Technical Communication Suite 3 製品に関するこれらのサイレントインストール手順は、ボリュームライセンスメディアを使用しているボリュームライセンスのお客様向けです。

注意:サイレントデプロイメントには、アドビは以下に説明する方法ではなく、Adobe Application Manager Enterprise Edition を使用することをお勧めします。詳細については、Creative Suite Enterprise Deployment Web ページを参照してください。
http://www.adobe.com/jp/devnet/creativesuite/enterprisedeployment.html 公式にサポートされている方法については、上記の展開情報リファレンス、および手動デプロイメント | Creative Suite 5、CS5.5 製品をご覧ください。

サイレントインストール/デプロイメントファイルの作成

Technical Communication Suite 3 製品は、インストールにはロケール固有の XML が必要です(AdobeFrameMaker10_de_DE.install.xml など)。コンピューターまたはネットワークのいずれかの場所にデプロイメントフォルダーを配置します。Technical Communications Suite 3 製品インストールフォルダーに配置するのが便利です。このフォルダーは、セットアップアプリケーションの横にあります。

注意: スイートから一部のコンポーネントのみをインストールする場合は、必要のないコンポーネントのペイロードエントリをロケール固有のインストール XML ファイルから削除します。(例えば、Install_en_US.xml からペイロードエンティティを削除します。)

1. インストールファイルを作成する

必要なロケールのインストール XML ファイルを、インストールメディアの deploy フォルダーから、デプロイメントファイルを格納する場所にコピーします。

2. (オプション) application.xml.override ファイルを作成する

application.xml.ov ファイルは、インストール時のシリアライゼーション、登録の抑制、エンドユーザー使用許諾契約書(EULA)の抑制、およびアップデートの抑止に必要です。

  1. メモ帳を開きます。 
  2. 以下のテキストをアプリケーションにコピーします。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <Configuration><Payload adobeCode="{Product_Code}"> <Data key="Serial" protected="0">12341234123412341234</Data> <Data key="Registration">Suppress</Data><Data key="Updates">Suppress</Data><Data key="EULADelay">-1</Data>  </Payload> </Configuration>
  3. Product_Code を商品のコードに置き換えます。
    1. <インストールソースフォルダー>\payloads に移動します。
    2. メモ帳で setup.xml を開きます。
    3. <mediaSignature> タグの場所を確認します。
    4. 英数字の製品コードを <mediaSignature> および </mediaSignature> の間にコピーします。
    5. コピーしたコードを application.xml.override ファイルの {Product_Code} 値に貼り付けます。

      例:
      <Configuration><Payload adobeCode="{DE60F0DE-469A-42DC-A678-978313210057}">。
  4. 123412341234123412341234 をシリアル番号に置き換えます。

    重要:ハイフンは省略します。<Data key="Registration">Suppress</Data> 
    を削除すると、登録プロンプトが表示されます。<Data key="Updates">Suppress</Data> を削除し、Adobe Application Manager でアップデートの有無をチェックします。
  5. このファイルを deployment フォルダーに application.xml.override という名前で保存します。

    重要:application.xml.override に .txt など、追加の拡張子がないことを確認します。

Technical Communication Suite 3 製品のサイレントインストール

重要:コマンドプロンプトで、Set-up.exe ファイルが格納されているフォルダーに移動します。

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを開くか、デプロイメント技術の実行/コマンドラインフィールドにコマンドを入力します。 
  2. Set-up.exe --mode=silent --deploymentFile=<path to Deployment.install.xml> --acton=install と入力し、Enter キーを押します。



注意:デプロイメントファイルへのパスは、デプロイメントファイルを格納した場所に置き換えてください。この場所は、セットアップアプリケーションと同一にできます。場所が同一の場合は、「.\」をファイル名の前に付けます。

オプション設定

以下のオプションをコマンドラインの末尾に追加できます。

  • --overrideFile="<Deployment files source path>\application.xml.override"

    このオプションを使用することで、事前のシリアル化、EULA の抑制、アップデートの抑制、登録の抑制を行えます。
  • --installSourcePath="<Installation source path>"

    このオプションを使用すると、インストールソースファイルの格納場所を指定できます。
  • --Action=<value>

    このアクションオプションを使用すると、インストールするのか、アンインストールするのかを指定できます。オプションが指定されていない場合、インストーラーはインストールモードで実行されます。<value> を次のオプション(インストールとアンインストール)のいずれかに置き換えてモードを指定します。

Technical Communication Suite 3 製品のサイレントアンインストール

重要:コマンドプロンプトで、Set-up.exe ファイルが格納されているフォルダーに移動します。

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを開くか、デプロイメント技術の実行/コマンドラインフィールドにコマンドを入力します。 
  2. Set-up.exe --mode=silent --deploymentFile=<path to Deployment.install.xml> --acton=uninstall と入力し、Enter キーを押します。

注意:デプロイメントファイルへのパスは、デプロイメントファイルを格納した場所に置き換えてください。この場所は、セットアップアプリケーションと同一にできます。場所が同一の場合は、.\」をファイル名の前に付けます。

サイレントインストール終了コード

Technical Communication Suite 3 のインストールでは、終了時に以下の終了コードを返します。エラーの解決方法については、Creative Suite 5 インストールログを使用してインストールエラーを解決するを参照してください。

エラーコード

数値

エラーなし

0

コマンドラインを解析できません

1

不明なユーザーインターフェイスモードが指定されました

2

ExtendScript を初期化できません

3

ユーザーインターフェイスワークフローが失敗しました

4

ユーザーインターフェイスワークフローを初期化できません

5

エラーが発生してサイレントワークフローが終了しました

6

サイレントワークフローを完了できません

7

終了して再起動する必要があります

8

オペレーティングシステムのバージョンがサポートされていません

9

サポートされていないファイルシステムです

10

別のインスタンスが実行中です

11

CAPS データベース整合性のエラーです

12

メディアの最適化に失敗しました

13

権限が不十分です

14

メディア DB の同期に失敗しました

15

デプロイメントファイルの読み込みに失敗しました

16

使用許諾契約書の同意に失敗しました

17

C3PO ブートストラップに失敗しました

18

競合するプロセスが実行されています

19

インストール元のパスが指定されていないか、存在しません

20

ペイロードのバージョンが RIBS のバージョンでサポートされていません

21

インストールディレクトリの確認に失敗しました

22

必要システム構成のチェックに失敗しました

23

ユーザーがキャンセルしたワークフローを終了します

24

バイナリのパス名がオペレーティングシステムの MAX PATH 制限を超えています

25

サイレントモードではメディアスワップが必要です

26

ターゲットでキー付きファイルが検出されました。

27

基本製品がインストールされていません

28

基本製品が移動されています

29

ペイロードをインストールするためのディスク領域が不十分です(エラーが発生して終了しました)

30

ペイロードをインストールするためのディスク領域が不十分です(失敗しました)

31

既にパッチが適用されています

32

壊滅的なエラーです

9999

 

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー