機能の概要 | Lightroom Classic(2022 年 10 月リリース)

Lightroom Classic の 2022 年 10 月リリース(バージョン 12.0)の主な新機能および機能強化について説明します。

「コンテンツに応じた削除」を使用して不要なスポットをシームレスに削除

2022年10月リリースの Lightroom Classic(バージョン 12.0)以降では、写真に高度な画像コントロールを適用することで、最高の結果を得ることができます。修復パネルの新しいコンテンツに応じた削除ツールを使用すると、写真内の不要なスポットやオブジェクトを削除できます。

  1. レタッチする写真を選択します。修復パネルで、「コンテンツに応じた削除」を選択します。

  2. ブラシのサイズおよび不透明度を定義して、選択します。

  3. ブラシをクリックし、コンテンツに応じた削除ツールを使用して修復する領域上にドラッグします。Lightroom Classic が分析を行い、写真の他の部分からの最適なコンテンツで選択範囲を塗りつぶします。

    また、デフォルトで選択されているサンプル領域を手動で変更する場合は、次の操作を実行できます。

    macOS:「コンテンツに応じた削除」スポットを選択している間に、Cmd を押しながら画像の特定の領域をドラッグします。
    Windows:「コンテンツに応じた削除」スポットを選択している間に、Ctrl を押しながら画像の特定の領域をドラッグします。

  4. コントロールを使用して実行したすべての調整を削除するには、メニューの「リセット」ボタンをクリックします。

詳細については、「Lightroom Classic の修復ツール」を参照してください。

人物、オブジェクト、背景を自動選択

マスクパネルのマスク機能「人物を選択」、「オブジェクトを選択」、「背景を選択」により、編集が新しくなりました。マスクを使用して、写真内の 1 人以上の人物、オブジェクト、および背景の正確な調整を簡単に行うことができます。

人物を選択

写真内の 1 人以上の人物を正確に部分補正します。「人物を選択」マスクを使用すると、肌、目、唇、歯など、体の特定の部分を編集できます。

  1. 現像モジュールで、編集する写真を開きます。マスク人物を選択します。

    マスクパネル

  2. Lightroom Classic は、写真内のすべての人物を自動的に検出します。調整したい写真内の人物を選択できます。 

  3. 調整したい体の部分を選択します。

    マスクパネル

  4. マスクパネルでマスクを開き、「追加」を選択して選択範囲に領域を追加するか、「削除」を選択して自動選択範囲の領域を削除します。

  5. 右パネルの編集スライダーを使用して、選択範囲に調整を行います。 

オブジェクトを選択

オブジェクトを選択」を使用すると、写真内の 1 つ以上のオブジェクトを正確に部分補正できます。

  1. Lightroom Classic で、編集する写真を開きます。マスクオブジェクトを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行って選択します。

    • ブラシ選択:選択するオブジェクトを大まかにブラシでなぞります。
    • 長方形で選択:選択するオブジェクトの上にボックスを作成します。

  3. Lightroom Classic は選択領域に基づいてオブジェクトを分析し、自動的にマスクを作成します。 

    マスクパネル

  4. マスクパネルでマスクを開き、「追加」を選択して選択範囲に領域を追加するか、「削除」を選択して自動選択範囲の領域を削除します。

  5. 右パネルの編集スライダーを使用して、選択範囲に調整を行います。

背景を選択

ワンクリックで写真の背景を選択し、選択した部分のみを補正するよう調整できます。「背景を選択」マスクを使用すると、背景を自動的に選択して、編集コントロールで複雑な調整を行うことができます。

  1. Lightroom Classic で、編集する写真を開きます。 右パネルで、「 マスク > 背景を選択します。

  2. Lightroom Classic で解析が実行され、自動的に背景が選択されます。選択範囲をオーバーレイ(デフォルトで赤)として表示し、マスクパネルでマスクを作成します。

    マスクパネル

  3. 選択が完了したら、右側の編集スライダーを使用して部分補正を行います。

Lightroom Classic でのマスクの詳細については、「マスク」を参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているプロファイルの詳細な一覧で、新しく追加されたカメラとレンズを確認するには、次の記事を参照してください。

その他の機能強化

  • Lightroom Classic で、「アダプティブ: ポートレート」を使用して、写真を明瞭に調整できます。AI を活用したアダプティブプリセットにより、ワンクリックで写真を調整できます。
  • Windows コンピューターのポータブルデバイスを使用してすばやくデータ読み込みを行ったり、サムネールをすばやく表示したりできます。 
  • Lightroom Classic で左右のパネルを簡単に切り替えることができます。切り替えるには、環境設定/インターフェイス/左右のパネルグループを切り替えを選択します。完了したら、Lightroom Classic アプリを再起動して、パネルが切り替わっていることを確認します。
  • Lightroom Classic では、読み込み時にデフォルトで親フォルダーが表示されるため、効率的に写真を整理したり、写真に簡単にアクセスしたりできます。 
  • 自動読み込み時に自動詳細設定を無効にできるようになりました。 

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合