Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を実行し、Creative Cloud または Creative Suite のインストールに関する問題を解決します。

Creative Cloud および Creative Suite アプリケーションのインストールレコードは破損することがあり、インストール時の問題の原因となることがあります。これらのインストールレコードを削除するために Creative Cloud Cleaner Tool を使用します。また、システムにインストールされているプレリリース版のソフトウェアを削除する場合や、アドビのサーバーに接続できない場合にも使用できます。

アセットの同期で問題が発生した場合:

アセット、ファイル、フォルダーの同期で問題が発生した場合は、Cleaner Tool から CoreSync のエントリを削除します。詳しくは、「Creative Cloud Cleaner ツールを実行する」を参照してください。

Creative Cloud Cleaner ツールを実行する

警告:

Creative Cloud Cleaner Tool を実行する前に、Adobe Creative Cloud アプリケーションと Creative Cloud プロセスをすべて終了します。

Creative Cloud Cleaner Tool でアプリケーションを削除するには、このツールからアプリケーションのエントリを削除します。同様に、同期関連の問題を解決するため、CoreSync のエントリも削除する必要があります。

注意:

Cleaner Tool を実行する前に、すべてのファイルが同期済みであることを確認します。Creative Cloud アカウントに同期されていないファイルは失われる可能性があります。

使用しているオペレーティングシステムを選択します。

Creative Cloud Cleaner Tool を使用してアプリまたは CoreSync のエントリを削除する | Windows

  1. カスタムプラグイン、またはインストール済みのプロファイルを含めて、Adobe 製品のプログラムフォルダーに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. 以下のいずれかの操作を実行することにより、Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールします。

    • Windows 10、8、7、または Vista:スタート/コントロールパネル/プログラム/プログラムと機能を選択します。
    • Windows XP :スタート/コントロールパネルを選択し、「プログラムの追加と削除」をダブルクリックします。
  3. 削除したいアプリケーションを選択し、「削除」または「アンインストール」をクリックします。

    アプリケーションのアンインストール
  4. 画面上の指示に従いアンインストールを完了します。

  5. コンピューターを再起動します。

  6. 次のリンクをクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool for Windows をダウンロードします:AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe

    ダウンロードまたはファイルを保存のダイアログが表示されたら、「ファイルを保存」をクリックして、そのファイルをコンピューター上にダウンロードします。

  7. ダウンロード済みの AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe のファイルを右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

    ダウンロードしたファイルが見つからない場合、「 ダウンロード済みのアドビアプリケーションまたはファイルを見つける」を参照してください。

    Adobe CC Cleaner Tool

    注意:

    右クリックしても「管理者として実行」が表示されない場合、AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe をダブルクリックして、EXE ファイルを実行します。

  8. 次の順番で画面上の指示に従います。

    1. 使用する言語を選択します。英語向けは e または日本語向けは j を入力してから、Enter キーを押します。
    2. 「アドビエンドユーザーライセンス契約」を確認します。y を入力し受諾するかまたは n を入力し辞退します(辞退する場合、このスクリプトは停止します)。Enter キーを押します。
    3. 選択するオプションに対応する番号を入力し、Enter キーを押します。例えば、Creative Cloud アプリケーションをアンインストールする場合は 4 (CC Apps)と入力します。
    4. その後、削除するアプリケーションに対応する番号を入力して Enter キーを押します。
      同様に、CoreSync を削除するには、1 または 4 と入力して Enter キーを押します。次に、CoreSync に対応する番号を入力して、Enter キーを押します。
    5. 削除するエントリを確認します。y を入力してから、Enter キーを押します。
    6. (オプション)アドビサーバーに接続できない場合は、これらのステップを繰り返してホストファイルを修正します。エンドユーザーライセンス契約を承認後、12 と入力してホストファイルオプションを選択します。修正するホストファイルを確認します。 y と入力してから、Enter キーを押します。Cleaner Tool は、ホストファイル(hosts_bkup の名前)のバックアップを同じディレクトリに作成するので、問題が発生した場合にその状態に戻すことができます。
  9. 「Adobe Creative Cloud Cleaner Tool が正常に完了しました」というメッセージが表示されたら、「Enter」を押し、コンピューターを再起動します。

  10. Creative Cloud Cleaner Tool が正常に完了したことを確認するには、WordPad などのテキストエディターで、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool.log を開きます。このファイルの保存場所は、Windows のバージョンによって異なります。

    • Windows 10、8、7、または Vista: C:\Users\[ユーザー名]
    • Windows XP : C:\Documents and Settings\[ユーザー名]
  11. ログファイルの内容を確認します。エラーが記録されている場合は、こちらまでお問い合わせください

  12. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool の処理が正常に完了したら、Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをインストールします。

    手順については、以下を参照してください。

Creative Cloud Cleaner Tool を使用してアプリまたは CoreSync のエントリを削除する | macOS

  1. カスタムプラグイン、またはインストール済みのプロファイルを含めて、Adobe 製品のプログラムフォルダーに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールするには、Finder で、「アプリケーション/ユーティリティー/Adobe Installers」に移動します。

  3. アプリケーションのアンインストーラーをダブルクリックします。

    アプリケーションのアンインストール
  4. 画面上の指示に従いアンインストールを完了します。

  5. コンピューターを再起動します。

  6. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool for Mac をダウンロード : 対象のファイルをダウンロードするために次のリンクをクリックします - AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg。 

    ダウンロードまたはファイルを保存のダイアログが表示されたら、「ファイルを保存」をクリックして、そのファイルをコンピューター上にダウンロードします。

  7. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を実行するには、ダウンロードしたAdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg ファイルをダブルクリックします。

    Adobe CC Cleaner Tool
  8. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool をダブルクリックし、画面上の指示に従って、以下の操作を順に行います。

    1. ウィンドウの右上にあるメニューからご使用の言語を選択します。
    2. 「アドビエンドユーザーライセンス契約」を確認します。承諾する場合は「同意する」を、辞退する場合は「終了」をクリックします(辞退すると、スクリプトは停止します)。
    3. ウィンドウの右上にあるメニューからオプションを選択します例えば、Creative Cloud アプリケーションをアンインストールする場合は、「CC Apps」を選択します。

    4. テーブルから、クリーンアップするアプリケーションを選択し、「選択したクリーンアップ」をクリックします(「すべてをクリーンアップ」をクリックして、手順 c で選択したオプションについて、インストーラー関連のすべてのファイルをクリーンアップします)。
      同様に、CoreSync をクリーンアップする前に、ポップアップメニューで「すべて」が選択されていることを確認します。次に、リストから CoreSync を選択して、「選択した製品をクリーンアップ」をクリックします。
    5. (オプション)アドビサーバーに接続できない場合は、テーブルから「ホストファイルの修復」を選択してホストファイルを修復し、「選択したクリーンアップ」をクリックします。Cleaner Tool は、ホストファイル(hosts_bkup の名前)のバックアップを同じディレクトリに作成するので、問題が発生した場合にその状態に戻すことができます。

    注意:

    ルートユーザーアカウントの言語設定に依存して、エンドユーザーライセンス契約が英語または日本語で表示されます。

  9. 「Adobe Creative Cloud Cleaner Tool が正常に完了しました」というメッセージが表示されたら、「終了」をクリックして、コンピューターを再起動します。

  10. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool が正常に完了したことを確認するには、TextEdit などのテキストエディターで /Users/[ユーザー名]/Adobe Creative Cloud Cleaner Tool.log を開きます。

  11. ログファイルの内容を確認します。エラーが記録されている場合は、こちらまでお問い合わせください

  12. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool の処理が正常に完了したら、Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをインストールします。詳しくは、以下のいずれかのドキュメントを参照してください。

すべての製品または一部の製品を削除する(Enterprise ユーザーのみ)

注意:

これは、Enterprise インストール管理者向けの情報です。

注意:

Cleaner Tool を実行する前に、すべてのファイルが同期済みであることを確認します。Creative Cloud アカウントに同期されていないファイルは失われる可能性があります。

開始するには、適切なオプションと使用するオペレーティングシステムを選択します。

Adobe Creative Cloud Cleaner Tool をサイレントモードで実行すると、ツールを使用して削除できるすべての製品がリストされます。これにより、コンピューターにインストールされた Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをすべて削除、またはツールで生成された XML ファイルにコメントアウトする形で、選択したアプリケーションを削除できるようになります。

すべての製品を削除する(Windows)

  1. カスタムプラグイン、またはインストール済みのプロファイルを含めて、Adobe 製品のプログラムフォルダーに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールします。「Creative Cloud Cleaner Tool for Windows を実行する」の手順 2 ~ 5 に従います。
  3. 以下の手順に順番に従って、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を実行します。

    • 次のリンクをクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool for Windows をダウンロードします:AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe
    • AdobeCreativeCloudCleanerTool_Win」と名前を付けたディレクトリ/フォルダーを作成してから、ダウンロードしたファイルをその中にコピーします。
    • スタートファイル名を指定して実行...を選択し、cmd と入力します。
    • コマンドダイアログウィンドウ内で、ディレクトリを、作成したAdobeCreativeCloudCleanerTool_Win のディレクトリに変更します。
    • AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --removeAll=CREATIVECLOUDCS6PRODUCTS と入力し、Enter キーを押します。
    • Flash Player を削除するには、AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --removeAll= CREATIVECLOUDCS6PRODUCTS --removeFP=1 と入力し、Enter キーを押します。
  4. Creative Cloud Cleaner Tool が正常に完了したことを確認します。「Creative Cloud Cleaner Tool for Windows を実行する」の手順 11 と 12 を行います。

選択した製品を削除する(Windows)

  1. カスタムプラグイン、またはインストール済みのプロファイルを含めて、Adobe 製品のプログラムフォルダーに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールします。「Creative Cloud Cleaner Tool for Windows を実行する」の手順 2 ~ 5 に従います。

  3. 以下の手順に順番に従って、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を実行します。

    • 次のリンクをクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool for Windows をダウンロードします:AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe
    • AdobeCreativeCloudCleanerTool_Win」と名前を付けたディレクトリ/フォルダーを作成してから、ダウンロードしたファイルをその中にコピーします。
    • スタートファイル名を指定して実行... を選択し、cmd と入力します。
    • コマンドダイアログウィンドウ内で、ディレクトリを、作成したAdobeCreativeCloudCleanerTool_Win のディレクトリに変更します。
    • AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --createCleanup = [XML ファイルを格納したいフォルダーに対する絶対パス] と入力します。

            注: .exe の後にスペースが 1 つあることを確認してください。このコマンドにはそれ以外のスペースを加えないでください。

    • 使用する言語を選択:英語向けは「E」または日本語向けは「J」を押します。
    • 「アドビエンドユーザーライセンス契約」を確認する: 承諾する場合は「Y」、辞退する場合は「N」を押します(辞退する場合、このスクリプトは停止します)。

    ツールによって作成された XML ファイルには、コンピューターにインストールされている製品の一覧が含まれています。デフォルトでは、すべての製品エントリが XML ファイルでコメントされています。例:

    クリーンアップ xml ファイル

    注意:

    XML ファイルは </CS5> タグ内にすべての CS5 から CS5.5 までの製品をリストします。

  4. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を実行するアプリケーションのコメントを解除します。例えば、Adobe SpeedGrade CC および Adobe Contribute CS5.5 をクリーンアップしたい場合、次のように XML ファイルを編集します :

    編集したクリーンアップ xml ファイル
  5. 昇格モードでは、次の引数を使用して、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を実行します。

    AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --cleanupXML=[Absolute path to cleanup xml]

  6. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool が正常に完了したことを確認します。「Creative Cloud Cleaner Tool for Windows を実行する」の手順 11 と 12 を行います。

すべての製品を削除する(macOS)

  1. カスタムプラグイン、またはインストール済みのプロファイルを含めて、Adobe 製品のプログラムフォルダーに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールします。「Creative Cloud Cleaner Tool for Mac OS を実行する」の手順 2 ~ 5 に従います。

  3. 次のリンクをクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool for Mac をダウンロードします:AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg

  4. AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg ファイルをダブルクリックします。

  5. コマンドプロンプトのウィンドウで、次のコマンドを入力します :

    sudo [Adobe Creative Cloud Cleaner Tool.app のパス]/Contents/MacOS/Adobe Creative Cloud Cleaner Tool --removeAll=CREATIVECLOUDCS6PRODUCTS

  6. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool が正常に完了したことを確認します。「Creative Cloud Cleaner Tool for Mac OS を実行する」の手順 11 と 12 を行います。

選択した製品を削除する(macOS)

  1. カスタムプラグイン、またはインストール済みのプロファイルを含めて、Adobe 製品のプログラムフォルダーに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールします。「Creative Cloud Cleaner Tool for Mac OS を実行する」の手順 2 ~ 5 に従います。

  3. 次のリンクをクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool for Mac をダウンロードします:AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg

  4. AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg ファイルをダブルクリックします。

  5. コマンドプロンプトのウィンドウで、次のコマンドを入力します :

    sudo [Adobe Creative Cloud Cleaner Tool.app のパス]/Contents/MacOS/Adobe Creative Cloud Cleaner Tool --createCleanup=[XML を作成するフォルダーの絶対パス]

  6. ルートユーザーのパスワードを入力し、「エンドユーザーライセンス契約」を承諾します。

    表示される XML ファイルは、対象コンピューター上にインストールされる製品のリストを含みます。例:

    クリーンアップ xml ファイル

    注意:

    XML ファイルは </CS5> タグ内にすべての CS5 から CS5.5 までの製品をリストします。

  7. Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を実行する製品のコメントを解除します。例えば、Adobe SpeedGrade CC および Adobe Contribute CS5.5 をクリーンアップしたい場合、次のように XML ファイルを編集します :

    編集したクリーンアップ xml ファイル
  8. 昇格モードでは、次の引数を使用して、Adobe Creative Cloud Cleaner Tool を実行します。

    sudo /Contents/MacOS/Adobe Creative Cloud Cleaner Tool --cleanupXML=[cleanup.xml]

  9. Creative Cloud Cleaner Tool が正常に完了したことを確認します。「Creative Cloud Cleaner Tool for Mac OS を実行する」の手順 11 と 12 を行います。