問題点

このドキュメントでは、Windows で Photoshop ドロップレットの実行時に発生する可能性がある問題について説明します。

解決策

1. Photoshop が最新の状態であることを確認する。

ソフトウェアを最新の状態に保つ方法については、「Photoshop を最新に保つ」を参照してください。

2. ドロップレットに適切な権限を設定する。

ドロップレットには、Photoshop と同じユーザーアカウント制御レベルを設定する必要があります。Photoshop が「管理者として実行」に引き上げられている場合は、ドロップレットの権限も昇格する必要があります。ドロップレットの権限を昇格するには、ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択します。ドロップレットフォルダーのプロパティの「互換性」タブで、「管理者として実行」オプションを有効にします。

管理者権限がある場合は、ドロップレットを右クリックして「管理者として実行」を選択します。次に、Photoshop を再起動します。

また、コントロール パネルの「ユーザー アカウント」でユーザーアクセス制御(UAC)をオフにする必要があります。管理者以外のユーザーの場合は、OS を再起動します。管理者アカウントを使用してドロップレットを 1 回実行して、標準ユーザーとしてログインし直します(ドロップレットは、アクセスレベルに関係なく機能します)。ドロップレットの実行が正常に終了したら、UAC を再びオンにします。これでドロップレットが正常に機能します。

3. Photoshop をアンインストールして再インストールする

レジストリまたは Photoshop のインストールファイルが破損している場合は、再インストールすることで問題が解決する場合があります。アンインストールの詳細については、「Creative Cloud アプリケーションのアンインストールまたは削除」を参照してください。

注意:

アンインストールを行うと、Photoshop とドロップレット(およびその他の機能)との接続が失われます。例えば、Photoshop CC 2015 を起動し、その後 CC 2017 をインストールして CC 2015 をアンインストールした場合、Photoshop CC 2017 ではドロップレットとの接続が失われます。これは、Windows インストーラーの問題です。

CC 2015 を削除して CC 2017 のみを維持し、ドロップレットを引き続き使用する場合は、CC 2015 をアンインストールしたあとに CC 2017 を再インストールする必要があります。必要であれば、両方のバージョンをコンピューターに残すことができます。重要な点は、アンインストールの後にインストールを行う点点です。

追加情報

正確な手順は次のとおりです。

  1. 「コントロール パネル/ユーザー アカウント/ユーザー アカウント制御設定の変更」の順に移動します。
  2. スライダーバーを一番下まで移動し、「通知しない」に設定します。
  3. Photoshop を開き、ドロップレットを作成します。
  4. ドロップレットを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  5. 「互換性」タブをクリックします。
  6. 「管理者としてこのプログラムを実行する」ボックスを選択します。
  7. 「すべてのユーザーの設定を変更」をクリックします。
  8. 別の「管理者としてこのプログラムを実行する」ボックスを選択します。
  9. 「OK」をクリックして、両方のウィンドウを終了します。
  10. 「コントロール パネル/ユーザー アカウント/ユーザー アカウント制御設定の変更」の順に選択します。
  11. スライドバーを動かし、元のセキュリティレベル(通常はデフォルト設定)に戻します。
  12. ドロップレットを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  13. 「互換性」タブをクリックします。
  14. 別の「管理者としてこのプログラムを実行する」ボックスの選択を解除します。
  15. 「すべてのユーザーの設定を変更」をクリックします。
  16. 別の「管理者としてこのプログラムを実行する」ボックスの選択を解除します。
  17. 「OK」をクリックして、両方のウィンドウを終了します。
  18. Photoshop を再起動します。

この手順はフォーラムユーザー rka7 から提供されたものです。フォーラムのエントリは http://community.adobe.com/#2809878 です。