テキスト入り画像

シェア可能な作品を作る - ソーシャルメディアおよびプリントに最適。事前に設定されたテンプレートを使用して、モチベーションが上がる引用やパーソナライズされたメッセージを写真に追加します。様々なカスタマイズや、クールなアニメーションオプションもあります。

概要

概要紹介のビデオ
テキスト入り画像の例
Photoshop Elements を使用して作成されたテキスト入り画像の例

ワークスペースに入る

テキスト入り画像は、アプリケーションの右上隅にある作成ドロップダウンメニューの新しいオプションです。

ワークスペースに入る

  1. 作成テキスト入り画像を選択します。

  2. 空白のカンバス、写真またはテンプレートを選択します。

  3. サイズを選択します。

注意:
  • 最初から作成カスタムオプションを選択して、カスタムサイズのカンバスを作成します。
  • 写真で開始」オプションを選択して、「フォトエリア」から選択した写真を開き、デフォルトのテキストスタイルを適用します。
  • 環境設定単位・定規プロジェクトの単位を選択して、サイズ設定を変更します。

背景の変更

背景パネルを使用して、作品の背景を変更したり、背景として使用する写真を読み込んだりします。

背景の変更

 

背景パネルには、「背景」と「効果」の 2 つのタブがあります。

  • 背景 - 「背景」タブを使用して、背景を読み込んだり変更したりします。
  • 効果 - 「効果」タブを使用して、効果を背景に適用します。

「背景」タブ

コンピューター、Organizer のカタログアルバム、またはフォトエリアから写真を読み込むことで開始します。

または

カラーピッカーまたはグラデーションオプションを使用して、ベタ塗りまたはグラデーションの背景を作成します。

または

背景プリセットの使用可能なリストから選択します。

「効果」タブ

「効果」タブを使用して、クールな効果を背景に適用します。

注意:効果の適用度を調整するには、適用度スライダーを使用します。

テキストの追加

テキストパネルを使用して、テキストを追加または変更します。

背景の変更

 

  1. 編集するテキストをダブルクリックするか、「テキストを編集」をクリックします。
  2. テキストを追加」または「縦書き文字を追加」オプションを選択して、横書き文字または縦書き文字を追加します。



テキストツールのオプション

  • フォントドロップダウンメニューを使用して、フォントを選択します。
  • サイズスライダーを使用して、フォントサイズを調整します。
  • 文字間隔」と「行間」を使用して、テキストを調整します。

文字ツールのスタイル

  • カラー」オプションを使用して、フォントのカラーを変更します。
  • 境界線」を使用して、フォントへの境界線やストロークの追加をおこないます。
  • シャドウ」を使用して、シャドウをフォントに適用します。

 

ヒント

  • スタイルのオプションが無効になっている場合は、カンバス上のテキストに緑のチェックマークが付いていることを確認してください。
  • テキスト入り画像で使用できるフォントの数は限られています。その他のフォントにアクセスするには、エキスパートモードを使用します。

テキスト入り画像のカスタマイズ

テキストパネルをクリックして、テキストのスタイルを変更したり、テキストを囲むシェイプを追加したり、グラフィックを追加したりすることなどができます。

背景の変更

 

テキストパネルには、「スタイル」、「シェイプ」、「グラフィック」の 3 つのタブがあります。

  • スタイル - シェイプや他の関連するプロパティなど、テキストスタイルを変更するには、「スタイル」タブ(テキスト/スタイル)を使用します。
  • シェイプ - テキストを囲むシェイプを変更するには、「シェイプ」タブ(テキスト/スタイル)を使用します。
  • グラフィック - グラフィックを作品に追加するには、「グラフィック」タブ(テキスト/グラフィック)を使用します。

 

「テキストスタイル」タブ

使用可能なテキストスタイルのリストから選択します。

「シェイプ」タブ

使用可能なシェイプのリストから選択します。

「グラフィック」タブ

使用可能なグラフィックのリストから選択します。

スタイルの変更

スタイルのオプションのリストから選択して、様々なスタイルを作品に適用します。

スタイルの変更

スタイルの変更

スタイルの変更

スタイル

スタイル

スタイル

スタイル

アニメーションの追加

アニメーションを作品に追加するには、右下隅のアニメーションを描画パネルを使用します。

Animate

Animate

Animate

Animate

Animate

保存とプリント

作品を画像またはアニメーション GIF として保存します。

保存

タスクバーで、「保存」をクリックします。テキスト入り画像の作品を、PSD、BMP、JPEG、PNG など様々な形式で保存できます。

アニメーションを適用した後は、アニメーションを描画パネル内の「保存」をクリックして、GIF として保存できます。

保存

プリント

テキスト入り画像をプリントするには、タスクバーの「プリント」をクリックします。

プリント

アドビのロゴ

アカウントにログイン