デジタル Camera Raw データの公開されたアーカイブ形式

RAW ファイル形式は、クリエイティブなプロフェッショナルに創造性の面でより優れた制御を提供するため、デジタルフォトグラフィのワークフローで主流を占めています。ただし、カメラでは多様な RAW 形式(一般公開されていない仕様)が使用されており、さまざまなソフトウェアアプリケーションで各 RAW 形式を読み込めない場合があります。その結果、このような独自の RAW 形式を長期間のアーカイブ用として使用するのはリスクが伴い、複雑なワークフローでこれらのファイルを共有するのはより困難になります。

これに対するソリューションが Digital Negative(DNG)です。これは、デジタルカメラによって生成された RAW ファイル向けの一般公開されたアーカイブ形式です。DNG では、個々のカメラモデルによって作成された RAW ファイルのオープンスタンダードの欠落に対処することで、フォトグラファーが将来的にも確実にファイルにアクセスできるようにします。

Apple 社や Google 社をはじめとする数百社のソフトウェアメーカーが DNG のサポート機能を開発しています。Leica、Casio、Ricoh、Samsung、Pentax などの有名なカメラメーカーは、直接 DNG をサポートするカメラを市場に導入しています。 詳細 ›

アドビでは、Digital Negative 仕様に加え、今日の一般的なカメラの多数の RAW ファイルを簡単に変換できる無償の Adobe DNG Converter (Windows | Mac OS)も提供しています。ソフトウェアの開発者とメーカーは、詳細な DNG 仕様 (PDF、486 KB) ファイルをダウンロードできます。DNG は次のソフトウェアバージョンでサポートされています:Photoshop CS ~ Photoshop CC、Photoshop Elements 3 ~ Photoshop Elements 12、および Lightroom のすべてのバージョン。

クイックリンク:

主な利点

フォトグラファーの場合:

  • DNG 形式によって、デジタル画像ソフトウェアソリューションで将来的により簡単に RAW ファイルを開けるようになるため、アーカイブの信頼性が高まります。
  • 単一の RAW 処理ソリューションにより、複数のカメラモデルやメーカーの RAW ファイルを処理する際に、ワークフローの効率が向上します。
  • 公開済みのドキュメント化された仕様をすぐに利用できるため、カメラメーカーはこの仕様を簡単に採用できます。この仕様は、技術革新に応じて更新されます。

ハードウェアおよびソフトウェアメーカーの場合:

  • 新機種のカメラの RAW ファイルは Photoshop や他のアプリケーションによってすぐにサポートされるため、DNG によって新しいカメラを導入しやすくなります。
  • DNG 形式を採用すると、新しい形式の開発が不要となり、カメラテストが簡素化されるため、研究開発コストを節減できます。
  • 共通の形式を使用することで、サードパーティアプリケーションによる変換品質を綿密に制御できます。
  • この仕様では、独自のメタデータを DNG ファイルに追加して、差別化を図ることができます。

リソース

DNG 1.4.0.0 仕様(2012 年 10月)

仕様をダウンロード。広範なハードウェアおよびソフトウェアベンダーが使用できるカメラの RAW ファイルを保存するための独自仕様でないファイル形式について説明しています。

詳細(PDF、486 KB) ファイルをご覧ください。

DNG SDK

DNG SDK は、DNG ファイルの取り込みと書き出し、および画像アプリケーションによって容易に表示または処理可能な形式への DNG データの変換をサポートしています。この SDK は、画像を使用および操作する既存のアプリケーションに DNG サポートを追加するための起点として、またはカメラへの DNG サポートの組み込みを支援するために使用できます。  ダウンロード:MacWin

DNG プロファイルエディター(2012 年 9 月)

DNG プロファイルエディターは、カメラプロファイルを作成または編集するための無償のソフトウェアユーティリティです。
詳細(PDF、3.93 MB)ファイルをご覧ください。
ダウンロード:  Mac、 Win

DNG コマンドラインインターフェイス仕様

(Adobe DNG Converter 5.4 以降に対応)

詳細(PDF、71 KB) ファイルをご覧ください。

DNG コーデック(Windows 対応)

DNG コーデックは、Windows 7 ユーザーが Windows エクスプローラーとフォトギャラリーで DNG ファイルを表示するための手法を提供します。 詳細 ›

Adobe Lens Profile Creator

Adobe® Lens Profile Creator は、Photoshop CC、Camera Raw プラグイン、Lightroom などの Photoshop ファミリで使用するレンズプロファイルを簡単に作成できる無償のユーティリティです。レンズプロファイルには、特定のレンズに存在する光学収差のタイプが記述され、同じレンズでキャプチャした画像内のレンズのゆがみを修正する方法が規定されています。詳しくは、ユーザーガイド(PDF、1.64 MB)ファイルを参照してください。  ダウンロード: Mac OS、 Windows

Adobe Lens Profile Downloader

Adobe Lens Profile Downloader は、Photoshop、Lightroom、および Camera Raw プラグインに付属する無償のアプリケーションです。ユーザーは、ユーザーコミュニティによって作成され共有されているオンラインレンズ補正プロファイルを検索、ダウンロード、評価、およびコメントすることができます。  詳細(PDF、1.64 MB)をご覧くださいファイル。ダウンロード: Mac OS、 Windows

Digital Negative 仕様の概要:メーカー向け情報

メーカー向け情報

ハイライト

Adobe Photoshop Lightroom CC/Lightroom 6

Adobe Photoshop Lightroom CC/Lightroom 6 は、今日のデジタルフォトグラフィワークフローに不可欠なソフトウェアです。今では、ワンショットから撮影全体まで迅速に読み込み、処理、管理、および表示することができます。世界クラスの補正ツール、強力な編成機能、さらに柔軟な印刷オプションが、ユーザーの動きをよりスピーディにします。Lightroom を使用すると、コンピューターでの処理時間を短縮し、撮影により多くの時間を費やすことができます。

完璧なフォトグラフィソリューション

Lightroom で編集、管理、および表示し、Photoshop に戻ってピクセルレベルで編集や合成をおこなうことが可能です。Lightroom と Photoshop を一緒に使用すると、最も完璧なデジタルフォトグラフィソリューションが実現されます。

ダウンロード

Adobe DNG Converter。600 種類以上のカメラのファイルを DNG に変換する無償のユーティリティで、カメラ固有の RAW ファイルをより汎用的な DNG RAW ファイルに簡単に変換できます。

Adobe DNG Converter for Mac OS
Adobe DNG Converter for Windows

DNG 仕様の特許ライセンス

Digital Negative (DNG)仕様の特許ライセンス

アドビは、広範なハードウェアおよびソフトウェアで使用されるカメラの RAW 情報を保存するための画像ファイル形式を記述した Digital Negative (DNG)仕様の発行元です。DNG 仕様は、このファイル形式が仕様に準拠して実装されるよう促すことを目的として公開されています。このドキュメントは、DNG 仕様に準拠した画像ファイルの読取りまたは書き込みを行うハードウェアおよびソフトウェアを開発、販売、または頒布しようとする個人および組織に対してアドビが付与する特許ライセンスです。

権利の付与

アドビは本ライセンスにより、以下の条件に従って、DNG 仕様に準拠した画像ファイルの読み取りおよび書き込みを許諾することのみを目的として、仕様に準拠した実装物の製作、製作許諾、使用、販売、輸入および頒布に不可欠なすべての請求権に基づき、特許使用料無料かつ譲渡不能の、非独占的権利を世界中のあらゆる個人および組織に付与します。

「仕様に準拠した実装物」とは、ソフトウェア製品またはハードウェア製品の内部で、DNG 仕様に準拠したコンピューターファイルの読み取りまたは書き込みを行う部分を意味します。

「DNG 仕様」とは、アドビが一般に公開した Adobe DNG 仕様の任意のバージョン(2004 年 9 月公開のバージョン 1.0.0.0 など)を意味します。

「不可欠な請求権」とは、いつどこで特許請求されたものかにかかわらず、アドビが特許使用料その他の料金を支払うことなくライセンスを付与する権利を有し、DNG 仕様の実装により不可避的に侵害される特許請求範囲を意味します。DNG 仕様による特許侵害が不可避な場合とは、特許を侵害することなく仕様に準拠できる代替的な技術が存在しないために、仕様に準拠するには特許侵害を避けられない場合に限られます。不可欠な請求権には、次の(a)、(b)または(c)によって侵害される請求事項は含まれません。(a) DNG 仕様に準拠した製品または製品の一部を製作または使用するために必要ではあるが、DNG 仕様で明示的に定められていない実現技術(コンパイラー技術および基本的な OS 技術など)の実装、(b)他所で開発され、単なる参照目的で DNG 仕様に含まれている技術の実装、または(c) DNG 以外のファイル形式の実装。

取り消し

上記の権利を付与されたライセンシー(個人または組織)が、アドビまたはその関連会社に対し、DNG 仕様に準拠したファイルの読み取りまたは書き込みに関する特許訴訟を起こした場合、アドビは、その個人または組織がライセンシーとして付与された権利を取り消すことがあります。

仕様に準拠した実装物が本ライセンスに基づいて頒布される場合、そのソースコードおよびドキュメントの中に、次の告知を目立つように表示する必要があります。「この製品には、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)から許諾されたライセンスに基づいて、DNG 技術が使用されています。」

無保証

本ライセンスで付与される権利は、いかなる保証(権原または権利を侵害していないことの保証を含む)も一切なく、現状有姿の状態で提供されます。本ライセンスのいずれの条項も、次の(a)、(b)、(c)、(d)または(e)として解釈されるものではありません。(a)特許維持の要求、(b)特許の有効性または特許範囲に関する保証または事実表明、(c)製品またはサービスが何ら特許を侵害しないことの保証または表明、(d)特許侵害に対する訴訟提起の合意、(e)不可欠な請求権以外の請求事項に基づく権利またはライセンスの付与。

権利留保

本ライセンスで明示的に付与されていない権利は、すべて留保されます。