マニュアル キャンセル

Creative Cloud アプリのアップデート

  1. Creative Cloud ユーザーガイド
  2. Creative Cloud 入門
    1. よくある質問 | Creative Cloud
    2. Creative Cloud の必要システム構成
  3. ダウンロード、インストール、設定、アップデート
    1. Creative Cloud アプリケーションをダウンロード
    2. Creative Cloud アプリケーションの起動
    3. 「スタート」ワークスペース
    4. Creative Cloud アプリケーションをアップデート
    5. Creative Cloud アプリケーションの言語を変更する
    6. Creative Cloud デスクトップアプリのアンインストール
    7. Creative Cloud アプリケーションのアンインストールまたは削除
  4. アカウントの管理
    1. Creative Cloud 体験版から有料メンバーシップへの切り替え
    2. アドビパスワードのリセット
    3. アドビプランの変更
    4. クレジットカード情報と請求先住所の更新
    5. アドビの請求書の表示、ダウンロード、メール送信
    6. 支払い不履行または支払い遅延の修正
    7. アドビ体験版またはサブスクリプションの解約
  5. クリエイティブサービス
    1. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Fonts の使用
    3. Creative Cloud マーケットの提供終了
  6. 共同作業とストレージサービス
    1. クラウドドキュメントとは
    2. クラウドドキュメント | よくある質問
    3. ファイルをクラウドドキュメントに作成または変換
    4. オフラインで使用するクラウドドキュメントの設定
    5. クラウドドキュメントを以前のバージョンに戻す
    6. コメント用に作品を共有
    7. オフラインでクラウドドキュメントを表示できない場合の解決方法
    8. Creative Cloud ライブラリ
    9. Creative Cloud ライブラリおよびフォルダーでの共同作業
    10. 共同作業に関する FAQ
    11. クラウドストレージを使用したファイルの同期
    12. クラウドストレージの容量を調べる
    13. 同期オプションを設定
  7. Creative Cloud モバイルアプリ
    1. よくある質問 | モバイルアプリ
    2. Adobe Creative Cloud モバイル版
  8. エンタープライズ版とグループ版
    1. エンタープライズ版のラーニングとサポート
    2. グループ版のラーニングとサポート
    3. チームメンバーのためのクイックスタートガイド

Creative Cloud デスクトップアプリを使って、簡単にアプリを最新バージョンにすべてアップデートできます。インストールされているアプリは、自動、手動、すべてをアップデートのいずれかの方法でアップデートできます。

アプリを自動的に最新の状態に保つ

Creative Cloud デスクトップアプリでは、新しいバージョンがリリースされるとすぐにアプリを自動的にアップデートすることができます。自動更新は、個々のアプリごとに制御することもできます。以前のバージョンはデフォルトでアンインストールされますが、詳細オプションを使用して、それらを保持することもできます。

Adobe AcrobatAcrobat Reader の自動更新については、「自動更新 | Acrobat、Reader」を参照してください。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリを開きます。(タスクバー(Windows)またはメニューバー(macOS)で アイコンを選択します)。

  2. 右上のアカウントアイコンを選択し、「環境設定」を選択します。

    クラウドアイコンと環境設定アイコン

    表示されている画面が図と異なる場合:Creative Cloud デスクトップアプリの以前のバージョンに関する説明をご覧ください。

  3. アプリ」タブを選択します。

    環境設定

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    •   すべてのアプリすべてのアプリの自動更新を設定するには、「自動更新」をオンにします。
    • 特定のアプリ  特定のアプリの自動更新設定を選択するには、「自動更新」をオンにした上で、個々のアプリのトグルを必要に合わせて設定します。
    自動更新
    「自動更新」(A)をオンにし、必要に応じて個々のアプリのアップデート(B)を切り替えます。

    アプリのデフォルト設定に戻す場合や、以前のバージョンをインストールしたままにする場合は、個々のアプリの詳細オプションを参照してください。

    注意:

    学校や組織からアドビプランを受け取った後も、上記の「自動更新」オプションが表示されない場合は、管理者が学校や組織での自動更新を無効にしています。

    学校や組織の管理者の方は、ユーザーの自動更新を管理する方法を参照してください。

  5. 設定し終わったら、「完了」を選択します。

    新しいバージョンがリリースされると、アプリが自動的に更新されます。 

プラグインを使用している場合:

サードパーティのプラグインをインストールしている場合、最新バージョンのアプリで動作しないことがあります。互換性やアップデートについて詳しくは、プラグインの製造元にお問い合わせください。

個別のアプリの詳細オプション

自動更新機能には、アプリごとに個別に設定できる「詳細オプション」が用意されています。

以前の設定を保持しない場合、または以前のバージョンをインストールしたままにする場合は、詳細オプションを設定します。

以前の設定および環境設定を読み込む

更新されたアプリの以前の設定と環境設定を保持します。

以前のバージョンを削除

以前のバージョンをアンインストールし、ハードディスク容量を節約します。

最新のアップデートを確認する

自動更新が無効な場合、Creative Cloud デスクトップアプリからの通知を待つことなく、Creative Cloud アプリの最新のアップデートを取得することができます。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリを開きます。(タスクバー(Windows)またはメニューバー(macOS)で アイコンを選択します)。

  2. アプリ」タブの左パネルで、「アップデート」をクリックします。

    「アップデート」を選択

    表示されている画面が図と異なる場合:Creative Cloud デスクトップアプリの以前のバージョンに関する説明を参照してください。

  3. 更新プログラムのチェック」を選択します。

    アップデートを確認
    アップデートを確認

  4. 個々のアプリで「アップデート」を選択します。

    個々のアプリで「アップデート」を選択

すべてのアプリを一度に更新する

自動更新が無効な場合は、すべてのアプリを手動で一度に更新できます。アプリの更新時に、各種環境設定は、最新バージョンに移行されます。以前のバージョンのアプリはアンインストールされます。メッセージが表示された場合は、詳細オプションを使用して、これらのデフォルト設定を変更できます。

  1. アップデートを開始する前に、作品を保存し、アドビアプリをすべて閉じます。アドビアプリが開いていると、終了を指示する警告が表示されます。詳しくは、「競合するプロセスまたはアプリケーションを閉じる」を参照してください。

    プラグインを使用している場合:

    サードパーティのプラグインをインストールしている場合、最新バージョンのアプリで動作しないことがあります。互換性やアップデートについて詳しくは、プラグインの製造元にお問い合わせください。

  2. Creative Cloud デスクトップアプリを開きます。(タスクバー(Windows)またはメニューバー(macOS)で アイコンを選択します)。

  3. アプリ」タブの左パネルで、「アップデート」をクリックします。

    「アップデート」を選択

    表示されている画面が図と異なる場合:Creative Cloud デスクトップアプリの以前のバージョンに関する説明をご覧ください。

    注意:

    これらのいずれかのアプリで、以前のバージョンを保持する場合は、「すべてアップデート」オプションを使用しないでください。更新する準備ができたら(作業中のプロジェクトが完了したときなど)、そのアプリの横にある「アップデート」ボタンを選択します。

  4. すべて更新」を選択します。

    アプリをすべてアップデート

Creative Cloud デスクトップアプリの更新

アップデートが利用可能になると、Creative Cloud デスクトップアプリは自動的にアップデートされます。また Creative Cloud デスクトップアプリの最新版を手動でインストールすることもできます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン