Adobe Creative Cloud アプリは現在、Dolby Digital デコードにネイティブ OS サポートを使用しており、Dolby Digital および Dolby Digital Plus のサウンド形式のエンコードは考慮していません。

Adobe Creative Cloud は現在、Dolby Digital デコード(Dolby ファイルの読み込み)のネイティブオペレーティングシステム(OS)サポートに移行し、現行以降の Creative Cloud リリースでは Dolby Digital サウンド形式および Dolby Digital Plus サウンド形式のエンコード(書き込み)をサポートしていません。

これらの変更は、以下の Creative Cloud 製品に反映されます。

  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • Adobe Audition
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Photoshop Lightroom
  • Adobe Photoshop Lightroom Classic
  • Adobe Media Encoder
  • Adobe Prelude
  • Adobe Premiere Elements 

ドルビーオーディオデコード

Windows および OS X オペレーティングシステム(Windows 8.1 以降および OS X v10.11 以降)には、ドルビーデコード機能がネイティブでサポートされています。ご使用のオペレーティングシステムの最新バージョンにアップデートしてください。

Windows オペレーティングシステム向けのドルビーオーディオデコードサポート

ご使用のコンピューターで Windows オペレーティングシステムを実行している場合、最近のすべてのバージョンでドルビーオーディオ対応のオペレーティングシステム(OS)レベルデコード形式がサポートされるようになりました。

ただし、いくつかの例外があります。

Windows の以前のバージョン:

  • Windows 7: Windows 7 には、AC-3 のデコードに必要なメディアパッケージは搭載されていません。最善の解決策は、Windows 8 または Windows 10 へのアップグレードです。 

Mac オペレーティングシステム向けのドルビーオーディオデコードサポート

ご使用のコンピューターで Mac オペレーティングシステムを実行している場合、OS X v10.11 以降のバージョンではドルビーオーディオデコードがサポートされています。

ドルビーオーディオエンコードのサポート

ドルビーエンコード機能を必要とする場合は、サードパーティオプションの Dolby - Media Producer Suite を検討してください。

詳細については、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

一般的な質問

デコード/再生:いいえ - デジタル形式のデコードが動作しないためです。

エンコード: OS 統合ドルビーテクノロジーでは行えません。  ただし、エンコードは通常、配布の一環として行われるもので、アドビツールを主に使用するクリエイティブプロセスでは行われません。

アドビでは、Creative Cloud ソフトウェアの最新バージョンにアップデートするとともに、安全性の高いオペレーティングシステム(Windows 10 を推奨)に更新することをお勧めします。それができない場合は、アドビカスタマーケアチームにお問い合わせください。

いいえ、Premiere Pro が HDR イメージをサポートすることに変更はありません。

Creative Cloud ソフトウェアの最新リリースでプロジェクトにアクセスしている場合、影響はありません。 OS テクノロジーは、Dolby でエンコードしたソースメディアはすべてデコードできます。

アドビの製品から機能を削除することは当社の目的とするものではありません。残念ながらこのケースでは、Dolby 機能へのアクセス方法を変更せざるを得ず、これにより一部のユーザーにワークフローの中断が発生しました。  結論として – ご不便をおかけし申し訳ございません。以下は、現在の状況および今後のベストプラクティスに対応するためのいくつかの提案です。

  1. 最新の OS およびアプリケーションバージョンに行します。
  2. Windows の場合、CC 2018 へのアップデートをご検討ください。

    Mac ユーザーの場合、macOS のアップグレードは無料です

    これが当社の提案する最善策です。Windows 8.1 以降のすべての Windows バージョン、および Mac OS 10.11 以降には Dolby デコード機能がネイティブでサポートされています。進行中の作業の移行が必要な場合、Handbrake (無料のオープンソースのビデオトランスコーダ)などのサードパーティ製のユーティリティを使用して、MTS/ACS ファイルに変換します。ファイル名を変更して、Premiere Pro に再インポートします。次に、メディアキャッシュを消去します

  3. Dolby が含まれる CC2017 バージョンを復元します。
  4. 最新の OS および CC2018 アプリケーションバージョンに移行できない場合、Dolby 機能を含む CC2017 アプリケーションの復元は、もう一つの選択肢です。

    Windows では Windows の復元を使用してお使いのコンピューターのアプリケーションを前の状態にロールバックします。

    Mac では Apple の Time Machine を使用します。

    これらのバックアップバージョンを使用して、お使いのマシンを以前の状態に復元します。  Creative Cloud アプリケーションをアップグレードする際、変更を防止するには、初期設定(旧バージョンを削除する設定)ではなく、デスクトップアプリケーションの「詳細設定オプション」を使用して旧バージョンを残します。

  5. CC 2017 をインストールしたときのシステムバックアップかイメージを使用します。
  6. いずれかのバックアップを使用して以前の状態に戻すことができます。少なくとも、Premiere Pro および Adobe Media Encoder アプリの両方が必要になります。

今後、Creative Cloud アプリケーションをアップグレードする際、初期設定(旧バージョンを削除する設定)ではなく、デスクトップアプリケーションの「詳細設定オプション」を使用して旧バージョンを残します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー