Adobe Premiere Rush CC の 1.0.1、1.0.2 および 1.0.3 リリースにおけるバグ修正の一覧については、この文書をご覧ください。

2019 年 2 月(バージョン 1.0.4)リリースで修正されたバグ

ノイズの除去と影響を最小限に抑えるための Premiere Rush の修正。このパッチは、Creative Cloud アプリケーション経由で提供されます。

2019 年 1 月(バージョン 1.0.3)リリースで修正されたバグ

デスクトップ版の Premiere Rush で修正されたバグ

  • HEVC メディアの使用時にモニターに赤いビデオフレームが表示されるという報告案件。
  • アプリケーション起動時におけるプロジェクトブラウザーへのプロジェクト読み込みの信頼性の向上。
  • 一部の Windows 10 ユーザーで、既存のプロジェクトを開けなかった、または新規プロジェクトを作成できなかった問題の解決。
  • 書き出し時にアプリケーションをキャンセルまたは終了する際に時々クラッシュが発生。
  • タイトルパネルでライブラリをナビゲートする際に時々クラッシュが発生。
  • 以前のリリースのユーザーから報告されたいくつかのクラッシュを解決。

iOS 版の Premiere Rush で修正されたバグ

  • 各言語に対応した一部の文字列の修正
  • エクスポート ファイルのサイズ計算の修正
  • カメラロールへのアクセスを許可していない場合のエラー報告の改善
  • 複数のタイトルが連続している場合のエクスポート問題の修正
  • 一部の第 3 世代 iOS デバイスの新規登録で発生した問題の修正
  • その他のバグ修正

2018 年 11 月(バージョン 1.0.2)リリースで修正されたバグ

  • Mac でこのアプリケーションを終了する際に、時折、クラッシュが発生する
  • ツアーを完了する際に、時折、クラッシュが発生する
  • セカンダリデバイスで機能しないことがあるオートダッキングに関する問題

2018 年 11 月(バージョン 1.0.1)リリースで修正されたバグ

デスクトップ版の Premiere Rush で修正されたバグ

  • CC ライブラリで時折クラッシュする(Windows のみ)。
  • 自動ダッキングの設定を操作する際に時折クラッシュする。
  • パネルの開閉による UI アニメーションの改善。
  • Mac で Premiere Rush を起動する際に、時折、次のエラーが発生する:「ネットワーク接続エラーのため、Premiere Rush サービスへのログインに失敗しました」。
  • 直接操作が有効になっている間に、タイトル間を切り替えると時折クラッシュする。
  • 表示設定が 100% 以外の値に設定されているときにビデオ画像のテキストやグラフィックスを調整する際のドラッグに関する問題(Windows のみ)。
  • Premiere Pro 12.X からのタイトルのインポートに関する制限を解除する。
  • タイムラインへの Stock タイトルのドラッグアンドドロップの改善。  

iOS 版の Premiere Rush で修正されたバグ

  • Premiere Rush を起動するたびに一部のユーザーに表示される更新プログラムのアラートを削除しました。
  • 正しくないテキスト文字列の表示が原因であるサポート対象外の言語辞書を削除しました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー