macOS Catalina と互換性のある Lightroom Classic のバージョン

Lightroom Classic 9.x と Lightroom Classic 8.4.1 は macOS 10.15(Catalina)で動作しますが、互換性の問題が確認されています。これらの問題が解決するまで、現在ご使用の macOS を引き続き利用できます。

お客様において、本番環境以外のパーティションでテストを行い、新しい OS が現在のハードウェアとドライバー(印刷など)で動作することを確認していただくことを強くおすすめします。 

ここに記載されていない問題が発生した場合は、弊社のフィードバックサイトでお知らせください。

古いバージョンまたは永続ライセンス版の Lightroom Classic と macOS Catalina の互換性

古いバージョンの Lightroom Classic は macOS 10.15 Catalina 用に設計されたものではなく、動作確認も行っていません。これらのバージョンは macOS Catalina に対応していません。

古いバージョンの Lightroom Classic を利用している場合は、macOS Catalina にアップグレードしないことをおすすめします。

古いバージョンのライセンス認証コンポーネントとインストーラーは 32 ビットです。このため、macOS Catalina にアップグレードすると、古いバージョンのインストールとアクティベーションはできなくなります。古いバージョンがインストールされているコンピューターを macOS Catalina にアップグレードした場合、一部の機能は使用できる可能性もありますが、macOS のアップグレード後にアプリケーションの再インストールとアクティベーションはできなくなります。


アップグレード後はアンインストーラーが機能しなくなります。アンインストーラーで削除する場合は、macOS Catalina にアップグレードする前に行ってください。macOS Catalina にアップグレードした後に古いバージョンをアンインストールする場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を使用してください。

互換性に関する既知の問題

アドビでは、macOS 10.15(Catalina)と Lightroom Classic 8.4.1 以降の互換性について以下の問題を確認しています。

テザー撮影で Nikon 製カメラが検出されない

テザー撮影の開始コマンドを呼び出した後に、カメラをオンにしても、Lightroom で Nikon 製カメラが検出されません。

回避策

まず、カメラをオンにします。次に、ファイルテザー撮影テザー撮影を開始を選択します。

現在、Nikon 社と共同でこの問題の解決に取り組んでいます。

Lens Profile Creator が実行されない

Lens Profile Creator は 32 ビットです。現在、64 ビットユーティリティへのアップデートを検討しています。

スポイトツールでカラーを取得しようとすると画面収録ダイアログが表示される。

段階フィルターまたは円形フィルターでカラースウォッチからスポイトツールを使用すると、画面収録ダイアログが表示され、許可が求められます。

画面収録ダイアログ

解決策

これは、アプリケーションにアクセス権を付与するために、1 回だけ表示されるダイアログです。アクセスを許可すると、そのアプリケーションからカラーを取得できるようになります。このダイアログが再び表示されることはありません。ただし、アクセスを拒否した場合は、Lightroom Classic 内でのみカラーの選択が可能になります。

Canon 製カメラでテザー撮影が機能しない

macOS Catalina の最新のアップデート(10.15.2)を使用すると、Canon 製カメラでテザー撮影が機能しません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー