問題点

Lightroom Classic はアプリケーションを終了する際に断続的にクラッシュします。

影響を受ける製品バージョン

Lightroom Classic CC 7.0 以降

オペレーティングシステム

Windows のみ

解決策

この問題は、DirectX が有効になっている環境設定で Lightroom Classic が「グラフィックスカードを使用する」に設定されている場合に発生します。

この問題を解決するには、以下にリストされている手順に従います。

  1. グラフィックカードドライバーを更新します。

    Windows マシンで、ご使用のグラフィックカード製造元の Web サイトから最新のドライバーを直接ダウンロードします。

    NVIDIA ドライバー
    AMD/ATI ドライバー
    Intel ドライバー

    グラフィックドライバーのクリーンインストールの実行

    グラフィックカードドライバーをアップグレードする際に、グラフィックカードドライバーの以前のバージョンをすべて削除してから新しいグラフィックカードドライバーをインストールすることをお勧めします。これはクリーンインストールと呼ばれます。

    ご使用のコンピューターで使用するグラフィックカードの製造元とモデルを決定したら、ご使用のカードの製造元のマニュアルとリソースに記載されている手順に従います。

    アップデートをインストールしたら、Lightroom Classic を再起動します。

    注意:

    • Windows Update を実行しても最新かつ最善のドライバーが入手できるとは限りません。ご使用のカードの製造元 Web サイトに直接移動し、ドライバーアップデートをチェックする必要があります。
    • ドライバーを選択する際は、機種名などに注意してください。デスクトップとノート PC とでは、ドライバーの名称が異なることがあります。
    • 一部ビデオカードでは、ドライバーの他にもソフトウェアのアップデートが必要な場合があります。アップデートの説明をよく読み、手順に不明な点がある場合は、直接ビデオアダプターメーカーにお問い合わせください。

  2. Lightroom Classic が、DirectX ではなく、OpenGL を使用するようにします。

    1. 編集/環境設定を選択します。
    2. 環境設定ダイアログで、「プリセット」タブに移動します。
    3. プリセット」タブで、「Lightroom プリセットフォルダーを表示」ボタンをクリックします。ファイルエクスプローラーでルートプリセットフォルダーが開きます。 
    4. ファイルエクスプローラーで、Lightroom フォルダーに移動します。
    5. リンク https://adobe.ly/2yC7FLq にアクセスし、config.lua ファイルをダウンロードします。ダウンロードした config.lua ファイルを前の手順で説明した Lightroom フォルダーにコピーします。
    6. Lightroom Classic を再起動します。

    システム情報ダイアログ(ヘルプ/システム情報)は、以下に示すように、config.lua フラグ項目を表示します。これは、Lightroom Classic が、DirectX ではなく、OpenGL を使用していることを示します。

    Config.lua-Flags:
    Develop.PreferOpenGL = true


  3. グラフィックプロセッサーを使用」オプションをオフにします。

    1. Lightroom Classic で、編集/環境設定を選択します。
    2. 環境設定ダイアログで、「パフォーマンス」タブに移動します。
    3. グラフィックプロセッサーを使用」の選択を解除します。
    4. Lightroom Classic を再起動します。

これでクラッシュの問題は解決されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー