Lightroom において 現像モジュールで、または Photoshop において Camera Raw プラグインで画像の現像するときに、アプリケーションがクラッシュします。

問題点

  • 現像モジュールに切り替えるときに Lightroom がクラッシュする。
  • Camera Raw プラグインを使用して RAW ファイルを開くときに Photoshop と Bridge がクラッシュする。

この問題は、Windows において AMD ドライバーアップデート(バージョン 17.4.4 - 2017 年 4 月 23 日リリース)後に発生します。

解決策

回避策 1:「グラフィックプロセッサーを使用」を無効にする。

  • Lightroom - 環境設定/パフォーマンスを選択し、「グラフィックプロセッサーを使用」を選択解除します。
  • Camera Raw - Adobe Camera Raw は、グラフィックカード/ドライバーの問題が原因でクラッシュが発生する場合、「グラフィックプロセッサーを使用」を自動的に無効にします。

回避策 2: AMD ドライバーを以前のバージョン(v368.81)にロールバックする。手順については、デバイスドライバーのロールバックを参照してください。

注意:直前のグラフィックドライバーのアップデート時に「クリーンインストール」を実行した場合、「ドライバーのロールバック」ボタンがグレー表示になることがあります。クリーンインストールを実行した場合:

  1. 以前のドライバーを AMD からダウンロードし、手動でインストールします。

追加情報:

アドビエンジニアリングチームは、AMD と連携してこの問題の修正を行っています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー