このプラグインについて教えてください。

Lightroom 5.6 以降を対象とした Aperture Import プラグインで、Aperture と iPhoto ライブラリを Lightroom にインポートできます。このプラグインはMac OS上でのみ利用できます。

プラグインのインストール手順を教えてください。

インストール手順については、このブログ記事をご覧ください。

Aperture または iPhoto のライブラリを Lightroom にインポートする方法を教えてください。

注:このプラグインをインストールした後 Lightroom を起動すると、Lightroom からカタログの更新が求められます。

カタログを選択して更新します。カタログにカスタムメタデータフィールドが追加されます。その他の変更は行われません。この手順を実行する前にご使用のカタログをバックアップする場合は、このプラグインを無効にします。続いてご使用のカタログをバックアップし、次回に Lightroom を起動する際にカタログの更新を選択します。

1.ファイル/プラグインエキストラを選択します。4 つのオプションが表示されます。

重要:開こうとするライブラリの情報オプションを必ず確認してください。

2.ライブラリのインポートオプションを選択します。

どちらの方法にも、多数のオプションが用意されています。また、両方にオプションボタンがあり、詳細のインポートオプションとインポートの説明が含まれます。

3.画像およびビデオのライブラリと場所を選択します。

4.Importをクリックします。

iPhoto および Aperture ライブラリのサポート対象バージョンについて

iPhoto 9.x および Aperture 3.5.x のライブラリはサポート対象です。

このプラグインでインポートされるデータを教えてください。

  • フラグ
  • レーティング
  • キーワード
  • GPS データ
  • 顔:顔名前タグは、キーワードにマップされます。
  • 不採用: Aperture で不採用に指定されたファイルは、「Collections / From Aperture / Photos Rejected in Aperture」にインポートされます。
  • 非表示ファイル: iPhoto で非表示に指定されたファイルは、「Collections / From iPhoto / Photos Hidden in iPhoto」にインポートされます。
  • カラーラベル: Aperture のみ ‐ カラーラベルは、キーワード(赤、オレンジなど)にマップされ、カスタムラベル名もサポートされます。
  • スタック: Aperture のみ ‐ スタック情報はキーワード(Aperture Stack 1、Aperture Stack 2 など)にマップされます。
  • Aperture プロジェクト/フォルダー/アルバムの階層は、できるだけ近い Lightroom コレクションセットとコレクションにマップされます。
  • iPhoto イベント/フォルダー/アルバムは、できるだけ近い Lightroom コレクションセットとコレクションにマップされます。
  • Aperture/iPhoto からフルサイズプレビューをインポートします(デフォルトで最新、オプション、またはオフの場合)
  • Aperture バージョンは Lightroom のバーチャルコピーに変換されます(調整なし)。
  • Aperture の情報パネルに入力できるメタデータ

プラグインは、ApertureとiPhotoの管理ライブラリと参照ライブラリの両方をサポートします。

  • 管理ライブラリ(Appleの初期設定)は、インポートされたファイルをAperture/iPhotoライブラリにコピーして保存します。
  • 参照ライブラリは、インポートされたファイルをディスクの既存の場所で参照します(Lightroomメソッド)。

このプラグインでインポートされないデータを教えてください。

  • 画像調整
  • スマートアルバム
  • 顔タグの対象:顔名前タグは、キーワードにマップされます
  • カラーラベル(オプションでキーワードにマップされるカラーラベルを除く)
  • スタック(オプションでキーワードにマップされるスタックを除く)。Aperture はアルバム間でスタックを共有しますが、Lightroom は共有しません
  • Lightroom が対応するコレクションを除く、すべての種類の制作物(ブック、Web ギャラリーなど)、

設定を含むファイルから生成されるオプションの JPG プレビューには、マスターに適用されているメタデータ(キーワード、レーティング、フラグ、GPS データ)は含まれません。

はじめに同じ iPhoto ライブラリによってインポートされ、続いて iPhoto から Aperture にアップグレードされたライブラリからインポートされる場合、オプションの JPG プレビューが重複します(ファイル名が異なるため)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー