TLS 1.0 および 1.1 サポートの終了

アドビでは、Transport Layer Security(TLS)1.2 プロトコルに準拠していないユーザーシステムとクライアントシステムのサポートを終了しました。古いバージョンの TLS を引き続き使用すると、アドビの製品やサービスにアクセスできなくなる可能性があります。

このページが表示される理由

アクセスを試みているアドビのアプリ、Web ページまたはサービスには、Web ブラウザー、オペレーティングシステム、またはアプリとの安全なネットワーク接続が必要です。ユーザーシステムとアドビのアプリ、Web サービスとの間で安全なネットワーク通信とデータ交換を行うには、TLS 1.2 を使用する必要があります。

アドビでは、古いバージョンの TLS (TLS 1.0、1.1 を含む)のサポートを終了しました。TLS 1.2 プロトコルの技術的な詳細については、よくある質問を参照してください。

サービスの再開ついて

最新の Web ブラウザーは TLS 1.2 をサポートしています。ご使用のブラウザーをアップグレードすると、これらのアプリやサービスにアクセスできるようになります。以下の一般的なブラウザーの 1 つをダウンロードしてインストールできます。

上記以外のブラウザーを使用している場合は、TLS 1.2 がサポートされていることをご確認ください。

オペレーティングシステムとアプリケーションフレームワークも TLS 1.2 をサポートする必要があります。ブラウザーをアップグレードしても問題が解決しない場合は、ご使用のコンピューターが次のシステム要件を満たすことをご確認ください。

オペレーティングシステムまたはアプリケーションを TLS 1.2 をサポートするバージョンにアップグレードしてください。アップグレードを行わないと、このサービスにアクセスできなくなります。

オペレーティングシステム

Windows Server

Windows デスクトップ

Mac OS X

Windows Server 2008 R2 以降

Windows 8 以降*

Mac OS X 10.8 以降

* Microsoft は、Windows 7 で TLS 1.2 を有効にする Windows アップデートを提供しています。

アプリケーションフレームワーク

Java

.NET

OpenSSL

Java 8 以降

.NET 4.6 以降

OpenSSL 1.01 以降

Java 7、アプリケーションから TLS 1.2 に対応

.NET 4.5、アプリケーションから TLS 1.2 に対応

 

Windows 7 で TLS 1.2 を有効にする方法を教えてください。

アドビでは TLS 1.0 と TLS 1.1 のサポートを終了しました。すべての管理者とエンドユーザーが Windows 7 デバイスで TLS 1.2 を有効にする必要があります。

  1. 次の手順に従って、Windows Update から Windows 7 Service Pack 1 をアップデートします。このアップデートの前提条件を確認してください。

    • スタート」を選択して、検索ボックスに「update」と入力します。検索結果で「Windows Update」を選択します。

    • 詳細ウィンドウで、「更新プログラムの確認」を選択します。お使いのコンピューターの最新の更新プログラムが検索されます。結果が表示されるまで待ちます。

    • 重要またはオプションの更新プログラムが利用可能であることを示すメッセージが表示された場合、またはこれらの更新プログラムを確認するように指示された場合は、メッセージを選択してインストールするアップデートを確認します。

    • リストで、インストールする更新プログラムのチェックボックスをオンにして、「OK」を選択し、「更新プログラムのインストール」を選択します。

    別の方法で Windows 7 Service Pack 1 を更新することもできます。詳細情報をご覧ください

  2. EasyFix.msi をインストールして、DefaultSecureProtocols レジストリサブキーを追加します。

  3. デバイスを再起動します。

よくある質問

TLS(Transparent Layer Security)は、通信する 2 つのアプリケーション間でプライバシーとデータの整合性を提供するセキュリティプロトコルです。ネットワーク上でのデータの安全なやりとりに必要な Web ブラウザーなどのアプリケーションに広く使用されています。

プロトコル仕様によると、TLS には、TLS レコードプロトコルと TLS ハンドシェイクプロトコルという 2 つのレイヤーがあります。レコードプロトコルは接続セキュリティを提供します。ハンドシェイクプロトコルは、サーバーとクライアントとが互いに認証し、データ交換の前に暗号化アルゴリズムと暗号鍵のネゴシエーションを可能にします。

アドビのセキュリティコンプライアンス標準では、2018 年 5 月までに古いプロトコルの廃止を要求しており、TLS 1.2 を最新のバージョンで使用することが義務付けられています。システムが TLS 1.2 準拠でない場合は、一部のアドビのアプリとサービスへのアクセスが制限されます。

アドビの一部のアプリやサービスは、安全なネットワーク接続を通じてのみ利用できます。TLS を利用することで、ブラウザーとこれらのアプリ、Web サービスとの接続は安全で、信頼できるものになります。

新しいブラウザーとオペレーティングシステムがリリースされると、より高度なレベルのプライバシーとデータの整合性を確保するためにセキュリティ基準がアップグレードされます。ただし、これらのブラウザーまたは OS の旧バージョンは、アップデートされても最新の標準は組み込まれません。

使用可能なセキュリティレベルが高まるにつれて、これらのセキュリティに劣る旧ブラウザーバージョンとアプリケーションは置き去りにされてしまいます。

安全なサイトへの接続を可能にするため、OS とブラウザーのバージョンをアップデートしてください。

古い暗号化方式を使用した TLS 1.0 に対する攻撃が文書化されており、従前のバージョンは TLS 1.2 よりも脆弱性が高いです。詳細については、「TLS/SSL に対する攻撃」を参照してください。

アドビのセキュリティコンプライアンス標準では、旧プロトコルのサポートの廃止が要求されます。そのような標準の 1 つでは、Payment Card Industry (PCI)の準拠が保証されます。PCI アダプテーションサーバーは、セキュアな環境を維持するためにクレジットカード情報の受け入れ、処理、保管、送信を組織に求める一連のセキュリティ基準です。

2018 年 5 月の時点で、PCI では TLS 1.1 以上の使用が義務付けられます。

アドビのアプリと Web サービスに対する要求は TLS 1.2 準拠のユーザーシステムからのものが大半で、TLS 1.1 システムからのトラフィックは多くありません。

アドビでは、TLS 1.2 への移行を完了しました。アドビのアプリや Web サービスに、より安全にアクセスできるようになっています。

アドビでは、セキュリティ上の脆弱性への対応として、旧バージョンを今すぐ破棄することをお勧めします。詳細については、アドビカスタマーケアまたは担当のカスタマーサクセスマネジャーにお問い合わせください。

ご使用のブラウザーにより異なります。アドビのアプリとサービスのシステム要件リストに記載されたすべてのブラウザーは TLS 1.2 を使用する構成です。一覧に記載のないブラウザーまたはバージョンをご使用の場合は、ブラウザーをアップデートしてください。

アドビのアプリとサービスでサポートされているブラウザーの一覧については、必要システム構成を参照してください。

アドビは、SSL 通信レイヤーによって生成されるエラーメッセージを管理しません。ブラウザーは、アドビのアプリとサービスに接続する前に、これらのメッセージを生成します。発生する可能性があるエラーの例を以下に示します。

Windows 7 版の Internet Explorer 8

Windows 7 版の Internet Explorer 11

Internet Explorer 11 では、TLS 1.2 がデフォルトで有効になっていますが、TLS 1.2 が無効になっている場合は、有効にすることができます。この場合は、他のオプションを使用するのではなく、詳細設定ダイアログから TLS 1.2 を有効にしてください。以下のような他のエラーも発生する可能性があります。

  • サービスに接続できない
  • サービスが利用できない
  • 接続エラーが発生した
アドビのロゴ

アカウントにログイン