウの右上隅にあるファイル管理メニューの埋め込みとサイドカーで「プレビューを生成」オプションを選択した場合に生成されます。

読み込みウィンドウ内の「埋め込みサイドカー」オプション
読み込みウィンドウ内の「埋め込みサイドカー」オプション

このプレビューオプションを選択した場合、ライブラリモジュールで多くの画像をすばやくスクロールできます。また、1:1 へのズームをよりすばやく実行することもできます。組み込みプレビューのレンダリングでは、閲覧しているフォルダーによってプレビューの優先順位付けがおこなわれます。例えば、複数のフォルダーに画像を読み込んで追加する場合は、画像が追加されたらすぐに、画像をスクロールし始めることができます。

ライブラリモジュールでは、埋め込みプレビューであることは、下で示すように、グリッド表示では アイコン、ルーペ表示ではオーバーレイテキスト「埋め込みプレビュー」で示されます。

ライブラリモジュール内の埋め込みプレビューを特定します。
(左)グリッド表示での画像サムネールの左上にある埋め込みプレビューアイコン。(右)ルーペ表示での画像の右下にあるオーバーレイテキスト「埋め込みプレビュー」。

埋め込みプレビューの標準プレビューへの置き換え

ライブラリモジュールでは、埋め込みプレビューを編集するか、他のプレビューを生成することを選択するまで、埋め込みプレビューが保持されます。Lightroom Classic の環境設定の設定値を使用すると、システムが待機状態になるたびに、埋め込みプレビューを標準プレビューに自動的に置き換えるようにすることができます。この環境設定の設定値を選択するには、次の手順に従います。

  1. メニューバーから、編集(Win)または Lightroom(Mac)/環境設定の順に選択します。
  2. 環境設定ダイアログで、「一般」タブに移動します。
  3. 読み込みオプション」セクションで、「待機中に埋め込まれたプレビューを標準プレビューに置き換えます」を選択します。デフォルトでは、このオプションは選択解除されています。

読み込み時における写真の名前変更

読み込み時に写真をカタログにコピーまたは移動する場合は、ファイルの命名方法を指定できます。

  1. 読み込みウィンドウの右側のファイル名の変更パネルで、「ファイル名を変更」を選択します。
  2. テンプレートポップアップメニューから命名オプションを選択します。選択の説明については、命名オプションを参照してください。カスタム名を使用するオプションを選択した場合は、「カスタムテキスト」フィールドに名前を入力します。

  3. (オプション)カスタムの連番の開始番号を「1」以外にする場合は、その番号を「開始番号」フィールドに入力します。

読み込み時における写真への現像設定の適用

写真の読み込み時に、現像設定プリセットを写真に適用できます。特定のカメラ用に現像プリセットを作成してある場合は、この機能を使用してそのカメラで撮影した写真に同じ現像設定を適用できるため、特に便利です。

  1. 読み込みウィンドウの右側の読み込み時に適用パネルで、現像設定メニューから設定を選択します。

読み込み時における写真へのメタデータとキーワードの適用

  1. 読み込みウィンドウの右側の読み込み時に適用パネルで、メタデータメニューから次のいずれかのオプションを選択します。
    • 読み込み時に写真にメタデータを適用しない場合は、「なし」を選択します。

    • テンプレートとして保存済みのメタデータを適用する場合は、メニューから目的のメタデータプリセットを選択します。

    • 読み込み時に写真に新しいメタデータを適用する場合は、「新規」を選択し、新規メタデータプリセットダイアログボックスで情報を入力します。

    注意:

    写真にメタデータを追加する場合、そのデータはカメラ独自の RAW ファイルではなく、対応する XMP サイドカーファイルに適用されます。

  1. 読み込み時に写真にキーワードを追加するには、「キーワード」テキストボックスにキーワードを入力します。複数のキーワードはコンマで区切って指定します。

命名オプション

Lightroom Classic では、写真の読み込み、名前変更、書き出し時に同じ命名オプションが使用されます。

カスタム名(x - y)

写真にカスタム名を付け、その末尾に、読み込んだ写真の総数に対する連番を付加します。例えば、1 - 10、2 - 10、3 - 10 などが付加されます。

カスタム名 - 元のファイル番号

写真にカスタム名を付け、その末尾に写真の元のファイル名の番号を付加します。

カスタム名- 連番

写真にカスタム名を付け、その末尾に、指定した番号から始まる連番を付加します。

カスタム名

指定した名前を写真に付けます。

日付 - ファイル名

写真に作成(撮影)日を名前として付け、その末尾に写真の元のファイル名を付加します。

ファイル名- 連番

写真に元の写真ファイル名を付け、その末尾に、指定した番号から始まる連番を付加します。

ファイル名

写真に元の写真ファイル名を付けます。

撮影プロジェクト名 - 元のファイル番号

(読み込み)読み込まれた写真に撮影プロジェクト名を付け、その末尾に写真の元のファイル名の番号を付加します。

撮影プロジェクト名 - 連番

(読み込み)読み込まれた写真に撮影プロジェクト名を付け、その末尾に、指定した番号から始まる連番を付加します。

セッション名 - 連番

(テザー撮影による読み込み)写真にセッション名を付け、その末尾に、指定した番号から始まる連番を付加します。

編集

ファイル名テンプレートエディターで設定したオプションを使用して、写真に名前を付けます。詳しくは、ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディターを参照してください。

プリセットを使用した読み込み

頻繁に再利用する読み込みオプション設定がある場合は、プリセットとして保存して読み込み処理をすばやく実行することができます。

  • 読み込みプリセットを作成するには、読み込みオプションを選択して、読み込みウィンドウの下部で読み込みプリセット/現在の設定を新規プリセットとして保存を選択します。
  • 読み込みプリセットを適用するには、読み込みウィンドウの下部の読み込みプリセットメニューからプリセットを選択して「読み込み」をクリックします。
  • 読み込みプリセットを削除、更新または名前を変更するには、読み込みプリセットメニューで対象のプリセットを選択し、読み込みプリセットメニューで該当するコマンドを選択します。

オプションを減らした写真の読み込み

プリセットなどの重要な読み込みオプションにすばやくアクセスできる簡素な読み込みウィンドウを使用して、写真のフォルダーを読み込むことができます。オプションを減らした読み込みウィンドウには、サムネールプレビューが表示されません。

  1. 読み込みウィンドウの左下にある表示するオプションを減らすボタン をクリックします。
  2. ウィンドウの左側で「ソースを選択」をクリックし、読み込む写真のパスを選択します。
  3. 読み込みウィンドウの中央で、カタログへの写真の追加方法(DNG 形式でコピー、コピー、移動、追加)を指定します。
  4. ウィンドウの右側で「保存先」をクリックし、保存先を指定します。
  5. (オプション)メタデータプリセットを適用し、キーワードを追加し、保存先サブフォルダーオプションを指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー