Lightroom Classic GPU の FAQ

Lightroom Classic ではグラフィックプロセッサーをどのように使用しますか?

Lightroom Classic の環境設定/パフォーマンスでグラフィックプロセッサー(グラフィックカード、ビデオカード、GPU ともいいます)の使用を有効にすると、現像モジュール、ライブラリモジュールのグリッド表示、ルーペ表示、フィルムストリップで画像の表示や調整をおこなう際に、互換性のあるグラフィックプロセッサーを使用して処理が高速化されます。また、ディテールの強化でも処理が高速化されます。互換性のある GPU を使用すると、4K や 5K モニターなど、高解像度ディスプレイでの処理速度を大幅に向上できます。

Lightroom Classic で GPU 機能を使用する場合の必要システム構成を教えてください。

グラフィックプロセッサーは、Lightroom Classic の最小必要システム構成(以下を参照)を満たしている必要があります。また、GPU コンピューティングベンチマークでスコアが 2,000 以上のグラフィックカードの使用をおすすめします。

ディスプレイ用の GPU を使用するための必要システム構成

Windows

  • Windows 10 Anniversary Update(バージョン 1809)以降
  • DirectX 12 をサポートしている GPU。システムの DirectX のバージョンを確認する方法については、Microsoft の文書を参照してください。
  • Intel GPU:Skylake GPU 以降が必要です。

macOS

  • macOS 10.14 以降
  • Metal をサポートしている GPU.お使いのコンピューターが Metal をサポートしているかどうかを確認するには、Apple ドキュメントを参照してください。

画像処理に GPU を使用するための必要システム構成

 

最小

おすすめ

VRAM

2 GB 以上の GPU RAM

4 K 以上のディスプレイの場合は 4 GB 以上の GPU RAM

警告:
  • Lightroom Classic では、現在、グラフィックプロセッサーは 1 つのみ使用してください。複数のビデオアダプターを使用しても、パフォーマンスは改善されません。グラフィックドライバーの競合が原因で発生する問題を解決するには、「解決策 4: GPU およびグラフィックドライバーのトラブルシューティング手順」の手順 5手順 6 を実行します。
  • 「メイン」の Lightroom Classic ウィンドウのみが加速されます。「セカンダリ」のウィンドウはグラフィックプロセッサーによって加速されません。
  • 仮想マシンで実行するグラフィックプロセッサーのテストは実施していません。また、サポートの対象外です。
  • Lightroom Classic を起動すると、グラフィックカードのテストを実行します。テストが失敗すると、グラフィックカードは最小要件を満たしている場合であっても無効になります。トラブルシューティングの手順を 1 つずつ試してエラーを解決してください。一部のグラフィックカードは、最小要件を満たしているにもかかわらず、グラフィックアクセラレーションに関して Lightroom Classic と互換性がない可能性があります。

詳細については、「必要システム構成 | Lightroom Classic」を参照してください。

グラフィックカードを選択する際の推奨事項

最高のパフォーマンスを得るには、GPU コンピューティングベンチマークでスコアが 2,000 以上のグラフィックカードを使用してください。

注意:
  • ベンチマークスコアが高くても Lightroom Classic で十分なパフォーマンスが得られるとは限りません。パフォーマンスは複数の要因に依存しています。
  • 一般に、統合グラフィックカードでは十分なパフォーマンスが得られません。このカードは CPU とメモリを共有しています。消費電力が少なく、バッテリーの消耗を抑えられるため、ノートパソコンでよく使用されています。
  • 特定のグラフィックカードをご使用の場合は、必ず最新ドライバーをインストールしてください。グラフィックプロセッサーのノート PC 版とデスクトップ PC 版の名称は多少異なっています。

Lightroom Classic がグラフィックカードにアクセスしているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

Lightroom Classic が GPU を使用できる場合、環境設定で、「グラフィックプロセッサーを使用」チェックボックスがオンになっているはずです。

  • (macOS) Lightroom Classic/環境設定/パフォーマンス
  • (Windows)編集/環境設定/パフォーマンス

環境設定に、Lightroom Classic で使用可能な GPU の名前とビデオメモリが表示されます。情報が表示されない場合、GPU またはハードウェアのドライバーの更新が必要か、オペレーティングシステムが必要システム構成を満たしていない可能性があります。

Lightroom Classic の環境設定 - GPU
Lightroom Classic の GPU 情報

Lightroom Classic の GPU アクセラレーション

Lightroom Classic 8.4(2019 年 8 月リリース)で導入

Lightroom Classic で、GPU アクセラレーションの現在の状態が GPU 名の下に表示されます。基本または完全アクセラレーションが自動的にサポートされます。基本アクセラレーションが自動的に選択された場合、「カスタム」を使用すると完全アクセラレーションを有効にできます。

システムが対応していない場合やエラーが発生した場合は、アクセラレーションが自動的に無効になります。アクセラレーションが無効になっているときにエラーメッセージが表示された場合は、GPU ハードウェア、ドライバーのバージョンまたはオペレーティングシステムがシステム要件を満たしていない可能性があります。

グラフィックプロセッサを使用」ドロップダウンから次のいずれかを選択して、GPU アクセラレーションがのオン/オフを切り換えます。

自動

システムのハードウェアとオペレーティングシステムの構成からサポートされる正しい GPU レベルを自動的に判定する場合は、このオプションを選択します。初期設定ではこれが選択されます。

カスタム

GPU サポートのレベルを手動で選択する場合は、このオプションを選択します。

  • ディスプレイに GPU を使用
  • GPU を画像処理に使用

オフ

GPU アクセラレーションをオフにする場合に、このオプションを選択します。

グラフィックプロセッサーを使用
Lightroom Classic の「グラフィックプロセッサを使用」オプション

グラフィックカードの製造元とモデルを確認するにはどうすればよいですか?

使用中のグラフィックカードの製造元およびモデルを確認するには、Lightroom Classic を起動し、ヘルプ/システム情報を選択して、グラフィックプロセッサー情報を参照します。

Lightroom GPU のトラブルシューティング
グラフィックプロセッサー情報

Lightroom Classic では複数のグラフィックプロセッサーまたはグラフィックカードを利用できますか?

Lightroom Classic では、現在、グラフィックプロセッサーは 1 つのみ使用してください。2 つのグラフィックカードを使用しても、Lightroom Classic のパフォーマンスは改善されません。

競合するドライバーで複数のグラフィックカードを使用すると、グラフィックプロセッサーにより高速化される Lightroom Classic の機能で問題が起こる場合があります。

最良の結果を得るには、1 つのグラフィックカードに 2 つ(またはそれ以上)のモニターを接続することをお勧めします。

警告:

複数のグラフィックカードを使用する必要がある場合、必ず、同一メーカーの同一モデルにしてください。異なるメーカーやモデルが混在すると、Lightroom Classic でクラッシュをはじめ、その他の競合問題が発生する場合があります。グラフィックドライバーの競合が原因で発生する問題を解決するには、「解決策 4: GPU およびグラフィックドライバーのトラブルシューティング手順」の手順 5手順 6 を実行します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン