RoboHelp に関するセキュリティアップデート公開

リリース日: 2016 年 12 月 13 日

脆弱性識別番号: APSB16-46

優先度: 3

CVE番号: CVE-2016-7891

プラットフォーム: Windows

概要

RoboHelp Windows 版のセキュリティアップデートが公開されました。このアップデートで、クロスサイトスクリプティング攻撃に使用される恐れのある重要な入力検証問題を解決します。 (CVE-2016-7891).

対象のバージョン

製品名 対象のバージョン プラットフォーム
RoboHelp 2015.0.3 とそれ以前のバージョン Windows
RoboHelp 11 とそれ以前のバージョン Windows

解決方法

アドビは、このホットフィックスの優先度を次のように評価し、対象製品をご利用のお客様に最新バージョンへのアップデートを推奨します。

製品名 更新後のバージョン プラットフォーム 優先度評価 入手方法
RoboHelp 2015.0.4 Windows 3 ダウンロード
RoboHelp 11 (Hotfix) Windows 3 テクニカルノート

注意: RoboHelp 2015 に関する更新プログラムのダウンロードと適用の手順については、リリースノートを参照してください。また、RoboHelp 11 に関する修正プログラムのダウンロードと適用の手順については、こちらから入手できるナレッジベースの記事を参照してください。

脆弱性に関する詳細

このアップデートで、クロスサイトスクリプティング攻撃に使用される恐れのある重要な入力検証問題(CVE-2016-7891)を解決します。

謝辞

この問題を指摘し、ユーザーの保護にご協力いただいた Sean Marpo 様に対し、アドビより厚く御礼を申し上げます。